ベイカールーBakerloo、かつてのThe Bakerloo Blues Line)は、1960年代後半に、スタッフォードシャーのギタリストであるクレム・クレムソンやテリー・プールらによって、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスクリームの影響を最高点として受けて、結成されたイングランドのヘヴィ・ブルースロック・トリオ。このグループは約1年(1968年–1969年)のみの活動で知られ、1枚のアルバムしかリリースしていないが、とりわけ、そのメンバーたちが後のコロシアムハンブル・パイメイ・ブリッツグラハム・ボンドヴィネガー・ジョージューダス・プリーストユーライア・ヒープに関与したことを考えれば、このジャンルの歴史において重要な役割を果たしたといえよう。

ベイカールー
Bakerloo
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ブルースロック
活動期間 1968年 - 1969年
レーベル ハーヴェスト・レコード
共同作業者 コロシアムハンブル・パイメイ・ブリッツグラハム・ボンドヴィネガー・ジョージューダス・プリーストユーライア・ヒープブラック・サバス
旧メンバー クレム・クレムソン
テリー・プール
キース・ベイカー
ジョン・"ポリ"・パーマー
ジョン・ヒンチ
ビル・ワード

略歴編集

ベイカールー・ブルース・ライン (The Bakerloo Blues Line)は、1968年2月にクレム・クレムソンとテリー・プールによって結成された。バンドの名前は、ロンドン地下鉄のベイカールー線にちなんで名付けられている。キース・ベイカーに収まるまでに、ジョン・"ポリ"・パーマーとジョン・ヒンチを含む数名のドラマーと一緒に活動した。ジム・シンプソンのマネージメントの下で、彼らはバーミンガムにあるヘンリーズ・ブルースハウスにて定期的に演奏するようになり、Earth(後のブラック・サバス)や、Locomotive、Tea And Symphonyと一緒にシンプソン主催による全英「ビッグ・ベア・フォリー」ツアーへと参加した[1]。また、1968年10月18日にはロンドンの有名なマーキー・クラブにおいてレッド・ツェッペリンのデビュー・ライブのサポート・アクトとして登場している。

名前を「ベイカールー」に簡略化した後、グループは1969年半ばにハーヴェスト・レコードと契約した。最初のリリースは、その7月のシングル「Drivin' Bachwards / Once Upon a Time」(HAR 5004)だった。A面ではJ.S.バッハの「ブーレ・イン・Eマイナー」をアレンジしている。このレコードは、1969年8月にジェスロ・タルがセカンド・アルバム『スタンド・アップ』で同曲に基づく「ブーレ」をリリースする直前に登場した。

シングルA面は12月に出たセルフタイトル・アルバムにも収録された[2]

アルバム『ベイカールー』編集

アルバム『ベイカールー』(Harvest SHVL 762)は、1970年のハーヴェストによる2枚組サンプラー・アルバム『Picnic - A Breath of Fresh Air』に、スロー・ブルース・ナンバーの「This Worried Feeling」を収録し、BBCのセッションを行うことによってさらに宣伝された。アルバムはガス・ダッジョンによってプロデュースされている。注目すべき楽曲には、ヘヴィ・ロッカーの「Last Blues」、アルバムに近い、ドライヴ感のあるメタル・ブルースの「Son of Moonshine」がある。その他の楽曲には「プログレッシブ」なクラシックとジャズの要素が含まれていた[3]

デビューLPに関するレビューは好意的だったが、グループ自体は1969年末には混乱していた。レコードがリリースされるまでに、クレムソン-プール-ベイカーのラインナップは別々の道を進むことを決定した。クレムソンは当初、コロシアムのギタリストとしてジェイムス・リザーランドの後任に選ばれる前に、ドラマーのコージー・パウエルを含むとされる新しいブルースロック・パワートリオを結成するつもりだった。プールとベイカーも動き出し、ボーカル兼ギターのジェイミー・ブラックと共にメイ・ブリッツを結成したが、バンドがヴァーティゴ・レコードと契約する前に両名とも脱退した。

その後、プールはグラハム・ボンドヴィネガー・ジョーを含む他のいくつかのバンドと共演し、ベイカーはスーパートランプからユーライア・ヒープへと躍進した。クレムソンはコロシアムで、そして1971年にピーター・フランプトンと交代してハンブル・パイに加入したことで、より大きな名声を獲得し続けている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ベイカールー』 - Bakerloo (1969年、Harvest)

シングル編集

  • "Drivin' Bachwards"/"Once Upon a Time" (1969年、Harvest, HAR 5004)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Rockwell (2011年7月29日). “I Gave Sabbath Their First Gig” (デンマーク語). Vice. 2019年3月25日閲覧。
  2. ^ Mark Brennan, Notes to CD reissue of Bakerloo, (Repertoire, 1993, REP 4358-WP), quoted at [1]
  3. ^ Dave Thompson. “Bakerloo - Bakerloo | Songs, Reviews, Credits, Awards”. AllMusic. 2014年7月22日閲覧。

外部リンク編集