ペドロ・ヒーゾPedro Rizzo1974年5月3日 - )は、ブラジル男性総合格闘家キックボクサーリオデジャネイロ出身。ファス・バーリ・トゥード所属。

ペドロ・ヒーゾ
Pedro Rizzo 2012.jpg
基本情報
本名 ペドロ・アウグスト・ヒーゾ
(Pedro Augusto Rizzo)
通称 ザ・ロック (The Rock)
金網のビッグ・ベアー
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1974-05-03) 1974年5月3日(46歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル
リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
所属 ファス・バーリ・トゥード
ブラック・ハウス
アメリカントップチーム
ドージョーチャクリキ
身長 185cm
体重 111kg
リーチ 196cm
階級 ヘビー級
バックボーン ムエタイルタ・リーブリ(黒帯四段)、ブラジリアン柔術(黒帯)
テンプレートを表示

マルコ・ファスの一番弟子。スタンドでの打撃を得意とする、バーリトゥード時代から活躍していた強豪選手で、UFCでも3度にわたって王座に挑戦した。

来歴編集

アメリカのWorld Vale Tudo Championshipで活躍後、UFCに参戦。

1998年10月16日、UFC初参戦となった地元開催のUFC Brazilタンク・アボットと対戦。1RにKO勝ち。

1999年1月8日、UFC 20で元ヘビー級王者マーク・コールマンと対戦し、2-1の判定勝ち。

1999年11月14日、日本で開催されたUFC 23高阪剛と王座挑戦者決定戦で対戦。3R後半にアッパーによるレフェリーストップでTKO勝ち。

2000年6月9日、UFC 26のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ケビン・ランデルマンに挑戦し、終始グラウンドで劣勢に立たされ、0-3の判定負けを喫しキャリア初黒星となった。

2000年9月22日、UFC 27ダン・スバーンと対戦。テイクダウンディフェンスと打撃で試合を優位に進め、1Rにローキックでギブアップを奪いTKO勝ち。

2001年2月23日、UFC 30ジョシュ・バーネットと対戦。打撃で優位に立ち回り、2Rにカウンターの右フックでKO勝利を収め無敗だったジョシュに初黒星を付けた。

2001年5月4日、UFC 31のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ランディ・クートゥアに挑戦。1Rは何度かテイクダウンを奪われ苦戦。中盤以降は終始打撃で圧倒したが0-3の判定負け。この判定が物議を醸したことで2001年11月2日のUFC 34で再戦が組まれるが、TKO負けを喫した。

2002年3月22日、UFC 36で後のヘビー級王者アンドレイ・アルロフスキーと対戦。ローキックやハイキック等の打撃で撹乱し、3RにジャブでKO勝ちを収めた。

2002年9月27日、UFC 39ガン・マッギーと対戦。マッギーの体格差を活かした猛攻に苦戦し、1R終了時にタオル投入でTKO負け。

2003年11月21日、UFC 45: Revolutionでの元王者リコ・ロドリゲス戦で収めた判定勝ちを最後にUFCを離脱した。

2003年12月31日のINOKI BOM-BA-YE 2003に出場予定であったが契約交渉の難航や、リングでの試合に対する準備不足などで実現しなかった。

約一年半後の2005年6月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDセルゲイ・ハリトーノフと対戦し、サッカーボールキックからのパウンドでレフェリーストップTKO負け。

2006年2月26日、PRIDE.31ローマン・ゼンツォフと対戦し、カウンターの左フックでKO負け。

2007年3月9日、Art of War 1のIFAヘビー級王座決定戦でジャスティン・エイラーズと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2007年9月1日、Art of War 3のIFAヘビー級タイトルマッチでジェフ・モンソンと対戦し、パンチ連打でTKO勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。

2008年7月19日、Affliction: Bannedジョシュ・バーネットと約7年半振りに再戦し、2ラウンドに左フックでKO負け。

2009年6月27日、Ultimate Chaosでギルバート・アイブルと対戦し、パウンドでKO負けを喫した[2]

2010年8月14日に元UFC世界ヘビー級王者ティム・シルビアと対戦予定であったが、シルビアがマリウス・プッツナウスキーとの対戦で足を骨折した為中止となった。

2010年7月18日、Impact FC 2: The Uprising Sydneyでケン・シャムロックと対戦。1Rにローキックでダウンを奪い、パウンドでTKO勝ち。

2010年11月にはPWP「War on the Mainland」で王者ティム・シルビアへ挑戦予定であったが、ヒーゾのトレーニング中の怪我により中止となった[3]

2012年6月21日、M-1 Globalで一週間前のオファーでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した[4]

