メインメニューを開く

マイ・マン (ミスタンゲットの曲)

概要・歴史編集

最初のヒット編集

本作は1920年にフランスでアルバート・ウィルメッツとジャック・シャルルが著作権を取得し、カジノ・ド・パリフランス語版英語版ギリシア語版で演じられた歌劇『ジャズするパリ』(原題: “Paris qui Jazz”)においてパリの聴衆の前で初めて披露された。歌手は歌劇スター・ミスタンゲット[2][3]、彼女のステージパートナーでアメリカ人ダンサーハリー・ピルサー英語版だった。

作品発表後編集

本作はフランスで制作されたものであったが —ミスタンゲットが1916年にヒットさせた[註 1]— 人気が出たのは1920年代英語圏でのことであり、以降数多くの音楽家たちにカヴァーされることになった。1921年にはジーグフェルド・フォリーズ英語版の歌手ファニー・ブライス英語版ロシア語版がレコーディングを行なっている。本作はヒットし、1999年には最終的にブライスに対してグラミー賞が贈られている。ブライスはパート・トーキー英語版映画『マイ・マン英語版』(1928年)のサウンドシーケンスの中でも歌唱している。

ファニー・ブライスの伝記を元にしたミュージカル映画『ローズ・オブ・ワシントンスクエア英語版』(1939年)の中ではアリス・フェイが本作を歌唱している[4][註 2]

ブライスによるバラード風の曲調を改めたのがビリー・ホリデイであった。彼女は「マイ・マン」にジャズ、或いはブルース的な録音を試みた。ホリデイのヴァージョンもまた成功を収めたが、それでもなおブライスの印象の方が強かった。長年に亘ってアメリカ人、或いは海外のアーティストらが本作をカヴァーしたが、ブライスやホリデイと並ぶ成功を収めた者はいない。特筆すべきは1940年のエディット・ピアフによる録音である。これは原語で録音された最も優れた「マイ・マン」である。1941年にはエラ・フィッツジェラルドが本作をカヴァーした。

1959年、ペギー・リーが自身のアルバム『アイ・ライク・メン!英語版』のために本作を録音した。彼女のアレンジは非常にミニマリスト的で、ドラムスの音が印象的な録音である。

1963年、ジュリエット・グレコがアルバム『ジュリエット・グレコによる名シャンソンフランス語版』にてカヴァー。

1965年にはバーブラ・ストライサンドがアルバム『マイ・ネーム・イズ・バーブラ英語版』と、ファニー・ブライスの半生を元に描かれた映画『ファニー・ガール』(1968年)の中で本作をカヴァーした。この映画のフィナーレで唄われた彼女の「マイ・マン 」の解釈によってこの時すでに高い評価を得ていたそのパフォーマンスは更なる評価を集め、第41回アカデミー賞最優秀主演女優賞オスカーを獲得したのである[5][註 3]

1970年7月14日ダイアナ・ロススプリームスとして最後の出演になったネバダ州ラスベガスのフロンティアホテルで行われたファイナルコンサートで本作を歌唱した。彼女のパフォーマンスはその後1970年4月13日、ライブアルバム『フェアウェル英語版』としてリリースされた。ロスが採り入れたのはブライスやストライザンドではなく、ホリデイのジャズ & ブルース的な解釈だった。1972年、ロスは映画『ビリー・ホリデイ物語/奇妙な果実英語版』のサウンドトラック用に再び本作を録音した。この作品の中で彼女が演じたのはビリー・ホリデイであった。サウンドトラックアルバム『レディ・シングス・ザ・ブルース英語版』はビルボードのポップアルバムチャートで1位を獲得し、発売から最初の8日間で30万枚が売れたと言われている。その映画でのロスの演技は高い評価を得てゴールデングローブ賞・映画部門主演女優賞アカデミー主演女優賞の最優秀女優賞にノミネートされた[註 4]。この曲のロスの2つ目のヴァージョンはホリデイによるジャズ、或いはブルース的解釈のリバイバルであった。ネバダ州ラスベガスのシーザーズ・パレスに於ける1979年の本作のパフォーマンスはロスにとって最も高評価を得るものとなった。これは彼女の “The boss” ワールドツアー中にHBOコンサートスペシャルとして録音された。スペイン人の歌手で女優のサラ・モンティエルは本作をスペイン語(“Mi Hombre”)でレコーディングし、彼女の映画『ラ・ヴィオレテラ』の中で歌唱した。

