マイク・アンド・ザ・メカニックス

イングランドのロック・バンド

マイク & ザ・メカニックス[1]Mike + The Mechanics ※ロゴ表記はM1ke + The Mechan1c5)は、イングランド出身のロックバンド

マイク & ザ・メカニックス
Mike + The Mechanics
Wiesbaden Stadtfest 2013 Mike+The Mechanics 2.JPG
ドイツ・ヴィースバーデン公演(2013年9月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ケント州ドーバー
ジャンル ポップ・ロック
ソフト・ロック
活動期間 1985年 - 2004年
2010年 - 現在
レーベル アトランティック・レコード
WEAインターナショナル
ヴァージン・レコード
ライノ・エンタテインメント
アリスタ・レコード
ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)
BMG Rights Management
共同作業者 ジェネシス
サッド・カフェ
公式サイト mikeandthemechanics.com
メンバー マイク・ラザフォード
アンドリュー・ローチフォード
ティム・ハワー
アンソニー・ドレナン
ルーク・ジュディ
ゲイリー・ウォリス
旧メンバー ポール・キャラック
ポール・ヤング
ピーター・ヴァン・ホーク
エイドリアン・リー

ジェネシス」のメンバー、マイク・ラザフォードが主宰するグループ。セカンド・アルバム『リヴィング・イヤーズ』のヒットで大きく知名度を上げ、同氏のサイド・プロジェクトとして定着した。

概要編集

1985年に「ジェネシス」のメンバー、マイク・ラザフォードのソロ・プロジェクトとして発足。パブロック・バンド「エース」に在籍していたポール・キャラック、元「サッド・カフェ」のポール・ヤング(ブルー・アイド・ソウルポール・ヤングとは別人)という異なるタイプのダブル・ボーカルを擁し、曲のメインを割り振るのが特徴であった。

同年、セルフタイトルのファースト・アルバム『マイク & ザ・メカニックス』を発表。ファースト・シングル「サイレント・ランニング」が全米シングル・チャートで6位、続く「ミラクル」が5位を記録した。

1988年、セカンド・アルバム『リヴィング・イヤーズ』をリリース[2]シングルカットした表題曲「ザ・リヴィング・イヤーズ」が全米チャートで1位を獲得する大ヒットとなり、グラミー賞にもノミネートされた。

2000年、ポール・ヤングが心臓発作で死去[3]

2004年に『マイク & ザ・メカニックス & ポール・キャラック』名義でアルバム『リワイアード』を発売後、活動を休止する。

2010年、メンバーを一新して活動を再開。翌2011年に7年ぶり7枚目となるスタジオ・アルバム『The Road』をリリース。

2017年、6年ぶりのアルバム『Let Me Fly』をリリース[4]

メンバー編集

現ラインナップ編集

  • マイク・ラザフォード (Mike Rutherford) - ベース、ギター (1985年– )
  • アンドリュー・ローチフォード (Andrew Roachford) - ボーカル、キーボード (2010年– )
  • ティム・ハワー (Tim Howar) - ボーカル (2010年– )
  • アンソニー・ドレナン (Anthony Drennan) - ギター、ベース (2010年– )
  • ルーク・ジュディ (Luke Juby) - キーボード (2010年– )
  • ゲイリー・ウォリス (Gary Wallis) - ドラムス (サポート1995年–2004年、正規2010年– )

旧メンバー編集

  • ポール・キャラック (Paul Carrack) - ボーカル (1985年–2004年)
  • ポール・ヤング (Paul Young) - ボーカル (1985年–2000年) 2000年死去
  • ピーター・ヴァン・ホーク (Peter Van Hooke) - ドラムス (1985年–1995年)
  • エイドリアン・リー (Adrian Lee) - キーボード (1985年–1995年)

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『マイク & ザ・メカニックス』 - Mike + The Mechanics (1985年) ※邦盤はソロ名義
  • 『リヴィング・イヤーズ』 - Living Years (1988年)
  • 『ワード・オブ・マウス』 - Word Of Mouth (1991年)
  • 『黄金の浜辺にて』 - Beggar On A Beach Of Gold (1995年)
  • 『マイク & ザ・メカニックス』 - Mike & The Mechanics (M6) (1999年)
  • 『リワイアード』 - Rewired (2004年) ※マイク + ザ・メカニックス・アンド・ポール・キャラック名義
  • The Road (2011年)
  • Let Me Fly (2017年)
  • Out Of The Blue (2019年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『マイク & ザ・メカニクス・ヒッツ!』 - Hits (1996年)
  • 『シングルズ 1985-2014』 - The Singles 1985-2014 (2014年)[5]

シングル編集

  • 「サイレント・ランニング」 - "Silent Running (On Dangerous Ground)" (1985年)
  • 「ミラクル」 - "All I Need Is A Miracle" (1986年)
  • 「テイクン・イン」 - "Taken In" (1986年)
  • 「ノーバディーズ・パーフェクト」 - "Nobody's Perfect" (1988年)
  • リヴィング・イヤーズ」 - "The Living Years" (1988年)
  • "Seeing Is Believing" (1988年)
  • "Nobody Knows" (1988年)
  • "Revolution" (1988年)
  • 「ワード・オブ・マウス」 - "Word Of Mouth" (1991年)
  • "A Time And Place" (1991年)
  • "Everybody Gets a Second Chance" (1991年)
  • 「ゲット・アップ」 - "Get Up" (1991年)
  • "Stop Baby" (1991年)
  • 「オーバー・マイ・ショルダー」 - "Over My Shoulder" (1995年)
  • "A Beggar On A Beach Of Gold" (1995年)
  • "Mea Culpa" (1995年)
  • "Another Cup Of Coffee" (1995年)
  • "All I Need Is A Miracle '96" (1996年)
  • "Now That You've Gone" (1999年)
  • "Whenever I Stop" (1999年)
  • "One Left Standing" (2004年)
  • "Perfect Child" (2004年)
  • "Reach Out (Touch the Sun)" (2011年)
  • "Try to Save Me" (2011年)

脚注編集

  1. ^ マイク & ザ・メカニクス」の表記もある。
  2. ^ マイク&ザ・メカニックスの『Living Years』が発売25周年記念でデラックス・エディション化”. amass (2013年12月4日). 2018年9月25日閲覧。
  3. ^ ユニバーサル・ミュージック・ジャパンDVD ソフト 『ライヴ・アット・シェファーズ・ブッシュ・ロンドン』 解説より
  4. ^ マイク&ザ・メカニックスが6年ぶりの新アルバム『Let Me Fly』を4月発売”. amass (2017年2月10日). 2018年9月25日閲覧。
  5. ^ ジェネシスのマイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックスが新曲&未発表曲入り2CDベスト『The Singles 1986 - 2013』を10月発売”. amass (2013年9月6日). 2018年9月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

公式ウェブサイト