メインメニューを開く

株式会社ポロロッカ(英文名称:Pororoca Corporation)は、過去に首都圏及び関西圏で「ポロロッカ食品館」のブランドで店舗を展開していたスーパーマーケット

株式会社ポロロッカ
Pororoca Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
162-0843
東京都新宿区市谷田町一丁目14番1号
設立 2000年3月
業種 小売業
代表者 代表取締役社長 東野亨
従業員数 1,200人(2005年6月現在)
テンプレートを表示
ポロロッカ食品館草加清門町店(草加市、現在は閉店)

首都圏の店舗は後にマルエツに統合されたが、「ポロロッカ食品館」の名称は統合後もマルエツの一部門として2010年(平成22年)まで存続使用されていた。社名はアマゾン川が大潮のときに逆流を起こす「ポロロッカ現象」に由来する。

概要編集

元々はマイカル(現:イオンリテール)グループの食品スーパー「株式会社マイカルポロロッカ」として大阪府に設立。1995年(平成7年)に神戸に1号店をオープンした。大手スーパーで唯一コンビニエンスストアに進出しなかったマイカルグループがコンビニと食品スーパーの中間を狙った業態でもあった。1995年(平成7年)に会社更生法を申請し経営破綻となった京都府を拠点する「京都厚生会」(本社:京都市山科区)を買収し、「ポロロッカ京都厚生会」に改称する。その後急速に店舗を拡大し、1997年(平成9年)末には1道1都2府5県(宮城千葉埼玉神奈川・兵庫)に計64店舗を持つまでに成長する。しかし2001年(平成13年)にマイカル本体が経営危機に陥ったため、同年11月に同社の事業の関東圏と関西圏をマルエツに売却することで合意し、2002年(平成14年)1月に正式にマルエツグループ入り。同年2月には本社を東京に移転した。なお宮城県内の店舗は1990年代末期に東北西友丸吉フードサービスなどに売却し撤退している。 2005年(平成17年)6月10日付で近畿地区大阪府兵庫県京都府)の17店舗をカラオケ機器販売・100円ショップ「FLET'S」を展開する株式会社音通に営業譲渡し、関西圏での営業から撤退した(これに伴い関西の旧ポロロッカ店舗は「F MART」と名称を変更している)。

2007年(平成19年)12月1日を以て、マルエツ本体に吸収合併され、ポロロッカ食品館は、マルエツの一部門となった。

2010年(平成22年)7月より、順次「マルエツ プチ」への店舗名称の変更、または店舗の閉鎖が行われ、9月5日、草加清門町店の閉店によりポロロッカ食品館のブランドは消滅した。

外部リンク編集

  • マルエツ
  • 音通 - (関西地区のポロロッカを引き継ぐ「F MART」運営)