コージー・パウエル

イングランド出身のロックミュージシャン、ドラマー

コージー・パウエルCozy Powell、本名:Colin Flooks1947年12月29日 - 1998年4月5日)は、イングランド出身のドラマーロックミュージシャン

コージー・パウエル
Cozy Powell
Cozy Powell (1974).png
EMI主催ミッキー・モスト主賓のイベントにて(1974年)
基本情報
出生名 Colin Trevor Flooks
生誕 1947年12月29日
イングランドの旗 イングランド
グロスタシャー州 サイレンセスター
死没 (1998-04-05) 1998年4月5日(50歳没)
イングランドの旗 イングランド ブリストル
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
ブルースロック
職業 ミュージシャンドラマー音楽プロデューサー
担当楽器 ドラム
活動期間 1968年 - 1998年
共同作業者 ジェフ・ベック・グループ
コージー・パウエルズ・ハマー
レインボー
マイケル・シェンカー・グループ
ホワイトスネイク
エマーソン・レイク・アンド・パウエル
ブラック・サバス
ブライアン・メイ・バンド
イングヴェイ・マルムスティーン・バンド
フォースフィールド
公式サイト www.cozypowell.com

その実力を買われ数多くのロックバンドを渡り歩き、ロック・ドラムヒーローの先駆者としても知られる[1]。身長175cm。

ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のドラマー」43位。

略歴編集

[2] 12歳の時に、学校のオーケストラの一員としてドラムを始める。1960年代に、セミプロのポップ・バンド「ザ・ソーセラーズ」に加わり、ドイツのライブハウスを巡る。1968年にイギリス・バーミンガムに移り住み、ザ・ムーヴのベーシスト、エース・ケフォードの「エース・ケフォード・スタンド」やセッション・ドラマーとして活動する一方、ザ・ソーセラーズのメンバー、デイヴ・ボール、デニス・ボールらと「ビッグ・バーサ」を結成して活動する。

1970年ジェフ・ベックに見出され、1971年に第二期ジェフ・ベック・グループのドラマーとして名を上げる。

グループ消滅後はセッション・ドラマーとして仕事を続け、録音した個人名義のEP『Dance with The Devil』(1972年)が、1974年になってスマッシュ・ヒット作となり、自身の名を冠したバンド、コージー・パウエルズ・ハマーを結成する。1975年リッチー・ブラックモアレインボーのオーディションに応募し、第2期レインボーを支えるドラマーとなる。また、1979年に初のソロ・アルバム『オーヴァー・ザ・トップ』発表。「Theme one」は、BBCの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップスのオープニング曲に使われ、タイトル曲は、チャイコフスキー序曲1812年」に合わせてのドラム・ソロ(レインボーのライブでも披露されていた演出)が収録されている[3]

レインボーでのパフォーマンスが認められ、1980年代にはグラハム・ボネットロバート・プラントマイケル・シェンカー・グループホワイトスネイクエマーソン・レイク・アンド・パウエルブラック・サバス等、ハード・ロックを代表するドラマーとして数々のレコーディングやバンド・メンバーとして契約した。1990年代には、ベーシストニール・マーレイと組んで、ブライアン・メイピーター・グリーンのバンドに参加。その他、イングヴェイ・マルムスティーン等と共演。

レーサーへの転向を考えて一時期音楽をやめた[注 1]こともあるほど自動車の運転が好きだった。1998年4月5日未明、イギリスブリストル郊外の高速道路にて、サーブ・9000ターボをシート・ベルトをせず酩酊下で運転かつガールフレンドと携帯電話で会話しており、時速167kmで中央分離帯に衝突事故を起こし、この世を去る。その2ヶ月後に発売されたブライアン・メイのアルバム『アナザー・ワールド』が遺作となった。コリン・ブランストーンのアルバム『ザ・ライト・インサイド』が最後のレコーディングであるとの話もある。

