フランク・E・キルローマイルハンデキャップ

フランク・キルローマイルハンデキャップFrank E. Kilroe Mile Handicap)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタアニタパーク競馬場にて、毎年2月末から3月初頭に開催される競馬の競走である。フランク E.キルロー マイルハンデキャップと表記されることも多い。

フランク・キルローマイルハンデキャップ
Frank E. Kilroe Mile Handicap
競馬場 サンタアニタパーク競馬場
創設 1960年
距離 芝8ハロン(約1609m)
格付け G1
賞金 1着賞金18万米ドル
賞金総額30万米ドル
出走条件 サラブレッド4歳以上
負担重量 ハンデキャップ競走
テンプレートを表示

概要編集

グレード制ではG1に類される。芝8ハロンで施行され、出走条件は4歳以上馬。G1に昇格したのは2005年からで、最高格の競走として歴史は比較的浅い。アメリカ西海岸を中心に、芝の有力マイラーが多く顔をそろえている。

競走名はフランク・キルローの名前を由来としている。

過去に日本調教馬の出走機会は無い。

歴史編集

  • 1960年 - 競走名アーケイディアハンデキャップArcadia Handicap)、距離芝10ハロン(約2012メートル)の条件で創設。
  • 1972年 - 分割して施行。
  • 1973年 - 2年連続で分割して施行。
  • 1987年 - この年以降距離が短縮されて8ハロン(約1609メートル)で施行。
  • 1991年 - エディー・デラフーセイが4連覇を達成。
  • 2000年 - 馬場状態の悪化によりダート8ハロンで施行。
  • 2001年 - この年以降競走名がフランク・E・キルローマイルハンデキャップとなる。
  • 2005年 - G1に昇格。

レースレコード編集

レコードタイム編集

  • 1分31秒89 アッティクス(1997年)

最多勝ち馬編集

  • 2勝 - ガハイ(1975年、1976年)

最多勝オーナー編集

  • 2勝 - ラグナ・セカ(1975年、1976年)

最多勝ジョッキー編集

最多勝調教師編集

近年の勝ち馬編集

施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第40回 1999年3月6日  Lord Smith ロードスミス 騸4 1:34.53 G.ゴメス B.ジャクソン ボイチ、クルーズ&クルーズ
第41回 2000年3月5日  Commitisize コミティサイズ 牡5 1:36.61 V.エスピノーザ B.バファート マイク・ペグラム
第42回 2001年3月3日  Road to Slew ロードトゥースルー 騸6 1:35.96 L.ピンカイJr. C.ドラーセ ニック・チャファーシア
第43回 2002年3月2日  Decarchy デカーチー 牡5 1:34.04 K.デザーモ R.フランケル ジュドモントファーム
第44回 2003年3月1日  Redattore レダットーレ 牡8 1:34.94 A.ソリス R.マンデラ ルイス・アルフレッド・トーネー
第45回 2004年3月6日  Sweet Return スウィートリターン 牡4 1:33.87 G.スティーヴンス R.マッカナリー レッドオークステーブル
第46回 2005年3月5日  Leroidesanimaux ルロワデザニモー 牡5 1:33.89 J.コート R.フランケル TNTスタッド
第47回 2006年3月2日  Milk It Mick ミルクイットミック 牡5 1:34.49 K.デザーモ J.M.キャシディ ポール・ディクソン
第48回 2007年3月3日  Kip Deville キップデヴィル 牡4 1:33.88 R.ミグリオーレ R.ダトローJr. IEAHステーブル
第49回 2008年3月1日  Ever a Friend エヴァーアフレンド 騸5 1:33.37 T.ベイズ M.ミッチェル スティーヴ&ジェフ・ウスティン/ダン・キャペン
第50回 2009年3月7日  Gio Ponti ジオポンティ 牡4 1:33.65 R.ドミンゲス C.クレメント キャッスルトン・ライアンズ
第51回 2010年3月6日  Proviso プロヴィソ 牝5 1:35.31 M.スミス W.モット K.アブデュラ
第52回 2011年3月5日  Fluke フルーク 牡6 1:33.50 R.ベハラーノ H.アスカニオ P.ボザノ
第53回 2012年3月3日  Willyconker ウィリーコンカー 騸5 1:33.88 J.ロサリオ D.オニール K.ガードナー
第54回 2013年3月2日  Suggestive Boy サジェスティヴボーイ 牡5 1:33.88 J.タラモ R.マッカナリー ポゾ・デ・ルナ
第55回 2014年3月8日  Winning Prize ウイニングプライズ 牡5 1:32.44 C.ナカタニ N.ドライスデール
第56回[1] 2015年3月7日  Ring Weekend リングウィークエンド 騸4 1:32.98 Drayden Van Dyke H Graham Motion
第57回 2016年3月12日  What a View     Kent Desormeaux Kenneth Black
第58回 2017年3月11日  Bal a Bali     Javier Castellano Richard Mandella
第59回 2018年3月10日  Bowies Hero     Corey Nakatani Philip D'Amato
第60回 2019年3月30日  Ohio オハイオ 騸8 1:33.71  Ruben Fuentes Michael McCarthy Eclipse Thotoughbred Partners

出典編集

  1. ^ 2015年レース結果 - racingpost 2015年3月8日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集