メインメニューを開く

マグレガー・メイザース: Macgregor Mathers, フルネーム: Samuel Liddell MacGregor Mathers, 1854年1月8日 - 1918年11月20日)は、イギリスロンドン北部で生まれた[1]オカルティスト。本名はサミュエル・リドル・マザーズ (Samuel Liddel Mathers)[2]。自分はスコットランド人の末裔であると信じ、W・B・イェイツによれば、ケルト運動の影響を受けてマグレガー (MacGregor) と名乗るようになった[3]。後にパリに移住し、スコットランド高地人の衣装をまとってグランストリー伯爵マグレガー (Count MacGregor, of Glenstrae) とも名乗った。

マグレガー・メイザース
Samuel Liddell MacGregor Mathers in Egyptian getup.jpg
エジプト密儀の大祭司に扮したマグレガー・メイザース
生誕 Samuel Liddell Mathers
(1854-01-08) 1854年1月8日
ロンドンハックニー区イギリス
死没 1918年11月20日(1918-11-20)(64歳)
パリ
墓地 サフォークベリー・セント・エドマンズ英語版
国籍 イギリス
別名 Samuel Liddell MacGregor Mathers
Comte de Glenstrae(グランストリー伯爵
出身校 Bedford School英語版
職業 オカルティスト
団体 英国薔薇十字協会英語版
黄金の夜明け団
アルファ・エト・オメガ英語版
代表作 ソロモンの鍵
術士アブラメリンの聖なる魔術の書
影響を受けたもの ジョン・ディー
エドワード・ケリー
アンナ・キングズフォード英語版
影響を与えたもの アレイスター・クロウリー
イスラエル・リガルディー
配偶者 モイナ・メイザース英語版
ウィリアム・M・メイザース

英国薔薇十字協会英語版入会後、20世紀最大の西洋オカルト組織「黄金の夜明け団」創立者の一人となる。同団の参入儀礼を構築し、1897年に指導者となったが、2000年に団は分裂し、メイザーズに従った派閥は後に黄金の夜明けからA∴O∴(アルファオメガ)英語版に改名した。

ロンドン大英博物館図書閲覧室やパリ造兵廠図書館フランス語版などで魔術書を渉猟し、グリモワールソロモンの大いなる鍵』や『術士アブラメリンの聖なる魔術の書』、他にもゴエティアアレイスター・クロウリーに『ソロモン王のゴエティアの書』として無断で公刊されるなど多くの翻訳・編集を行い、その後のオカルトに影響を及ぼした。

経歴編集

初期編集

 
ミナ・ベルクソン(1887)

マグレガー・メイザースは、1854年1月8日イギリスロンドンハックニー区で生まれた。父親のウィリアム・M・メイザースは子供の頃に亡くなった[1]。ベッドフォード・グラマースクールで学んだ後、母親とともにボーンマスに移住し、事務員などをして暮らしていた[1]。1877年10月4日、ドーセットの南海岸に位置する当地にてフリーメイソンに入会、本格的に秘学の研究を開始した。1887年マスター・メイソンになる。1882年、検死官ウィリアム・ウィン・ウェストコットと知り合い、その紹介で、マスター・メイソンにのみ入会が許される英国薔薇十字協会英語版(SRIA)に入会した。1885年に母親が亡くなるとロンドンに移住し、ウェストコットの旧居に住まわせてもらった[4]。メイザースはフレデリック・ホランドからカバラについて教示を受けており、ホランドやフレデリック・ホックリー英語版、ウェストコットらが名を連ねるオカルト研究会「八人協会」にも、ホックリー没後に加入した[5]。1886年神智学協会から独立したアンナ・キングズフォード英語版のヘルメス協会でカバラについて講義した。1887年『ゾーハル』のラテン語訳とその注釈『ヴェールを脱いだカバラ』を翻訳し、アンナ・キングズフォードに捧げた。大英博物館ミシェル・ベルクソン英語版哲学者アンリ・ベルクソンの実妹でもあるスレード美術学校卒業後エジプト美術に関わっていたミナ・ベルクソン英語版と出会う。9月ウィリアム・ウィン・ウェストコット英語版の依頼でトリテミウスポリグラフィア英語版による暗号で書かれていた暗号写本英語版の復号に成功した。それにはドイツアンナ・シュプレンゲル英語版の住所があり、送った書簡の返信に、秘密の首領(シークレット・チーフ)から聖堂の設立と英国薔薇十字協会の会長ウィリアム・ロバート・ウッドマン英語版・ウェストコット・メイザースの三人にアデプタスの許可があったとした。1888年3月1日ドイツにある2つの神殿に続く黄金の夜明け団の第3神殿となる「イシス・ウラニア神殿」をロンドンに設立し、黄金の夜明け団の三首領の一人に名を連ねた。最初の参入者はミナ・ベルクソンである。

