アーミル・カーン
サルマン・カーン
シャー・ルク・カーン

ボリウッドのカーン(Khans of Bollywood)とは、インドボリウッド映画で活動する主演男優の中で「カーン」を名乗る人物のことである。このカーン俳優の中で特に著名な3人(シャー・ルク・カーンアーミル・カーンサルマン・カーン)は「三大カーン(The three Khans)」と呼ばれている[1][2]。3人の間に血縁関係はないが、共にカーン姓を持ち、1965年生まれという共通点がある[2][3]

概要編集

三大カーンはそれぞれインド映画及び世界の映画の歴史上、最も成功したスター俳優英語版の一人に挙げられている。シャー・ルクは「世界で最も裕福な俳優トップ3」に度々選ばれており、アーミルは東洋俳優として初めて世界で最も出演料が高額な俳優英語版に選ばれ、サルマンも南アジアで最も出演料が高額な俳優として度々選ばれている。彼らはそれぞれ異なる時期に「キング・オブ・ボリウッド(King of Bollywood)」の称号を得ており、1990年代から2000年代にかけてはシャー・ルクがボリウッドの頂点に君臨し、2000年代後半からはアーミルが世界で成功を収め[4]、インド国内の人気はサルマンに集中するようになった[5]。また、ナショナル・フィルム・アワードを6回、フィルムフェア賞を26回受賞し、アーミルはアカデミー賞にノミネートされるなど高い評価を得ている。彼らはそれぞれ最も有名なインド人ムスリム[1]、世界で最も著名なインド人、世界で最も人気のあるインド人俳優として知られており[6]、複数のメディアから「映画1本の出演料が5億ルピー」と報じられている[7][8][9]。3人は1980年代後半から人気俳優としてキャリアを積み重ね[1]、1990年代から約30年間にわたり出演作品がボリウッド映画興行成績のトップグループにランクインし続けてきた[10][11]。インド映画における三大カーンの興行成績は、ハリウッドマーベル・シネマティック・ユニバースと比較されることがある[2]

彼らはこれまでボリウッドの高額興行収入映画トップ10のうち8作品、インド映画の高額興行収入映画トップ10のうち5作品で主演を務めており[12]、1989年から2017年にかけてのボリウッド年間最高興行収益映画の大半の作品で主演を務めている[12][13][14]。アーミルは100カロール・クラブの創設者であり[15]、サルマンが出演した『Hum Aapke Hain Koun..!』、シャー・ルク主演の『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦』が最初にクラブ入りしており[16][14]、アーミル主演の『Ghajini』は初めて純利益100カロール(10億ルピー)を記録した映画となった[15]。アーミル主演の『ダンガル きっと、つよくなる』が中国市場で成功を収めたことで新たに1000カロール・クラブ英語版が創設され、最終的に2000カロール・クラブが創設され、この時点で世界市場で最も成功したインド映画となった。同作はインド・中国で最も成功を収めたインド映画の一つとなり[17]、アーミルの報酬はハリウッド俳優以外の俳優としては最高の30億ルピーとなった[18]。2014年にシャー・ルクは世界で最も裕福な非ハリウッド俳優、世界で2番目に裕福な俳優に選ばれ、推定資産は6億ドルであると報じられた[19]。2016年にはサルマンがフォーブス誌の「世界で最も出演料が高額な俳優トップ10」の第6位に選ばれている[20]。2018年には同ランキングでサルマンが第9位に選ばれている[21]

三大カーン登場以前のボリウッドで最も著名だったカーン俳優はディリップ・クマール英語版(本名ムハンマド・ユースフ・カーン)であり、彼はボリウッドにおける「最初のカーン(First Khan)」と呼ばれ、1950年代から1960年代にかけてスター俳優の一人として活動した[22]。彼が1960年に出演した『偉大なるムガル帝国英語版』は現在の価値に換算した興行収入が100億ルピーを超えた最初のインド映画であり[23][24]、50年間にわたりインド映画の最高興行収入記録を維持した[24]。また、三大カーンに次ぐ実力を持つカーン俳優としてサイーフ・アリー・カーンイルファーン・カーンが挙げられている。

