ブルーフォードBruford[1]は、イングランド出身のロックバンド

ブルーフォード
Bruford
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル フュージョン
ジャズ・ロック
プログレッシブ・ロック
カンタベリー・ロック
活動期間 1977年 - 1980年
レーベル EGレコード
メンバー ビル・ブルーフォード
アラン・ホールズワース
デイヴ・スチュワート
ジェフ・バーリン
ジョン・クラーク

1970年代後半、プログレッシブ・ロック・バンド「イエス」「キング・クリムゾン」の元ドラマー ビル・ブルーフォードのソロ・プロジェクトとして活動した、ジャズ・フュージョン志向のグループ。

概要・略歴編集

 
主宰ビル・ブルーフォード(2004年撮影)

1977年当時、ジャズ・ロック・バンド「ナショナル・ヘルス」に在籍していたドラマーのビル・ブルーフォードは、デイヴ・スチュワート(キーボード)、ジェフ・バーリン(ベース)、アラン・ホールズワース(ギター)というカンタベリー・ロック人脈を集めてソロ・プロジェクトを開始。デビュー・ソロ・アルバム『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』をリリースする。

同年、ナショナル・ヘルス降板後、プログレッシブ・ロック・バンド「U.K.」を結成。そして翌1978年に脱退した後、ソロ・プロジェクトに専念し、「ブルーフォード」の名でバンド形態に発展させる。

1979年、ほぼインストゥルメンタルで構成されるアルバム『ワン・オヴ・ア・カインド』をリリースした。同年のライブ・アルバム『ザ・ブルーフォード・テープス』(元はラジオ局のWLIRで放送されたライブ音源)と、その時期の関連ツアーにてホールズワースが降板し、ジョン・クラーク(元Quasar)が後任を務めた。

1980年、アルバム『グラデュアリー・ゴーイング・トルネード』をリリース。主宰するビル・ブルーフォードは、キング・クリムゾン時代の同僚ロバート・フリップと共同で「ディシプリン」プロジェクト(後の再始動キング・クリムゾンに発展)に注力するため、この年でバンド活動を解消した。

歴代メンバー編集

主なサポート(アルバム参加)

リリース編集

アルバム『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』では、ボーカルでアネット・ピーコック、管楽器でケニー・ホイーラーが担当。

アルバム『ワン・オヴ・ア・カインド』には、ヴァイオリン奏者エディ・ジョブソンが客演。

アルバム『グラデュアリー・ゴーイング・トルネード』では、ベース奏者のジェフ・バーリンがボーカルも兼任。

2017年10月、リマスター・リミックス・未発表曲を含む音源をまとめた8枚組ボックス・セットがリリースされた。未発表の素材は、ロンドンの「The Venue」で録音されたライブ音源と、1980年に所属レーベル EGレコードによってバンドが降ろされたために実現しなかった4枚目のスタジオ・アルバムのために準備されていた音楽=18曲の短いトラックや断片で構成されている[2]

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』 - Feels Good to Me (1977年、EGレコード) ※ソロ名義
  • 『ワン・オヴ・ア・カインド』 - One of a Kind (1979年、EGレコード)
  • 『グラデュアリー・ゴーイング・トルネード』 - Gradually Going Tornado (1980年、EGレコード) ※旧邦題『トルネード』

ライブ・アルバム編集

  • 『ザ・ブルーフォード・テープス』 - The Bruford Tapes (1979年、EGレコード) ※旧邦題『ブラフォード・ライヴ』
  • 『ロック・ゴーズ・トゥ・カレッジ』 - Rock Goes To College (2006年、Winterfold Records) ※同名DVDもある

コンピレーション・アルバム編集

  • 『マスター・ストロークス '78-'85』 - Master Strokes 1978-1985 (1985年、EGレコード)
  • 『シームズ・ライク・ア・ライフタイム・アゴー』 - Seems Like A Lifetime Ago (2017年、Winterfold) ※CD&DVDボックス

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 長年「ブラッフォード」という表記が使用されて来たが、近年「ブルーフォード」とされるようになった。
  2. ^ 名ドラマー、ビル・ブルーフォード(Bill Bruford)率いるブルーフォード(Bruford)のキャリアを包括する数量限定豪華BOXセット”. TOWER RECORDS (2017年10月13日). 20120-11-10閲覧。

外部リンク編集