2015年9月12日、Face to Faceでアンドリュー・フローレス・スミスと対戦し、ローキックで1RTKO勝ち[5]。試合後に引退を表明した。

人物・エピソード編集

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
43 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 12 4 4 0 0 0
11 7 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アンドリュー・フローレス・スミス 1R終了時 TKO(ローキック) Face to Face 12: Rizzo vs. Flores 2015年9月12日
× 石井慧 5分3R終了 判定0-3 IGF GENOME26 2013年5月26日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 1:24 KO(左フック→パウンド) M-1 Global: Fedor vs. Rizzo 2012年6月21日
ケン・シャムロック 1R 3:33 TKO(ローキック→パウンド) Impact FC 2: The Uprising Sydney 2010年7月18日
ゲーリー・グッドリッジ 2R終了時 TKO(棄権) Washington Combat: Battle of the Legends 2010年5月15日
ジェフ・モンソン 5分3R終了 判定3-0 Bitetti Combat 4 2009年9月12日
× ギルバート・アイブル 1R 2:10 KO(パウンド) FFI: Ultimate Chaos 2009年6月27日
× ジョシュ・バーネット 2R 1:44 KO(左フック) Affliction: Banned 2008年7月19日
ジェフ・モンソン 3R 2:40 TKO(パンチ連打) Art of War 3
【IFAヘビー級タイトルマッチ】
2007年9月1日
ジャスティン・エイラーズ 5分3R終了 判定3-0 Art of War 1
【IFAヘビー級王座決定戦】
2007年3月9日
× ローマン・ゼンツォフ 1R 0:25 KO(左フック) PRIDE.31 Dreamers 2006年2月26日
× セルゲイ・ハリトーノフ 1R 2:02 KO(パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND 2005年6月26日
リコ・ロドリゲス 5分3R終了 判定3-0 UFC 45: Revolution 2003年11月21日
トレイ・テリグマン 2R 4:25 TKO(ドクターストップ) UFC 43: Meltdown 2003年6月6日
× ウラジミール・マティシェンコ 5分3R終了 判定0-3 UFC 41: Onslaught 2003年2月28日
× ガン・マッギー 1R終了時 TKO(タオル投入) UFC 39: The Warriors Return 2002年9月27日
アンドレイ・アルロフスキー 3R 1:45 KO(スタンドパンチ連打) UFC 36: Worlds Collide 2002年3月22日
× ランディ・クートゥア 3R 1:38 TKO(パウンド) UFC 34: High Voltage
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2001年11月2日
× ランディ・クートゥア 5分5R終了 判定0-3 UFC 31: Locked and Loaded
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2001年5月4日
ジョシュ・バーネット 2R 4:21 KO(右フック) UFC 30: Battle on the Boardwalk 2001年2月23日
ダン・スバーン 1R 1:33 ギブアップ(ローキック) UFC 27: Ultimate Bad Boyz 2000年9月22日
× ケビン・ランデルマン 5分5R終了 判定0-3 UFC 26: Ultimate Field Of Dreams
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2000年6月9日
高阪剛 3R 1:12 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 23: Ultimate Japan 2 1999年11月14日
トレイ・テリグマン 1R 4:29 KO(右ストレート) UFC 20: Battle for the Gold 1999年5月7日
マーク・コールマン 15分1R終了 判定2-1 UFC 18: The Road to the Heavyweight Title 1999年1月8日
タンク・アボット 1R 8:07 KO(右ストレート) UFC Brazil: Ultimate Brazil 1998年10月16日
リチャード・ハード 1R 13:12 ギブアップ(パンチ連打) World Vale Tudo Championship 3
【WVCスーパーファイト王座決定戦】
1997年1月19日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 1R 6:30 KO(キック) World Vale Tudo Championship 2
【決勝】
1996年11月10日
ミハエル・ティエロイ 1R 0:18 V1アームロック World Vale Tudo Championship 2
【準決勝】
1996年11月10日
ニコラウス・ニコラウス 1R 1:49 ギブアップ(パウンド) World Vale Tudo Championship 2
【1回戦】
1996年11月10日
エリック・ラバイユ 1R 2:57 TKO(パンチ連打) IMA: Battle of Styles 1996年10月26日

キックボクシング編集

キックボクシング 戦績
34 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
31 30 1 0 1 0
2 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ロイド・ヴァン・ダム 2R終了時(タオル投入) Nikko T. Press Productions: Battle of the Best 1997年5月11日
ロブ・ファン・エスドンク 3R終了時(タオル投入) Nikko T. Press Productions: Battle of the Best 1997年5月11日
オーランド・ブライエンバーグ 3R終了 判定3-0 Nikko T. Press Productions: Battle of the Best 1997年5月11日
× マイケル・トンプソン 3R 1:19 TKO(左瞼負傷) K-1 HERCULES 1995年12月9日

獲得タイトル編集

  • World Vale Tudo Championship 2 優勝(1996年)
  • 第2代WVCスーパーファイト王座(1997年)
  • IFAヘビー級王座(2007年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集