三大カーン編集

アーミル・カーン編集

 
アーミル・カーン

アーミル・カーン(本名:モハメド・アーミル・フセイン・カーン、1965年3月14日生まれ)は、インドで最も商業的に成功したスーパースター俳優の一人に挙げられる。出演本数は少ないものの、映画の内容やクオリティに最大限気を配っているという評価を得ており、ボリウッドでの実績を通してインド映画界で最も人気があり、かつ影響力のある俳優の一人としての地位を確立した[25][26]。彼の人気はインドでは絶大であり、さらに海外市場、特に2番目に大きな市場である中国で高い人気を得ている[27][28][29]。フォーブス誌のロブ・ケインは彼を「間違いなく世界最大のムービースターである」と批評しており、これは世界最大の人口大国であるインド・中国での高い人気が背景にある[6]

アーミルはナショナル・フィルム・アワードを4つ、フィルムフェア賞を7つ受賞しており、さらにアカデミー賞にもノミネートされているなど数多くの映画賞を受賞している。またインド共和国政府英語版からパドマ・シュリー勲章(2003年)、パドマ・ブーシャン勲章英語版(2010年)を授与されている[30]

1973年に叔父ナーシル・フセイン英語版が監督したボリウッド初のマサラ映画Yaadon Ki Baaraat』に子役として出演し、俳優として活動を始めた。1984年に実験映画Holi』で長編映画デビューし、1988年公開の『Qayamat Se Qayamat Tak』で主演デビューした。同作は1990年代のボリウッド・ミュージカル恋愛映画の雛型となり、ヒンディー語映画の歴史における転換点的作品となった[31][32]。1989年公開の『Raakh』では演技を高く評価され、ナショナル・フィルム・アワード 審査員特別賞英語版を受賞している。1990年代にはヒンディー語映画の主演俳優の地位を確立し、『Dil』『Raja Hindustani』『Sarfarosh』などのヒット作に出演した[33]

1999年に製作会社アーミル・カーン・プロダクションを設立し、2001年に初のプロデュース作品『ラガーン』を製作した(主演兼務)。同作はアカデミー外国語映画賞にノミネートされた他、ナショナル・フィルム・アワード 健全な娯楽を提供する最優秀大衆映画賞英語版フィルムフェア賞 最優秀作品賞英語版フィルムフェア賞 最優秀主演男優賞英語版などの映画賞を受賞した。2006年には『Fanaa』『Rang De Basanti』に主演し、両作とも興行的な成功を収めた。2007年には『Taare Zameen Par』で監督デビューし、フィルムフェア賞 最優秀監督賞英語版を受賞した。彼が主演を務めた『Ghajini』『きっと、うまくいく』『チェイス!』『PK』『ダンガル きっと、つよくなる』は、いずれもヒンディー語映画の興行収入ランキングの上位にランクインしている[34]。『ダンガル きっと、うまくいく』の成功後、「アーミルは世界最大のスーパースターになった」という指摘がなされるようになった[35]

サルマン・カーン編集

 
サルマン・カーン

サルマン・カーン(本名:アブドゥル・ラシード・サリム・サルマン・カーン、1965年12月27日生まれ[36])は、インドで最も経済的に成功している俳優の一人に挙げられる。彼が主演を務める映画のほとんどが興行収入10億ルピーを記録している。彼はメディアから「ボリウッドの虎(The Tiger of Bollywood)」「ブロックバスター・カーン(Blockbuster Khan)」「興行王(Box-office King)」と呼ばれており、CNNは「世界最大のスターの一人」と説明している[37]。メディアから「最も人気があり影響力のある俳優」、「ヒンディー語映画で最も成功した俳優の一人」と報じられている[38]

1988年公開の『Biwi Ho To Aisi』で俳優デビューし、1989年に公開されたスーラジ・バルジャーティヤ英語版の『Maine Pyar Kiya』で主演デビューした。サルマンは1990年代にボリウッドでのキャリアを確立し、『Hum Aapke Hain Koun..!』『Karan Arjun』『Biwi No.1』『Hum Saath-Saath Hain』などのブロックバスター映画に出演した。1998年に公開されたカラン・ジョーハル英語版の『何かが起きてる英語版』ではフィルムフェア賞 最優秀助演男優賞英語版を受賞している。2000年代に入ると短期的に低迷するが、2003年公開の『Tere Naam』で再び脚光を浴びた。彼は大作アクション映画に出演することで、2010年代に入り一層の人気を得ることになる。代表的な作品に『ダバング 大胆不敵英語版』『Bodyguard』『タイガー 伝説のスパイ』『Kick』『バジュランギおじさんと、小さな迷子』『Tiger Zinda Hai』があり、出演作のうち9本は興行収入が10億ルピーを超えており[39][40]、ボリウッド映画の最高興行収入を記録した9作品で主演を務めた[41]

