メインメニューを開く

マシンガン・パニック』(原題:The Laughing Policeman)は、1973年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画

マシンガン・パニック
The Laughing Policeman
監督 スチュアート・ローゼンバーグ
脚本 トーマス・リックマン
原作 ペール・ヴァールー
マイ・シューヴァル
(『笑う警官』より)
製作 スチュアート・ローゼンバーグ
出演者 ウォルター・マッソー
ブルース・ダーン
ルイス・ゴセット・ジュニア
音楽 チャールズ・フォックス
撮影 デヴィッド・M・ウォルシュ
編集 ボブ・ワイマン
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年12月20日
日本の旗 1976年1月15日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,280,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$1,750,000[2]
テンプレートを表示

スウェーデン警察小説マルティン・ベックシリーズ」の「笑う警官」の映画化。原作はストックホルムが舞台だが、映画ではサンフランシスコに変更されている。

ビデオタイトルは『笑う警官/マシンガン・パニック』、テレビでの放映タイトルは『マシンガン・パニック/笑う警官』。

あらすじ編集

サンフランシスコの路線バスの車内で、機関銃を無差別に乱射した大量殺人事件が発生。犠牲者の中には、サンフランシスコ市警察のジェイク・マーティン刑事の相棒エバンスも含まれていた。

相棒を失ったマーティンは新たにラーソンとコンビを組んで、事件の捜査にあたる。捜査を進めた結果、エバンスはマーティンが解決しようとして果たせなかったある殺人事件の捜査を1人で続けていた事が明らかになる。

そして、その被害者と関係のあった1人の男に行き当たったマーティンは男の身辺を洗う。ある日マーティンは、男を追って同じバスへ乗り込むが…。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. ISBN 978-0-8108-4244-1. p257
  2. ^ Solomon p 232. Please note figures are rentals not total gross.

外部リンク編集