フル・ムーン・フィーヴァー

トム・ペティのアルバム

フル・ムーン・フィーヴァー』(Full Moon Fever)は、アメリカ合衆国ロック・ミュージシャン、トム・ペティ1989年に発表したスタジオ・アルバム。ペティがトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの中心メンバーとして1976年にデビューして以来、初のソロ・アルバムとしてリリースされた。

フル・ムーン・フィーヴァー
トム・ペティスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロックロックンロール
時間
レーベル MCAレコード
プロデュース ジェフ・リン、トム・ペティ、マイク・キャンベル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(スウェーデン[1]、ノルウェー[2]
  • 3位(アメリカ[3]
  • 5位(ニュージーランド[4]
  • 8位(イギリス[5]
  • 13位(オーストラリア[6]
  • 41位(ドイツ[7]
  • 62位(オランダ[8]
  • トム・ペティ アルバム 年表
    レット・ミー・アップ
    (1987年)
    フル・ムーン・フィーヴァー
    (1989年)
    イントゥ・ザ・グレイト・ワイド・オープン
    (1991年)
    テンプレートを表示

    背景

    編集

    エレクトリック・ライト・オーケストラジェフ・リンと、ザ・ハートブレイカーズのマイク・キャンベルが共同プロデューサーに起用され、ザ・ハートブレイカーズのベンモント・テンチも「アパートメント・ソング」のレコーディングに参加した。

    本作制作中にトラヴェリング・ウィルベリーズが結成されてレコーディングに入ったため、本作の作業は一時中断され、その後、バーズのカヴァー「すっきりしたぜ」を含む3曲がレコーディングされる[9]。トラヴェリング・ウィルベリーズのメンバーであるジョージ・ハリスンロイ・オービソンもゲスト参加しているが、オービソンはアルバムのリリース前に死去しており、ペティはオービソンに捧げる謝辞を本作のブックレットに書いた。

    本作からの第1弾シングル「アイ・ウォント・バック・ダウン」のミュージック・ビデオには、この曲のレコーディングにも参加したジェフ・リンとジョージ・ハリスンに加えて、リンゴ・スターも出演している[10]

    反響・評価

    編集

    ペティの母国アメリカではBillboard 200で3位に達し、1989年11月の時点でRIAAによりダブル・プラチナに認定されて、2000年10月には5×プラチナに認定された[11]。また、ノルウェーのアルバム・チャートでは2週連続で2位に達し、20週にわたりトップ20入りするヒットとなった[2]

    音楽評論家のStephen Thomas Erlewineはallmusic.comにおいて「弱い曲がない」「聴き所で満たされたアルバム」と評している[12]。『ローリング・ストーン』誌が選出した「80年代のベスト・アルバム100」では92位にランク・インした[9]

    ローリング・ストーン』誌が選んだ「歴代最高のアルバム500選」(2020年版)において298位に選ばれている[13]

    収録曲

    編集

    特記なき楽曲はトム・ペティとジェフ・リンの共作。

    1. フリー・フォーリン "Free Fallin'" – 4:15
    2. アイ・ウォント・バック・ダウン "I Won't Back Down" – 2:56
    3. ラヴ・イズ・ア・ロング・ロード "Love Is a Long Road" (Tom Petty, Mike Campbell) – 4:06
    4. フェイス・イン・ザ・クラウド "A Face in the Crowd" – 3:58
    5. ランニン・ダウン・ア・ドリーム "Runnin' Down a Dream" (T. Petty, Jeff Lynne, M. Campbell) – 4:23
    6. すっきりしたぜ "Feel a Whole Lot Better" (Gene Clark) – 3:14
    7. イヤー・ソー・バッド "Yer So Bad" – 3:05
    8. ディペンディング・オン・ユー "Depending on You" (T. Petty) – 2:47
    9. アパートメント・ソング "The Apartment Song" (T. Petty) – 2:31
    10. オールライト・フォー・ナウ "Alright for Now" (T. Petty) – 2:00
    11. ハート・オブ・イッツ・オウン "A Mind With a Heart of Its Own" – 3:29
    12. ゾンビ・ズー "Zombie Zoo" – 2:58

    シングル

    編集

    本作からのシングルのチャート最高順位を示す。

    タイトル アメリカ[3] イギリス[14] オーストラリア[15] オランダ[16] ニュージーランド[17]
    アイ・ウォント・バック・ダウン 12位 28位 16位 - 49位
    ランニン・ダウン・ア・ドリーム 23位 55位 - - -
    フリー・フォーリン 7位 59位 - 61位 4位
    フェイス・イン・ザ・クラウド 46位 93位 - 25位 -

    他メディアでの使用例

    編集

    「ランニン・ダウン・ア・ドリーム」は、2004年(PlayStation 2日本版は2007年)発売の『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』と[18]2009年発売の音楽ゲーム『ギターヒーロー5』で[19]使用。「ラヴ・イズ・ア・ロング・ロード」は2025年発売予定のアクションアドベンチャーゲームグランド・セフト・オートVI』のトレーラーに使用されている[20]

    カヴァー

    編集

    参加ミュージシャン

    編集

    脚注

    編集
    1. ^ swedishcharts.com - Tom Petty - Full Moon Fever
    2. ^ a b norwegiancharts.com - Tom Petty - Full Moon Fever
    3. ^ a b Tom Petty - Awards”. AllMusic. 2016年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
    4. ^ charts.org.nz - Tom Petty - Full Moon Fever
    5. ^ TOM PETTY | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年4月3日閲覧
    6. ^ australian-charts.com - Tom Petty - Full Moon Fever
    7. ^ Offizielle Deutsche Charts - 2021年3月9日閲覧
    8. ^ dutchcharts.nl - Tom Petty - Full Moon Fever
    9. ^ a b Tom Petty, 'Full Moon Fever' - 100 Best Albums of the Eighties | Rolling Stone - 2015年4月3日閲覧
    10. ^ 『レコード・コレクターズ3月号増刊 オール・シングス・アバウト・ジョージ・ハリスン』(ミュージック・マガジン/2002年3月1日)p.118
    11. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"FULL MOON FEVER"と入力して検索すれば表示される
    12. ^ Full Moon Fever - Tom Petty : AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
    13. ^ The 500 Greatest Albums of All Time” (英語). Rolling Stone (2020年9月22日). 2021年12月28日閲覧。
    14. ^ TOM PETTY | Official Charts Company - 2015年4月3日閲覧
    15. ^ australian-charts.com - Discography Tom Petty
    16. ^ dutchcharts.nl - Discography Tom Petty
    17. ^ charts.org.nz - Discography Tom Petty
    18. ^ Grand Theft Auto: San Andreas”. IMDb.com. 2022年3月28日閲覧。
    19. ^ Guitar Hero 5 (2009) (VG) - Soundtracks - IMDb.com
    20. ^ ミル☆吉村 (2023年12月5日). “【GTA6】『グランド・セフト・オートVI』の1stトレイラーが初公開。発売は2025年を予定! 太陽が満点の悪徳の都にルシアとパートナーが殴り込む”. ファミ通.com. 株式会社KADOKAWA Game Linkage. 2023年12月5日閲覧。
    21. ^ Party of Five (Original TV Soundtrack) - Original TV Soundtrack : AllMusic