サルマンはフォーブス誌が選ぶ「世界で最も出演料が高額な俳優」の第7位にランクインしており(出演料3,350万ドル)、ハリウッド俳優のドウェイン・ジョンソンジョニー・デップブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオよりも上位にランクインしている[42][20][43][44]

シャー・ルク・カーン編集

 
シャー・ルク・カーン

シャー・ルク・カーン(本名:シャールク・カーン、1965年11月2日生まれ)は「SRK」の通称で知られており、メディアから「ボリウッドの皇帝(Baadshah of Bollywood)」「キング・オブ・ボリウッド(King of Bollywood)」「キング・カーン(King Khan)」「ロマンスの王様(King of Romance)」と呼ばれている[45][46][47][48][49][50][51]。彼は血縁などのバックグラウンドを持たずに成功したボリウッド俳優であり、『Darr』『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦』『Dil To Pagal Hai』『何かが起きてる』『Veer-Zaara』などの興行的に成功した恋愛映画に多数出演している。またフィルムフェア賞最優秀主演男優賞を8回受賞しており(ディリップ・クマールと同数受賞)、合計14回フィルムフェア賞を受賞している。出演本数は80本を超え[52]ロサンゼルス・タイムズからは「世界最大のムービースター」と呼ばれており[53]インド系移民と在外インド人から高い支持を集めている。彼は推定純資産7億9,000万ドルを所有する世界で最も裕福な俳優の一人であり[52]、フィルムフェア賞を14回受賞するなど多くの映画賞を受賞している。

シャー・ルクは1980年代後半にテレビシリーズに出演して俳優のキャリアを始め、1992年公開の『Deewana』でボリウッド映画デビューした。キャリアの初期では『Darr』『Baazigar』『Anjaam』などで悪役を演じ、『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦』『Dil To Pagal Hai』『何かが起きてる』『家族の四季 -愛すれど遠く離れて-』などの恋愛映画で主演を務めて知名度を上げた。その後も『Devdas』『Swades』『Chak De! India』『マイネーム・イズ・ハーン』『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜英語版』『Happy New Year』『Fan』『Raees』などで主演を務めて高い評価を得ている。また、インド共和国政府からパドマ・シュリー勲章、フランス政府から芸術文化勲章レジオンドヌール勲章を授与された[54]

その他のカーン編集

ディリップ・クマール編集

 
ディリップ・クマール

ディリップ・クマール(本名:ムハンマド・ユースフ・カーン[55])は、遡及的にボリウッドの「最初のカーン(First Khan)」と呼ばれている[22]。彼は1940年代に俳優デビューし、1950年代から1960年代にかけて最も人気のある俳優として活躍した。インド亜大陸の俳優演技にリアリズムを取り入れた人物とされており、歴史上最も影響力のある俳優の一人と考えられている[22]。また、サタジット・レイからは「究極のメソッド俳優」と称されている[56]。ディリップはハリウッドのマーロン・ブランドよりも前に活躍したメソッド俳優のパイオニアであり、アミターブ・バッチャンナシールッディーン・シャー英語版、シャー・ルク・カーンやナワーズッディーン・シッディーキーなど次世代の俳優たちに多大な影響を与えた[57]。1950年代に入り、ディリップは映画1本当たりの出演料10万ルピー(2018年時点の価値換算で79万ルピー/11万ドル)をとる最初のインド俳優となった[58]

ディリップの代表作として『Andaz』『アーン』『Devdas』『Azaad』『Ram Aur Shyam』『偉大なるムガル帝国英語版』『Gunga Jumna』などがある。『偉大なるムガル帝国』は『英語版』に記録を破られるまでの15年間、インドで最高額の興行収入を記録した映画であり[59]、インフレ調整を行うと『ダンガル きっと、つよくなる』に抜かれるまでの50年間にわたり最高額の興行収入を記録した映画になる[23][24]