1971年、スペイン人の歌手Maruja Garridoがスペイン語で本作をカヴァーした。タイトルは “Es mi Hombre” とされ、ビデオにはサルバドール・ダリが出演している。1972年、シャーリー・バッシーが本作をカヴァーする。

1970年代にはミレイユ・マチューも本作をフランス語でカヴァーし[註 5]、1986年1月にはパレ・デ・コングレ・ド・パリにおけるコンサートで初めてその英語バージョンを披露した[註 6]。それ以来、ミレイユの英語ヴァージョンは、彼女のワールド・ツアー・コンサート(1986年の中国、1987年のソ連東ベルリンなど)では欠かせない楽曲となった[註 7]

1991年、ビルボード・ミュージック・アワードホイットニー・ヒューストンが本作をカヴァーし、よりジャジーポップなヴァージョンに仕上げた。

2001年、エタ・ジェイムズは自身のアルバム『ブルー・ガーデニア英語版』に本作を収録した。

リア・ミシェルは『glee/グリー』のエピソード “Funeral” で本作をカヴァーした。彼女はエピソードの放送前にストライザンドをパーソン・オブ・ザ・イヤーとして讃え、ミュージケアーズ2011で本作を歌唱した。レジーナ・スペクターは、2011年『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』のサウンドトラックで本作をカヴァーした(音源は「ア・デンジェラス・メイド英語版」のエンドクレジットにて流された)。

コレット・ルナール英語版フランス語版は1997年に本作をカヴァーし、ニコール・マルタンフランス語版は2010年発表のアルバム『優しさのカクテルフランス語版』で本作を披露した。リア・ミシェルはドラマ『glee/グリー』のシーズン2(2011年)で、カルメン・マリアフランス語版はカジノ・ド・パリで上演された喜劇ミュージカルミスタンゲット、熱狂の時代の女王フランス語版』でそれぞれ本作をカヴァーしている。

日本に於けるカヴァー編集

マイ・マン
浅川マキシングル
初出アルバム『マイ・マン
A面 マイ・マン (Single Version.)
B面 ちょっと長い関係のブルース
リリース
規格 7インチシングル盤
録音 1981年10月18日 - 11月19日
ジャンル JAZZJ-POP
時間
レーベル 東芝EMI - EXPRESS
作詞・作曲 浅川マキ(日本語詩)
モーリス・イヴァン(作曲)
プロデュース 柴田徹
浅川マキ シングル 年表
夕凪のとき
(1976年)
マイ・マン
(1982年)
こころ隠して
(1982年)
テンプレートを表示

越路吹雪が「私のおとこ(モン・ノム)」のタイトルで1969年頃歌唱している(日本語詩:岩谷時子[6][7]他、仲マサコが「私のいい人」(日本語詩:なかにし礼)のタイトルでカヴァーしている[6]。越路吹雪の音源は「モン・ノム」のタイトルで1972年・日生劇場でのリサイタルを録音したものも存在し、こちらは2012年11月7日にCD化された[6]

1982年2月21日、浅川マキが自ら書き下ろした日本語詩で「マイ・マン」を発表。本作を主軸としたアルバム『マイ・マン』(オリジナルLP盤規格品番:ETP-90154)[8]とシングル(オリジナル7インチシングル盤規格品番:ETP-17296)[9]を同日発売した。この浅川マキの音源はアルバムとシングルで異なるテイクである。これらは1993年4月7日にCD化された。1985年7月1日にも浅川マキはアルバム『ちょっと長い関係のブルース』にて本作をカヴァーしており、この音源は2011年6月15日にCD化された。浅川マキは最晩年まで本作をステージで採り上げ唄い続けた。

2005年12月7日、保坂俊雄&イルカがアルバム『エニー・キイ・OK!!』で本作を「マイ・マン」としてカヴァーした[6]

