小林守夫

日本の音響監督、演出家

小林 守夫(こばやし もりお、1935年9月2日[1] ー )は日本音響監督、演出家である。

経歴・人物編集

東京向島生まれ[2]歌舞伎を見たことがきっかけで芝居に興味を持ち、1960年4月に東北社(現在の東北新社)へ入社。入社当初は小林曰く「翻訳者の集団」だったが、しばらくして海外作品の吹替版の制作をすることになり、1961年に連続ドラマ『ハイウェイ・パトロール』の演出を担当。これが演出デビュー作となる[2][3]

以後、数々の洋画吹替の演出を担当。(アニメーションの音響監督も担当している。)近年は東京声優アカデミーで講師を務めるなど、後進の育成にも力を注いでいる。

吹替の創生期から活躍する大ベテランであり、同じ演出家で小林の助手を務めた経験のある小山悟は「大作をたくさん手掛けていた」と語っている[4]。また、小林清志広川太一郎[5] が声優活動を行うきっかけを作った人物でもある。

今まで演出を手掛けた作品の中で最も思い入れが深い作品に『ゴッドファーザー』を挙げている。また『大脱走』も「手掛けられたことは、今でも私の誇りです」と語っている[3]

主な演出作品編集

吹き替え編集

映画編集

ドラマ編集

アニメーション編集

脚注編集

  1. ^ 日本音声製作者連盟 『日本音声製作者名鑑〈2004 vol.1〉』 小学館、2004年、294頁。ISBN 4095263016 
  2. ^ a b 池田憲章 (2004-12). “東北新社とSFテレビの新時代”. SF Japan. https://kenshoikeda.blogspot.com/2018/03/136sf-37.html. 
  3. ^ a b #17 演出家 小林守夫インタビュー”. 吹替の帝王. 20世紀フォックス. 2018年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月10日閲覧。
  4. ^ 007シリーズTV放送吹替ディレクターに聞く 〜小山悟インタビュー〜”. 2018年10月28日閲覧。
  5. ^ 声優名鑑 -広川太一郎”. 2018年10月28日閲覧。

関連項目編集