サイーフ・アリー・カーン編集

 
サイーフ・アリー・カーン

サイーフ・アリー・カーンは、三大カーンに次ぐ俳優として「第4のカーン(Fourth Khan)」と称されることが多く、クリケットインド代表のキャプテンを務めたマンスール・アリー・カーン・パタウディ英語版と女優シャルミラ・タゴール英語版の間に生まれた[60][61]。2004年公開の『Hum Tum』は主演作品として初めて成功を収め、ナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞を受賞し、2005年公開の『Parineeta』『Salaam Namaste』でボリウッドの主演男優としての地位を確立した[62]。2006年公開の『Being Cyrus』でイアーゴ英語版を模したキャラクターを演じて高い評価を得ており、同年公開の『Omkara』、2009年公開の『Kurbaan』でも高い評価を得ている。サイーフ主演作品で最も興行収入が高い作品として『Race』『Race 2』『Love Aaj Kal』『Cocktail』が挙げられる。

イルファーン・カーン編集

 
イルファーン・カーン

イルファーン・カーンは、サイーフと並び「第4のカーン」と称されることがある俳優である[63]。2012年公開の『Paan Singh Tomar』でナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞を受賞している[64]。この他にアジア・フィルム・アワード 最優秀主演男優賞英語版、ナショナル・フィルム・アワード、フィルムフェア賞、国際インド映画アカデミー賞英語版を受賞、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされるなど多くの国際的な映画賞を受賞している。2015年時点で50本以上のボリウッド映画、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『ニューヨーク、アイラブユー』『マイティ・ハート/愛と絆』『アメイジング・スパイダーマン』『ジュラシック・ワールド』『インフェルノ』などのインド国外の映画にも多数出演している。2015年9月にラージャスターン州政府英語版主催のキャンペーン「Resurgent Rajasthan」のブランド大使英語版に任命された[65]。2017年時点でイルファーン出演作品は36億ドルの興行収入を記録しているが、その大半はインド国外で製作された映画である[66]