後述するように、死去から20年以上たった現在でも、根強いファンがいる。

ドラム・ヒーロー編集

若くしてその実力を認められ、1970年代から多くのロックバンドを中心に在籍した。しかも名だたる著名なグループが主であり、セッションやレコーディングのみの仕事も数多かった。また、ドラマーとしては稀有な、ソロや冠名義のアルバムも数多く制作している。実像は職人肌で自分に正直な性分から一つの枠に納まる器ではなく、バンドを転々とした経緯から業界からは「渡り鳥」などとも言われた。

ザ・フー」の キース・ムーンや「レッド・ツェッペリン」の ジョン・ボーナムらと並ぶ『ロック・ドラムヒーロー』の先駆者としても知られ、当時は地味だったドラマーの存在を華やかなプレイで一変させた。その実力を買ったツェッペリンのマネージャー ピーター・グラントジェフ・ベックも担当していた繋がりで、「ジェフ・ベック・グループ」のオーディションに推薦して貰った経緯を後年に明かしている[4]

そのイメージとは裏腹に音楽に対しては几帳面であり、音楽プロデュースの方面に携わることも多かった。これまで在籍していたバンドの貴重なデモテープを、個人で管理していたことが死後に判明している。

トリビュート編集

死後、コージーの功績を称えるセレモニーやトリビュート・ライブが各地で行われている[5]

2016年1月7日、イタリア人女性ピアニストの声掛けで集った生前の仲間達の下、コージーの故郷であるグロスタシャー州サイレンセスターのコーン・ホールにて、青色記念銅板(Blue Plaque)が設置された。 没後18年で開催されたこの除幕式にはサイレンセスター市長マーク・ハリス、ブライアン・メイトニー・アイオミカール・パーマースージー・クアトロニール・マーレイバーニー・マースデン、トニー・マーチン、テッド・マッケンナ、ポール・レイモンド、ジョー・ゲーシン、フレッド・リーなど、デビュー前から晩年に渡って音楽活動を共にした多くのアーティストが集まった[6]

2019年には日本でも、ファンだった有志が岡山市にてコージーを称える私設博物館を開設し、話題となっている[7]

使用機材編集

デビュー後からレインボーの末期まではラディックを使用していたが、その後YAMAHAに転向し、生涯に渡ってYAMAHAのドラムを使用し続けていた。シンバルパイステを使用。

スティックは18~20mm径とかなり太く重いものを使用していた。本人はギターアンプを壁のようにするリッチー・ブラックモアに対抗できるように、レインボー加入以後に太いスティックに変えたと生前のインタビューで語っている。グリップはレインボーの頃まではレギュラーグリップとマッチドグリップを使い分けていたが、晩年は専らレギュラーグリップで通すようになっていた。

「ツインバスドラムをノー・ミュートで演奏できる数少ないドラマーである」といった説が広がったこともあるが、実際にはレインボー時代に来日した際、ヤマハが開催した科学技術館でのドラムセミナー(1980年5月10日)でのインタビューで本人が「ミュートはしている。外からは見えない部分にミュートをしている」と説明している。

所属バンド編集

ソロ/プロジェクト/冠バンド名義
グループ

※セッション参加を除く

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『オーヴァー・ザ・トップ』 - Over the Top (1979年)
  • 『サンダーストーム』 - Tilt (1981年)
  • 『オクトパス』 - Octopuss (1983年)
  • 『ザ・ドラムス・アー・バック』 - The Drums are Back (1992年)
  • Especially For You (1999年)

フォースフィールド編集

  • 『フォースフィールド』 - Forcefield I (1987年)
  • 『フォースフィールドII - ザ・タリスマン』 - Forcefield II - The Talisman (1988年)
  • 『フォースフィールドIII - トゥ・オズ・アンド・バック』 - To Oz And Back (Forcefield III) (1989年)
  • 『フォースフィールドIV - レット・ザ・ワイルド・ラン・フリー』 - Let the Wild Run Free (Forcefield IV) (1991年)
  • Instrumentals (1992年) ※コンピレーション

連名アルバム編集

  • Super Drumming Volume 1 (1987年) ※ピート・ヨークらと連名
  • 『エッジ・オブ・ザ・ワールド』 - Edge of the World (2006年) ※ティプトン、エントウィッスル、パウエル名義

