ハウス (音楽)

ハウス・ミュージック(House music)は、1977年アメリカ合衆国シカゴで誕生した音楽ジャンルの一つ。単にハウスと呼ばれることが多い。70年代のディスコやフィリー・ソウル、サルソウル・サウンドなどを起源としている。ルーツとしては、ゲイなどに対する性差別解消をテーマにしたカルチャーが存在した。

ハウス
様式的起源 ディスコ
ガラージュ
R&B
ポスト・ディスコ
テクノポップ
文化的起源 1980年代
アメリカ合衆国の旗シカゴ及びニューヨーク
使用楽器 ドラムマシンシンセサイザーミュージックシーケンサーサンプラーPC
サブジャンル
融合ジャンル
デトロイト・テクノ

目次

概要編集

シカゴゲイディスコ「ウェアハウス」が名称由来とされ、その特徴から、アメリカでは、性差別解消をテーマにする音楽である認識が強い。その後、80年代末~90年代以降、ハウスの中心地はアメリカからイギリスを中心とするヨーロッパに移ったが、イギリスでは当初のテーマ性の追求は薄れ、様々な音楽との混合(ミックス)技術をテーマとする試みが行われた。現在(2018年)では、当初のテーマ性はほとんど消え、音楽のアレンジ(編曲)上の一手法として、世界的に普及している。性差別をテーマとする一部のハウスは、1980年代後半から90年代にかけて、差別や貧困をテーマとするヒップホップ(hip hop)とともに、DJ(ディスクジョッキ―)プレイで好まれる音楽として流行した。

ニューヨークの「パラダイス・ガレージ」のDJであったラリー・レヴァン[1]の友人で、自らも有能なDJであったフランキー・ナックルズ[2]は、1977年にシカゴに新たにオープンした「ウェアハウス」の主力DJとしてニューヨークから招かれ、彼のDJは独特のミックス手法であって、特にゲイたちから高い人気を博したため、地元のレコード店が「ハウス・ミュージック(ウェアハウス・ミュージック)」と称して販売したのがハウスという名称の始まりと言われている。

「(ウェア)ハウス・ミュージック」の来歴は、シカゴを拠点としてR&B(黒人音楽)を音源にゲイ(性差別)をテーマとする初期と、ヨーロッパ(イギリス)に拠点を移して、ポップスを音源に、ミックス技術(音源と音源の繋ぎ)をテーマにする現代に分かれる。

名称がつけられた時点での「ハウスミュージック」は、フィラデルフィア・インターナショナルレーベルやサルソウルレーベルの、いわゆるフィラデルフィア・ソウル(フィリーソウル)などの楽曲を音源とするものが多かった。この成功の後、フランキーはウェアハウス経営者との衝突からウェアハウスを去り、シカゴ内の別の場所で「パワープラント」というクラブを始める。

ウェアハウスのオーナーは「ウェアハウス」を「ミュージック・ボックス」と改名し、新たにカリフォルニアからロン・ハーディーを後任DJとして招聘する。ナックルズとハーディーの間の競争により、シカゴはダンス音楽界の中で、「ハウス」の普及とともにその地位を確立する。彼ら2人のプレイスタイルは、ラリーと彼のプレイしたいわゆる「ガラージュ」と呼ばれるスタイルの強い影響下にありながらも、ドラムマシンの使用やよりアグレッシブな選曲の傾向を持ち、のちに一般的印象としての「ハウス」と呼ばれるスタイルの原型を築いた。

シカゴの地元のミュージシャン達が、このシーンに影響を受けて安価なドラムマシンを使用した曲を作曲、それらの曲が上記のクラブで紹介されることにより、大衆に対して大きな影響を持つことになった。トラックス、DJインターナショナル、アンダーグラウンドといった、シカゴの地元レーベルから発表された、数々の曲たちはニューヨークへも波及し、ラリーによりパラダイス・ガレージでプレイされ人気を博したことにより、ニューヨークにおいてもハウスのムーブメントは決定的なものとなった。

その後、ハウスの人気はイギリスへも波及し、1987年M/A/R/R/Sがリリースした『パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム(Pump up the Volume )』がヨーロッパを中心としたヒットとなる。その背景として、1988年イギリスを中心に発生したムーブメント「セカンド・サマー・オブ・ラブ」やレイブの流行などがある。こうした出来事を境にするかのようにして、世界中でハウス、シカゴ・ハウス、アシッド・ハウスが大流行し、ハウスの趨勢は徐々にアメリカからヨーロッパに移行していくことになった。1990年代に入ってからはハウスの枠組の中で、さらにスタイル、ジャンルの細分化が進み、拡散していく一方、メジャーのアーティストがハウス独特のリズム(4つ打ち)を多用するようになるなど、さらに一般化の道を進んだ。