男優編集

女優編集

その他編集

出典編集

  1. ^ a b c The Three Khans of Bollywood - DESIblitz” (2012年9月18日). 2018年7月4日閲覧。
  2. ^ a b c Cain, Rob. “Are Bollywood's Three Khans The Last Of The Movie Kings?”. 2018年7月4日閲覧。
  3. ^ “Fab At 50: A Tale Of Three Khans” (英語). Huffington Post. (2015年6月8日). http://www.huffingtonpost.in/anand-vaishnav-/fab-at-fifty-yes-they-kha_b_7482408.html 
  4. ^ D'Cunha, Suparna Dutt. “Why 'Dangal' Star Aamir Khan Is The New King Of Bollywood”. 2018年7月4日閲覧。
  5. ^ Groves, Don (2017年6月27日). “'Tubelight' May Be A Setback But Salman Khan's Star Power Is Undimmed” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/sites/dongroves/2017/06/27/tubelight-may-be-a-setback-but-salman-khans-star-power-is-undimmed/ 
  6. ^ a b Why Aamir Khan Is Arguably The World's Biggest Movie Star, Part 2” (英語). Forbes (2017年10月5日). 2019年3月22日閲覧。
  7. ^ Top 10 Highest Paid Bollywood Actors”. Sportrichlist.com (2013年11月21日). 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  8. ^ Sengar, Resham (2013年11月12日). “Take home salary of top 7 Bollywood stars | Zee News”. Zeenews.india.com. 2015年9月19日閲覧。
  9. ^ Top 10 Highest Paid Bollywood Actors”. Listtoptens.com. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  10. ^ After Aamir, SRK, Salman, why Bollywood's next male superstar may need a decade to rise, Firstpost, 16 October 2016
  11. ^ Why Aamir Khan Is The King Of Khans: Foreign Media”. 2018年7月4日閲覧。
  12. ^ a b Top Worldwide Grossers All Time”. www.boxofficeindia.com. 2018年7月4日閲覧。
  13. ^ Boxofficeindia.com” (2013年10月14日). 2018年7月4日閲覧。
  14. ^ a b Boxofficeindia.com” (2013年10月14日). 2018年7月4日閲覧。
  15. ^ a b Aamir Khan's 10 BIGGEST Hits”. 2018年7月4日閲覧。
  16. ^ The 100 Crore Worldwide Grossers: 34 Films Since 1994”. Box Office India. 2012年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月19日閲覧。
  17. ^ Dangal's China success may have brought Aamir Khan a neat Rs 100 crore paycheque, Firstpost, 7 June 2017
  18. ^ Cain, Rob. “Aamir Khan's China Paycheck For 'Dangal' Could Exceed Rs. 100 Crore / $15 MM”. 2019年3月20日閲覧。
  19. ^ Shah Rukh Khan second richest actor in the world - Times of India ►”. 2018年7月4日閲覧。
  20. ^ a b Salman Khan - In Photos: The World’s Highest-Paid Actors 2015”. Forbes (1970年1月1日). 2015年9月19日閲覧。
  21. ^ 9. Salman Khan”. 2019年3月20日閲覧。
  22. ^ a b c Dilip Kumar: Silent Revolutionary” (2016年12月11日). 2019年3月22日閲覧。
  23. ^ a b Worth Their Weight In Gold”. Box Office India (2011年11月1日). 2011年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  24. ^ a b c Top 50 Film of Last 50 Years”. Box Office India (2011年11月3日). 2011年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  25. ^ Readers' Picks: Top Bollywood Actors”. Rediff (2006年8月17日). 2010年1月26日閲覧。
  26. ^ Powerlist: Top Bollywood Actors”. Rediff (2006年8月8日). 2010年1月26日閲覧。
  27. ^ Dangal Wins China: Why Aamir Is Truly The Alpha Khan Of Bollywood”. 2019年3月22日閲覧。
  28. ^ Cain, Rob. “How To Become A Foreign Movie Star In China: Aamir Khan's 5-Point Formula For Success”. 2019年3月22日閲覧。
  29. ^ Jamkhandikar, Shilpa. “Q&A: Aamir Khan on what it takes to crack China’s box office”. 2019年3月22日閲覧。
  30. ^ Padma Awards”. Ministry of Home Affairs, Government of India (2015年). 2014年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月21日閲覧。
  31. ^ Ray, Kunal (2016年12月18日). “Romancing the 1980s” (英語). The Hindu. http://www.thehindu.com/entertainment/movies/Romancing-the-1980s/article16898867.ece 
  32. ^ Chintamani, Gautam (2016) (英語). Qayamat Se Qayamat Tak: The Film That Revived Hindi Cinema. HarperCollins. ISBN 9789352640980. https://books.google.com/books/about/Qayamat_Se_Qayamat_Tak_The_Film_That_Rev.html?id=BZYOvgAACAAJ. 
  33. ^ Press Trust India (2000年11月30日). “I become the audience”. Rediff. 2010年1月26日閲覧。
  34. ^ “'PK' highest grosser ever: Aamir Khan to enter Rs 300 crore club”. Daily News and Analysis. (2015年1月4日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report-pk-highest-grosser-ever-aamir-khan-to-enter-rs-300-crore-club-2049501 2015年1月5日閲覧。 
  35. ^ “Is Aamir Khan World’s biggest superstar? Here's what you need to know!”. deccanchronicle.com. https://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/121018/is-aamir-khan-worlds-biggest-superstar-heres-what-you-need-to-kno.html 2019年3月22日閲覧。 