黄金の夜明け団時代編集

 
イシスの儀式を行うモイナ・メイザース(1899)

1889年グリモワールソロモンの鍵』を翻訳・編集した。1890年ミナと結婚し、彼女はモイナ・メイザース英語版と改名した。1892年、メイザースはパリに妻と移ったが、生活は苦しく妻の友人のアニー・ホーニマン英語版に頼っていた。1892年メイザーズは「秘密の首領」とつながったと宣言し、黄金の夜明け団の第二団であるクリスチャン・ローゼンクロイツ伝説による「ルビーの薔薇と黄金の十字架団」に多くの儀式を提供するなど[6]、同団の参入儀礼を構築した。1896年エドワード・ウィリアム・ベリッジ英語版と対立したアニー・ホーニマンを黄金の夜明け団から追放し、経済的に破綻する。1897年、ウェストコットが首領を辞任し、パリにいたメイザースが首領になった。そしてフロレンス・ファー英語版をイギリス代表とした。しかしアデプタス達は他のメンバーとの人格の衝突や、イギリスでの活動の頻繁な欠席のために、メイザースのリーダーシップに不満を募らせていた。また『術士アブラメリンの聖なる魔術の書』を出版した。1899年、イシス・ウラニア神殿はアレイスター・クロウリーのアデプタス・マイナーへの昇格を拒否した。メイザースは決定を覆し、1900年1月16日にパリのアハトル神殿でそれを認め、ロンドンに戻ったクロウリーは承認を要求した。ファーはイシス・ウラニア神殿の閉鎖と、イギリス代表の辞職の意思を表明した。メイザースは、背後にウェストコットがいると信じ、シュプレンゲルの書簡は捏造と暴露した。3月3日、委員会が選出され、問題の完全な調査を要求したが、メイザースは証拠提出を拒否した。23日、メイザースはファーをイギリス代表から解任したが、逆に29日の総会でメイザースの追放が決定された。怒ったメイザースはクロウリーを派遣してブライス・ロードの神殿を奪取しようとしたが失敗した。メイザースは首領を解任され、団を追放される。

アルファ・エト・オメガ時代編集

 
メイザース・テーブル(1922)

メイザースにはウェストン・スーパー・メアブラッドフォードの神殿がつき、エドワード・W・ベリッジをロンドン代表として、新たな魔術結社「A∴O∴(アルファ・エト・オメガ)英語版」を設立し、黄金の夜明け団は分裂した。1901年アンナ・シュプレンゲル英語版を騙ったローラ・ホロス英語版が逮捕された。1904年『ゴエティア』がアレイスター・クロウリーにより無断で公刊された。1918年パリで死去[7]アルファ・エト・オメガは妻のモイナ・メイザースが後を継ぎ、ダイアン・フォーチュンらが所属した。ダイアン・フォーチュンによると死因は同年大流行したインフルエンザといわれる[8]。またヘブライ文字を転写するメイザース・テーブル英語版エノク語などはその後のオカルトに影響を及ぼした。

