フランス軍政下のフェザーン

フェザーン・ガダーミス軍事地域
Territoire militaire du Fezzan-Ghadamès  (フランス語)
Military Territory of Fezzan-Ghadames  (英語)
إقليم العسكرية من فزان-غدامس  (アラビア語)
イタリア領リビア 1943年 - 1951年 リビア王国
Fezzan-Ghadamesの国旗 Fezzan-Ghadamesの国章
(フランスの国旗) (フェザーンの旗)
Fezzan-Ghadamesの位置
第二次世界大戦中のリビアの地図
公用語 イタリア語フランス語アラビア語
首都 セブハ
Governor
1943年 - 1943年 レイモンド・ドゥランジュ
1943年 - 1945年ロバート・ティリエ
1946年 - 1947年ピエール・フロリモン
1947年 - 1949年モーリス・サラザック
1949年 - 1950年ジャック・レネベウ(仮)
1950年 - 1951年モーリス・サラザック[注釈 1]
1951年 - 1953年オーギュスト・コネイユ[注釈 2]
Hakim
1946年 - 1950年Ahmad Sayf an-Nasr
変遷
自由フランスによる占領 1943年1月8日
設立1943年4月11日
イタリアがリビアを放棄1947年2月10日
国際連合による統治1949年12月10日
トリポリタニアキレナイカと統合してリビア王国を形成1951年12月24日
自治終了1963年4月27日
通貨アルジェリア・フラン[1]
現在リビアの旗 リビア

フェザーン・ガダーミス軍事地域(フェザーン・ガダーミスぐんじちいき)は、旧イタリア領リビアの南部にあり、1943年から1951年のリビア独立までフランスが占領・統治した地域である。連合国統治下のリビア英語版の一部であった。

リビアの歴史
Coat of arms of Libya Tobruk Government.svg
この記事はシリーズの一部です。
リビアの先史時代英語版

リビア ポータル
· ·

フランス領チャド自由フランス軍は、1943年に旧イタリア領リビアであった地域を占領し[2]フェザーンをフランス領北アフリカに行政的に併合するよう何度か要請した。

イギリス政府は、リビアで必要な公務員の養成を開始した。しかし、トリポリではイタリア人行政官が引き続き雇用されていた。イタリアの法規範は戦争期間中も有効であった。人口の少ないフェザーン地方では、フランス軍政がイギリスの作戦に対抗する形で編成された。イギリスの承認を得て、自由フランス軍はチャドから北上し、1943年1月に領有権を獲得した。フランス軍政はサバに駐在する幕僚によって指揮されたが、その大部分はフェザーンの名士であるセイフ・アン・ナスル一族を通じて行使された。下層部では、アルジェリア・サハラでのフランスの慣例に従って、フランス軍司令官が軍事と民政の両面で行動した。西側では、ガートは南アルジェリアのフランス軍地域、ガダーミスは南チュニジアのフランス軍司令部に属し、フランスの目的は最終的にフェザーンをリビアから切り離すことかもしれないというリビア民族主義者の恐怖を引き起こした[3]

1951年12月24日、フェザーンはトリポリタニアキレナイカと統合し、リビア連合王国を形成した。国際連合を通じて独立を果たした最初の国であり、アフリカの旧ヨーロッパ領の国の中で最初に独立を果たした国の一つである。

脚注編集

  1. ^ 駐在官として
  2. ^ 駐在官として
  1. ^ The Libyan Currency Commission”. 2014年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月閲覧。
  2. ^ Libya – Fezzan”. World Statesmen.org. 2022年5月閲覧。
  3. ^ Libya: Allied Administration”. 2022年5月閲覧。
 
1943年の自由フランス軍によるセブハ攻略を記念した石碑の落成式