  36. ^ “Bollywood wishes Salman Khan on his 46th birthday”. DNA India. Press Trust of India (New Delhi). (2011年12月27日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report_bollywood-wishes-salman-khan-on-his-46th-birthday_1630590 2012年4月27日閲覧。 
  37. ^ Lisa Respers France, CNN (2015年5月6日). “Who is Salman Khan? One of the world's biggest stars - CNN.com”. CNN. 2015年8月19日閲覧。
  38. ^ SALMAN KHAN: Hail Bollywood's new king”. Hindustan Times (2012年8月28日). 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月17日閲覧。
  39. ^ Top All Time Worldwide Grossers Updated 11/5/2012”. Box Office India. 2013年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月11日閲覧。
  40. ^ Top Worldwide Grossers ALL TIME: 37 Films Hit 100 Crore”. Box Office India. 2012年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月3日閲覧。
  41. ^ DABANGG Is 17th ALL TIME BLOCKBUSTER”. Box Office India (2011年5月25日). 2010年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  42. ^ Salman, Akshay, Big B in Forbes Top 10 highest-paid actors list, earn more than Johnny Depp”. The Indian Express (2015年8月5日). 2015年8月19日閲覧。
  43. ^ Amitabh Bachchan, Salman Khan, Akshay Kumar among world's top ten highest-paid actors”. IBNLive. 2015年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  44. ^ Salman, Akshay, Big B in Forbes Top 10 highest-paid actors list, earn more than Johnny Depp”. The Indian Express (2015年8月5日). 2015年8月19日閲覧。
  45. ^ Bollywood 'Demigod' Khan Casts Spell on Moroccans” (2012年12月3日). 2019年3月22日閲覧。
  46. ^ Shah Rukh Khan as popular as Pope: German media” (2008年2月10日). 2019年3月22日閲覧。
  47. ^ Singh, Rani. “Shah Rukh Khan - The Biggest Movie Star In The World.”. 2019年3月22日閲覧。
  48. ^ Cain, Rob. “Don't Worry, Here's Proof That Shah Rukh Khan Is Still The World's Biggest Movie Star”. 2019年3月22日閲覧。
  49. ^ World's biggest movie star gives TED talk but no one knows who he is” (2017年4月30日). 2019年3月22日閲覧。
  50. ^ Meet Shah Rukh Khan, the World's Biggest Movie Star You've Never Heard Of” (2017年1月4日). 2019年3月22日閲覧。
  51. ^ Indian movie megastar Shah Rukh Khan filming in Alabama”. 2019年3月22日閲覧。
  52. ^ a b Shahrukh Khan facts”. Factsadda. 2019年3月23日閲覧。
  53. ^ Is SRK the biggest movie star in the world? CNN thinks so”. The Express Tribune (2016年2月24日). 2019年3月23日閲覧。
  54. ^ Shah Rukh Khan conferred with top French award”. The Indian Express (2014年7月2日). 2019年3月23日閲覧。
  55. ^ Dilip Kumar: Silent Revolutionary”. Sify Movies. 2004年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月24日閲覧。
  56. ^ “Unmatched innings”. The Hindu. (2012年1月24日). https://web.archive.org/web/20120208164035/www.thehindu.com/arts/magazine/article597902.ece 2015年1月9日閲覧。 
  57. ^ Before Brando, There Was Dilip Kumar, The Quint, 11 December 2015
  58. ^ “B-Town rewind: The tale of the first Bollywood crore” (英語). Mid Day. (2014年3月16日). http://www.mid-day.com/articles/b-town-rewind-the-tale-of-the-first-bollywood-crore/15162064 
  59. ^ Mughal-e-Azam (1960)” (2009年7月31日). 2019年3月22日閲覧。
  60. ^ Deepa Gahlot (July 1998) ‘Religion played a major role in my upbringing’ Sabrang Communications. Retrieved on 3 April 2009.
  61. ^ Subhash K Jha (21 August 2008) ‘I went to a Muslim builder,' says Saif The Times of India. Retrieved on 30 March 2009.
  62. ^ Saif Ali Khan doesn’t want to be called the fourth Khan!, Daily Bhaskar, 17 July 2012
  63. ^ “I have no equation or relationship with Irrfan: Nawazuddin Siddiqui” (英語). Deccan Chronicle. (2017年3月23日). https://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/230317/i-have-no-equation-or-relationship-with-irrfant-nawazuddin-siddiqui.html 
  64. ^ “60th National Film Awards Announced” (PDF) (プレスリリース), Press Information Bureau (PIB), India, オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130417215938/http://pib.nic.in/archieve/others/2013/mar/d2013031801.pdf 2013年3月18日閲覧。 
  65. ^ “Local boy Irfan in Jaipur as a face of Resurgent Rajasthan”. The Times of India. (2015年9月8日). http://timesofindia.indiatimes.com/city/jaipur/Local-boy-Irrfan-in-Jaipur-as-a-face-of-Resurgent-Rajasthan/articleshow/48879463.cms 2015年10月28日閲覧。 
  66. ^ Irrfan Khan Movie Box Office Results” (英語). Box Office Mojo (2017年). 2018年4月7日閲覧。

関連項目編集