2018年現在、通信カラオケであるDAMに於いて本作は浅川マキの曲として入曲しており、アルバム・ヴァージョンを忠実に再現したものとなっている[10]

備考編集

JASRACに於いては2018年現在、外国作品/出典:PJ (サブ出版者作品届) /作品コード 0M0-6410-1 MON HOMME として登録[11]。計32名の歌手が「アーティスト」とされており、日本人歌手では越路吹雪と浅川マキが登録されている[11]

出版者は、ED SALABERT S A Ⓐ 301。日本でのサブ出版[註 8]ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング Synch事業部である[11]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 多数の言語版における記述では本作の制作・公開が1916年とされており、録音されたのが1920年であったようである。
  2. ^ ファニー・ブライスは『ローズ・オブ・ワシントンスクエア』で許可なく自分の生涯をストーリーに使用したとして20世紀フォックスを告訴した。会社は示談に応じたが和解金は公表されていない。
  3. ^ ストライザンドの最優秀女優賞は『冬のライオン』のキャサリン・ヘプバーンと同時受賞であった。
  4. ^ ダイアナ・ロスはこれによりゴールデングローブ賞新人女優賞英語版を獲得した。
  5. ^ 喜劇的な味付け(: De façon comique)がなされている。
  6. ^ Youtubeの「マイ・マン」を参照のこと。
  7. ^ ミレイユ・マチューは2000年から2010年の間、彼女のレパートリーの中の他の難しい楽曲同様に、本作のカヴァーをやめている。ミレイユのカヴァーはバーブラ・ストライサンドやシャーリー・バッシーのそれとあまり変わらないにも関わらず、彼女の英語ヴァージョンは2017年時点未だCDとして発表されていない状況である。
  8. ^ 音楽出版者が全世界の地域について単独でその活動を行うことは難しいことから、特定地域の出版者と、その地域についての利用開発やプロモーションを任せる契約を結ぶことがある。この場合、作詞者・作曲者から直接権利を取得した音楽出版者はOP(Original Publisher)と呼称し、OPと契約を結び特定地域についての活動を任せられた音楽出版者はSP(Sub Publisher)と呼称する。

出典編集

  • Editions Francis Salabert: Paris, Copyright 1920 Sheet music for the song Mon Homme
    • パリ, 「マイ・マン」の楽曲に対する1920枚のシートミュージックに対する著作権
  1. ^ Répertoire de la Sacem” [作詞家作曲家音楽出版社協会による目録] (フランス語). LE RÉPERTOIRE DE LA SACEM (n.d.). 2018年6月5日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Bio d'Albert Willemetz dans Auteurs et compositeurs de la chanson francophone” [「フランス・シャンソン作詞家・作曲家」上のアルベール・ウィルメのバイオグラフィー。] (フランス語) (2016年). 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月5日閲覧。
  3. ^ Bio Mistinguett sur Du temps des cerises aux Feuilles mortes” [「青春から逝去まで」上のミスタンゲットのバイオグラフィー。] (フランス語) (2016年). 2018年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月5日閲覧。
  4. ^ "My Man"『ローズ・オブ・ワシントンスクエア』でアリス・フェイが唄う「マイ・マン」(1939)YouTube (音声のみ)
  5. ^ COLLECTION HIGHLIGHTS / BARBRA STREISAND” [コレクション・ハイライト「バーブラ・ストライサンド」] (英語). アカデミー賞授賞式公式サイト. 映画芸術科学アカデミー (2015年). 2018年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月5日閲覧。
  6. ^ a b c d 音楽の森 music Forest データベース検索より
  7. ^ ISRC:JPTO06900940
  8. ^ 浅川マキ ‎– My Man (LP)” (英語日本語). Discogsデータベース. Discogs (n.d.). 2018年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月7日閲覧。
  9. ^ 浅川マキ ‎– My Man (7")” (英語日本語). Discogsデータベース. Discogs (n.d.). 2018年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月7日閲覧。
  10. ^ DAM CHANNEL”. 第一興商DAM. 2018年4月6日閲覧。リクエストNo.は、4986-11。
  11. ^ a b c JASRAC作品データベース検索サービス J-WID 検索結果

外部リンク編集