この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

よこざわ けい子(よこざわ けいこ、1952年9月2日[1][3] - )は、日本声優女優ナレーター[4]新潟県新潟市中央区出身[1]。芸能プロダクションゆーりんプロ代表取締役[2]。旧芸名は横沢 啓子(読み同じ)[1]

よこざわ けいこ
よこざわ けい子
プロフィール
本名 難波 啓子
(なんば けいこ)[1][2]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本新潟県新潟市中央区[1]
生年月日 (1952-09-02) 1952年9月2日(68歳)
血液型 O型[1][3]
身長 152 cm[3]
職業 声優女優ナレーター[4]
事務所 ゆーりんプロ(代表取締役)[2]
配偶者 あり
活動
活動期間 1975年 -
デビュー作 クリステン(『タイムボカン』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

中学校の英語教師であった横沢久八の娘として、新潟市に生まれる。新潟県立新潟高等学校卒業。日本大学藝術学部放送学科中退。声優の勝田久の勧めで俳協付属養成所に入り、養成所在籍中の1975年に『タイムボカン』で声優デビュー。

元々は声優志望ではなかったが、芸能界に入った切っ掛けは両親が新潟方言で苦労した経験から、娘には標準語を話してほしいと思い児童劇団に入れたため。劇団自体は入って3年で解散したが、自身はその時にもらった仕事の伝でラジオドラマのレギュラーをしていたとのこと[5]

1979年からテレビ朝日版『ドラえもん』でドラミを演じ、2005年の声優陣一新まで務めた。また、1982年には『おかあさんといっしょ』の人形劇「にこにこぷん」のぴっころ役に抜擢され、10年の長きにわたって担当する。この他、1980年代の数多くの作品で主役・ヒロイン役を担当した。

1988年ゆーりんプロを設立。以後は声優活動からは一歩引いて、自身が経営する声優・ナレータースクールでの後進の指導に軸足を移す。

『ドラえもん』の声優陣はたいていテレビへの顔出し出演をしているが「キャラクターのイメージを壊す」という理由で顔出し出演をあまりしたことがなかった(1993年に一度、大山のぶ代ら声優陣と実写とアニメのコラボ企画で出演した程度)。『大胆MAP』では『オバケのQ太郎』のO次郎として紹介されたが、交渉では電話のみの会話となり、そこで顔出しをしたくないことを語っている。しかし、雑誌などの紹介やインタビューなどで顔出しを拒むことはほとんどない。

「ゆーりんプロ」の名前は、娘のために作った絵本「雪ん子ゆーりん」に由来しており、公式サイトの写真では過去に声をあてたぴっころの着ぐるみと一緒に写っている。「ゆーりんプロ」所属の俳優、養成所研究生らによって行われる演劇の公演の脚本、演出も手がける。

人物・エピソード編集

  • 声質はソプラノ[6]
  • 声優デビューした頃から「藤子アニメの主役を獲得する」「子供向け番組に出演する」ことを目標としていたが、30代までに希望が叶ってしまい、ゆーりんプロのスクール設立を機に自身で演じる機会は一区切りつけたと語っている[5]
  • 天空の城ラピュタ』のシータ役を担当した際、監督の宮崎駿から演技について苦言を呈され、『エスパー魔美』の佐倉魔美を担当した際は作者の藤子・F・不二雄から「(声や演技が)健康的で良い」と評されたという[7]

演じたキャラクターについて編集

  • 『にこにこぷん』のぴっころは17年間演じているうちに、声が地声だということもあり、イコールになったと語っている[8]
  • 『THE かぼちゃワイン』のエルは自身とは全く異なる見た目の大きな女の子だった為、自分のものにするのにかなり苦労したが、それだけ印象の深い作品になったと語っている[8]

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1987年
1988年
1989年
1990年
1992年
1996年
1998年
  • ドラえもん(テレビ朝日版)(佐倉魔美)
2011年
  • 日常(第25話予告ナレーション:なのちゃんのねじ)

劇場アニメ編集

1980年
1982年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2001年
2018年

OVA編集

1985年
1988年
1989年
1990年
1994年

ゲーム編集

1992年
1993年
1995年
1997年
2000年
2001年
2005年
2018年

吹き替え編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • ナイトライダー シーズン2 #13(キャサリン・グレンジャー〈ダフネ・リー・アッシュブルック〉)

アニメ編集

OVシリーズ編集

特撮編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

  • にこにこぷんおかあさんといっしょ内)(ぴっころの声)
    • ビデオ おかあさんといっしょ
    • ビデオ にこにこ・ぷんのこうつうあんぜん
    • ビデオ にこにこ、ぷんの英語教室
    • ビデオ にこにこ、ぷんのかずとあそぼう
    • ヒデオ にこにこ、ぷんのことばあそび
    • おかあさんといっしょのコンサート
    • 紅白歌合戦(1987年、1999年)
    • 母と子のテレビタイム(1992年)
    • ひらけ!ポンキッキ(1992年)
    • クイズ百点満点(1993年)
    • あさごはんだいすき!
    • にこにこぷんがやってきた!
    • あつまれ!キッズソング50〜スプー・ワンワン 宇宙の旅〜
    •  ワンワンパッコロ!キャラともワールド
    • おかあさんといっしょスペシャルステージ2012 みんないっしょに!ファンファンスマイル
  • クイズタイムショック(1984年) - 1984年3月29日放送で回答者として出場
  • クイズ面白ゼミナールNHK総合、1985年11月10日放送) - パネラー

CM編集

その他コンテンツ編集

参考文献編集

  • 『声優名鑑』成美堂出版、1999年7月。ISBN 441500878X[19]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f よこざわけい子(よこざわけいこ)の解説”. goo人名事典. 2020年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c 会社概要”. ゆーりんプロ. 2020年8月5日閲覧。
  3. ^ a b c よこざわ けい子”. 日本タレント名鑑. 2020年8月5日閲覧。
  4. ^ a b よこざわ けい子”. タレントデータバンク. 2020年8月5日閲覧。
  5. ^ a b 安藤隆啓、『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』株式会社主婦の友社、2019年、96-99頁
  6. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、109頁。
  7. ^ 『ドラえもんぴあ』より[要文献特定詳細情報]
  8. ^ a b c d e 主婦の友社『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』よこざわけい子「天才じゃなくていい。努力の積み重ねが実を結ぶ」P97。
  9. ^ あしたへアタック!”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  10. ^ 一発貫太くん”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。
  11. ^ はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  12. ^ 科学冒険隊タンサー5”. メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。
  13. ^ まえがみ太郎”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  14. ^ プロゴルファー猿”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。
  15. ^ “悪魔島のプリンス 三つ目がとおる”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/61.html 2016年5月8日閲覧。 
  16. ^ レディレディ!”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  17. ^ 天空の城ラピュタ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月3日閲覧。
  18. ^ 『これであなたも声優! 入門編』コスミックインターナショナル、13・14頁。
  19. ^ 311頁より

外部リンク編集