魔法名編集

人物編集

家系に証拠はないが後にスコットランド北部のハイランダーの末裔を自称しマグレガーの性を付け、サミュエル・リドル・マグレガー・メイザース(Samuel Liddell MacGregor Mathers)、またグランストリー伯爵(Comte de Glenstrae)とも名乗った。

アンナ・キングズフォード英語版エドワード・メイトランド英語版の影響を受け男女平等主義で、黄金の夜明け団英国薔薇十字協会英語版と違い女性は男性と平等を認められた。メイザースの主な興味は魔術と戦争理論である[9]ウィリアム・バトラー・イェイツはメイザースは晩年ますますエキセントリックになっていったと指摘した[10]。また絶対菜食主義、非喫煙者だった。

英語フランス語ラテン語ギリシャ語ヘブライ語ゲール語コプト語など多言語を使用した。ロンドン大英博物館図書閲覧室やパリの造兵廠図書館などで魔術書を渉猟し[11]、『ヴェールを脱いだカバラ』、『ソロモンの大いなる鍵』、『術士アブラメリンの聖なる魔術の書』、『アルマデル奥義書』、他にもゴエティアアレイスター・クロウリーに『ソロモン王のゴエティアの書』として無断で公刊されるなど多くの翻訳・編集を行った。メイザースはエノク語を儀式の一部として黄金の夜明け団に取り入れた。

アレイスター・クロウリーとは黄金の夜明け団では弟子として寵愛していたが、その後対立し、1917年ムーンチャイルド(小説)英語版で魔法名からSRMDという名前の主な悪役として描かれた。

著書編集

 
クリスティアン・クノール・フォン・ローゼンロート男爵『カバラ・デーヌーダータ』
 
アブラメリンの魔術』モイナ・メイザースの挿絵
  • 『歩兵運動演習における実践的指導』(原題『Practical Instruction in Infantry Campaigning Exercise. Translated from the French』1884年、City of London Publishing Co.)
メイザースの最初の本でフランス軍隊マニュアル翻訳である。
アラム語の『ゾーハル』を、クリスティアン・クノール・フォン・ローゼンロート英語版カバラ・デーヌーダータスペイン語版でラテン語訳した。それをメイザースが英訳し注釈したものである。
隠棲して聖守護天使との知遇を得ることにより、悪魔を使役してさまざまな願いを叶えることができると説く魔術書。
メイザースのタロット解説書

登場作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 吉村 2013, p. 74.
  2. ^ 吉村正和は Mathers を原音に近いマザーズと表記している。ヘイズ中村はマザース、江口之隆は初期にはメイザース、後にはマサースと表記。
  3. ^ 吉村 2013, p. 76.
  4. ^ 吉村 2013, pp. 74-75.
  5. ^ 吉村 2013, p. 54.
  6. ^ グリーンウッド, 田内訳 2015, pp. 266-292.
  7. ^ Nevill Drury, The Dictionary of the Esoteric, Motilal Banarsidass Publ., 2004, p. 208.
  8. ^ フランシス・キング 『英国魔術結社の興亡』 江口之隆訳、国書刊行会、1994年、172頁。
  9. ^ S. L. MacGregor Mathers, Practical Instruction in Infantry Campaigning Exercise, Translated from the French ( London: City of London Publishing Co., 1884); cited in Christopher McIntosh, The Rosicrucians: The History, Mythology and Rituals of an Occult Order, page 111 (second revised edition, Crucible, 1987). 978-1852740252
  10. ^ William Butler Yeats, The Collected Works of W.B. Yeats, Volume III: Autobiographies, pages 452–453 (edited by William O'Donnell and Douglas N. Archibald, New York: Scribner, 1999 edition). 0-684-80728-9
  11. ^ キャベンディッシュ & 栂 1997, p. 213.

出典編集

  • 吉村正和『図説 近代魔術』河出書房新社、2013年。

関連項目編集

外部リンク編集