メインメニューを開く

ブラニガン』(原題:Brannigan)は、1975年制作のイギリスの刑事アクション映画ジョン・ウェイン主演。

ブラニガン
Brannigan
監督 ダグラス・ヒコックス
脚本 クリストファー・トランボ
マイケル・バトラー
ウィリアム・P・マッギヴァーン
ウィリアム・ノートン
原案 クリストファー・トランボ
マイケル・バトラー
製作 ジュールス・レヴィ
アーサー・ガードナー
製作総指揮 マイケル・ウェイン
出演者 ジョン・ウェイン
リチャード・アッテンボロー
ジュディ・ギーソン
メル・ファーラー
ジョン・ヴァーノン
音楽 ドミニク・フロンティア
撮影 ジェリー・フィッシャー
編集 マルコム・クック
製作会社 ウェルボーン・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ユナイト
公開 イギリスの旗 1975年6月12日
アメリカ合衆国の旗 1975年3月26日
日本の旗 1975年8月23日
上映時間 111分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $4,771,815[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

シカゴ市警察の警部補ジム・ブラニガンは、シカゴの暗黒街の大物悪党ベン・ラーキンを逮捕するため、彼の逃亡先のロンドンにやってきた。

ブラニガンがスコットランドヤードの対犯罪エキスパート、チャールズ・スワン警視長と対面していると、ラーキンが何者かに誘拐されたという知らせが入る。スワンとブラニガンは、ラーキンの弁護士フィールズが誘拐犯から入手したというテープを聞く。それはラーキンの身代金として60万ドルを指定の場所に持ってこいというものだった。

翌朝、ブラニガンは指定の場所を張り込むが、巧妙なトリックを駆使した誘拐犯グループにまんまと身代金をせしめられた上、ラーキンがブラニガンを消すために差し向けた残忍な殺し屋ゴーマンに狙われる。

数日後、犯人が再度身代金を要求してきた。フィールズが今度は自分が運ぶと主張する。すると、フィールズは追跡車を巧みにまいて消えてしまった。この誘拐はラーキンとフィールズが結託して仕組んだものだったのだ。

キャスト編集

  • 飛行機内上映では森山周一郎がジョン・ウェインの吹替を担当している。

脚注編集

外部リンク編集