グループ名義編集

ジェフ・ベック・グループ
ベドラム
  • 『狂人どもの舞踏会』 - Bedlam (1973年)
レインボー
  • 虹を翔る覇者』 - Rising (1976年)
  • レインボー・オン・ステージ』 - On Stage (1977年)
  • バビロンの城門』 - Long Live Rock 'n' Roll (1978年)
  • ダウン・トゥ・アース』 - Down to Earth (1979年)
  • ファイナル・ヴァイナル』 - Finyl Vinyl (1986年)
  • 『虹色魔宴 - ライヴ・イン・ジャーマニー1976』 - Live in Germany 1976 (1990年)
  • 『ライヴ・イン・ミュンヘン1977』 - Live in Munich 1977 (2006年)
  • 『ライブ・イン・ジャーマニー1976』 - Deutschland Tournee 1976 (2006年)
  • 『モンスターズ・オブ・ロック〜ライヴ・アット・ドニントン1980』 - Monsters Of Rock: Live At Donington 1980 (2016年)
グラハム・ボネット
  • 『孤独のナイト・ゲームス』 - Line Up (1981年)
マイケル・シェンカー・グループ
  • 『神話』 - M.S.G. (1981年)
  • 『飛翔伝説 - MSG武道館ライヴ・完全版』 - One Night at Budokan (1982年)
ホワイトスネイク
エマーソン・レイク・アンド・パウエル
ブラック・サバス
ブライアン・メイ
ピーター・グリーン
  • 『スプリンター・グループ』 - Splinter Group (1997年)
イングヴェイ・マルムスティーン
  • 『フェイシング・ジ・アニマル』 - Facing the Animal (1997年)
客演/その他
  • エド・ウェルチ : Clowns (1971年)
  • ハーベイ・アンドリューズ : A Writer of Songs (1972年)
  • ジュリー・フェリックス : Clotho's Web (1972年)
  • ドノヴァン : Cosmic Wheels (1973年)
  • チック・チャーチル : You and Me (1973年)
  • マレー・ヘッド : Nigel Lived (1973年)
  • トニー・アシュトン / ジョン・ロード : First of the Big Bands (1974年)
  • Various Artists : Peter & The Wolf (1975年)
  • ピーター・サーステット : Every Word You Say (1975年)
  • ボブ・サーガーント : The First Starring Role (1975年)
  • ホット・チョコレート : Fourteen Greatest Hits (1976年)
  • バーニー・マースデン : And About Time Too (1979年)
  • バーニー・マースデン : Look At Me Now (1981年)
  • ヤング・アンド・ムーディー・バンド : Don't do that (1981年)
  • ジョン・ロード : Before I Forget (1982年)
  • ロバート・プラント : Pictures At Eleven (1982年)
  • フェノメナ : Phenomena (1985年)
  • ロジャー・ダルトリー : Under a Raging Moon (1985年)
  • ボーイズ・ドント・クライ : Who the Am Dam (1987年)
  • サンネ・サロモンセン : Sanne Salomonsen (1987年)
  • ウォーロック : Triumph and Agony (1987年)
  • シンデレラ : Long Cold Winter (1988年)
  • ジェイムス・ダービー : Southern Region Breakdown (1988年)
  • ドン・エイリー : K.2. (1988年)
  • ゲイリー・ムーア : 『アフター・ザ・ウォー』 - After the War (1989年)
  • ミニット・バイ・ミニット : Timewatch (1989年)
  • Various Artists : The Music of Jimi Hendrix (1995年)
  • グレン・ティプトン : Baptizm of Fire (1997年)
  • S.A.S.バンド : SAS Band (1997年)
  • トニー・マーティン : Scream (2005年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ シンコーミュージック刊「リッチーブラックモア レインボー編」によれば、レインボーに加入する前の一年間は音楽をやめてカーレースに没頭しており、レインボーに加入していなければ1976年にはフォーミュラ3に参加する予定だった。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集