現在ではイギリススペインフランスイタリアなどヨーロッパがハウスシーンの中心であるが、シカゴ、ボルチモア、ニューヨークなどのアメリカの諸都市、オーストラリアを中心にしたオセアニア、日本を中心としたアジアなどにも根強いシーンが存在している。

ハウスは、ドラムマシンやサンプラーを使用して短いフレーズを繰り返す独特のスタイルが確立されてからも、フィリーソウルのスタイルを模したものが非常に多かった。その意味では、少なくとも1980年代までのハウスは、ソウルミュージックR&Bの派生物であったとも言える。また、先駆者であるラリーや彼の「パラダイス・ガレージ」の客層と同様に、初期のハウスシーンは、DJと客層ともに黒人ゲイが多かった。

日本のハウス・ミュージック編集

日本では1980年代後半頃より、アメリカでの人気隆盛の動きに呼応する形で、テーマ性を除き、ファッション性を強く打ちだしたハウスを主体とするDJが登場するようになった。先駆的な活動を行ったDJとして、1980年に単身ニューヨークに渡り、ハウスを日本に伝導した高橋透がいる。高橋透は1989年、芝浦のクラブ、GOLDの立ち上げに伴って帰国、同店のサウンドディレクター及び毎週土曜日のメインDJとして活躍した。GOLDの毎週金曜日には当時、若手であった木村コウ(KO KIMURA)もプレイしていた。

ニューヨークへ渡り、フランキー・ナックルズらと交流を深め、巨大ディスコ「The Saint」のDJとして日本人で初めて抜擢された中村直(NAO NAKAMURA)は、その後、約10年間、ニューヨーククラブシーンの最前線で活躍したが、彼もまた芝浦GOLDの立ち上げ合わせて帰国、活躍した。また、1985年より活動を開始し、1989年に開催されていたパーティ「コニーズ・パーティ」のレジデントDJを務めたEMMAも先駆者の一人である。彼はその後、1994年、芝浦GOLDのリニューアルに伴い、高橋透に代わりGOLD毎週土曜日のメインDJを務め、閉店までの一年半を盛り上げた。

80年代後半に渡米し、デヴィッド・モラレス、フランキー・ナックルズと共にDef Mix Productionsの一員として活動を行った富家哲(SATOSHI TOMIIE)、1990年ディー・ライトの一員としてアメリカでメジャーデビューを果たし、『グルーブ・イズ・イン・ザ・ハート』などのヒットを記録したテイ・トウワ電気通信大学計算機科学専攻し、セッションミュージシャン(key)やマニピュレーター作曲家リミキサーとして活動している寺田創一らもシーンに与えた影響は大きい。

芝浦GOLDの出現、人気上昇、及び後を追うようにしてオープンした西麻布YELLOWなど、ハウスを中心とするクラブがオープン、また、音楽雑誌やAERAでも記事になるなど、ハウスに対する注目度が高まった。そして前述のラリーやフランキー、トニー・ハンフリーズ、ティミー・レジスフォード、デヴィッド・モラレス、ルイ・ヴェガなど、海外の著名DJも頻繁に来日するようになり、日本におけるハウスの土壌は一応の定着を見た。なお、当時アイドルであった小泉今日子も「KOIZUMI IN THE HOUSE」(1989年)というハウスの要素を取り入れたアルバムを発表している。近年では、ニューヨーククラブシーンで異例のヒットとなった「Say That You Love Me」(2001年)のakや、Studio ApartmentJazztronik大沢伸一田中知之(Fantastic Plastic Machine)のように、日本人ハウスアーティストも現れるようになった。

2018年現在、日本においてハウスの人気は全盛期ほどではないが、ファン層とシーンは根強く、様々なクラブイベントやパーティーが催されている。

特徴編集

ハウスは、ディスコやフィリー・ソウル(R&B)のサウンドに、ラテン音楽のリズム(特にピアノやパーカッションのパターン)を融合することにより誕生した。

現在では、ガラージュGarage)、アシッド・ハウスAcid House)、イタロ・ハウスItalo House)、トライバル・ハウスTribal House)、ハード・ハウスHard House)、ディープ・ハウスDeep House)、プログレッシブ・ハウスProgressive House)等々、多岐にわたる細分化がなされている。なお、このうちでガラージュ(ガラージハウス)については、国によってその意味するところは大きく異なる(詳しくはガラージュ参照)。

詳しい各ジャンルの詳細については下記の関連項目を参照のこと。

主なハウス・ミュージシャン編集

ハウスのサブ・ジャンル編集

関連項目編集

脚注編集