ブロークンビーツブロークンビートbroken beat)またはBRUKエレクトロニック・ミュージックの1ジャンルであり、通常4分の4拍子でシンコペーションを大いに活用したリズムに特徴づけられる[1]

ブロークンビーツ
broken beat
様式的起源
文化的起源 1990年代前期 - 中期、イギリスの旗 イギリス ロンドン

この分野のアーティストの大半はドラムンベースハウスヒップホップテクノアシッドジャズのいずれかを経歴にもつ。本ジャンルは1970年代のフュージョンにもルーツがあり、ロニー・リストン・スミスマイゼル兄弟ドナルド・バード、ボビー・ハンフリー英語版、ジョニー・ハモンド英語版の1970年代中期のプロデューサー]、ハービー・ハンコックジョージ・デュークなどのアーティストの影響がある。またディスコ、1980年代のR&Bファンクシャラマープリンス)、初期のエレクトロニカクラフトワーク)、ヒップホップ(「プラネット・ロック英語版」)、1980年代のニュー・ウェイヴデペッシュ・モードニュー・オーダー)、ハウス、テクノの名残を聴いて取れることもある。

来歴編集

ブロークンビーツは1990年代に初めて登場しバグズ・イン・ジ・アティック英語版IGカルチャー英語版によって開拓された。本ジャンルはロンドン西部に出現したため「ウェストロンドン」(West London)あるいは日本では「西ロン(系)」とも呼ばれる。シーンで中心的な役割を果たすことになるレーベル/ディストリビューターのゴヤ・ミュージック(Goya Music)のオフィスや参加アーティストのスタジオの多くがポストコードW11英語版の西ロンドンエリア内、ラドブローク・グローブ英語版に位置していたことがその主な理由である[2]

アフロノート英語版バグズ・イン・ジ・アティック英語版ネオン・フュージョン英語版の一員)とIGカルチャー英語版の2人は多様な名義による多数の作品発表でシーンに弾みをつけたことで、またIGカルチャーのプロジェクトでありピープル(People)レーベルから発表されたニュー・セクター・ムーヴメンツ英語版の作品はシーンを始動させたことで高い評価を得ている。そのサウンドはファンク、ソウル、ヒップホップなどさまざまな音楽スタイルを融合するものであった[3]4ヒーローのリインフォースト(Reinforced)レーベルから作品発表を開始したアーティストの多くは、より抽象的な形のドラムンベースを経て今日ブロークンビーツの先駆者とみなされる人物となった。また、カール・クレイグやステイシー・プレン英語版などのテクノアーティストも作品にジャズの要素やブレイクビーツを加えるという実験を行った。依然伝統的なデトロイト・テクノに根ざしており大抵はよりハードなサウンドをもつこのタイプのスタイルは「ブロークンテクノ」(broken techno)と呼ばれることもある。デトロイト・テクノやジャズとつながりのあるイギリスのテクノアーティスト、アズ・ワンことカーク・ディジョージオイアン・オブライエンはこれをピックアップし、よりソウルフルなバリエーションの形成を試みてブロークンビーツというジャンルの発展にさらなる影響を与えた[4]

関連項目編集

アーティスト編集

脚注編集

  1. ^ AMG Allmusic: Broken Beat
  2. ^ Jake Hulyer (2016年12月29日). “Breaking Broken Beat: How a West London basement became the scene’s incubator”. The Vinyl Factory. 2019年4月7日閲覧。
  3. ^ All Music: IG Culture Biography”. 2015年2月8日閲覧。
  4. ^ Mr Beatnick (2010年3月8日). “The 20 best broken beat records ever made”. FACTmag. 2019年4月7日閲覧。