メインメニューを開く

マンモス鈴木(マンモス すずき、1941年2月10日 - 1991年5月24日)は、日本のプロレスラー俳優

マンモス鈴木
プロフィール
リングネーム マンモス鈴木
ゴリラ鈴木
本名 鈴木 幸雄
ニックネーム ヒマラヤの雪男
身長 193cm
体重 120kg
誕生日 1941年2月10日
死亡日 (1991-05-24) 1991年5月24日(50歳没)
出身地 宮城県仙台市
所属 日本プロレス
東京プロレス
国際プロレス
デビュー 1958年9月5日
テンプレートを表示

来歴編集

力道山の弟子。日本プロレス東京プロレス国際プロレスに所属。若手時代、ジャイアント馬場アントニオ猪木大木金太郎とともに若手四天王と呼ばれた[1]1961年7月にジャイアント馬場とともに武者修行のため渡米。その後、ジャイアント馬場よりも早く帰国。帰国後に広島県福山市で凱旋試合が組まれたが、この際に相手のアントニオ猪木と引き分けた。凱旋試合を台無しにした猪木は力道山の怒りを買った[2]。巨体を生かしたファイトに将来性があふれ期待が高かったが、私生活の乱れと本番で取り乱すことが多かった神経の細さから伸び悩んだ。のちに国際プロレスで選手を務めた後レフェリーになった。

レフェリーに転向後は国際プロレス最後の試合で、なおかつ最後の金網デスマッチでもあった鶴見五郎VSテリー・ギッブスをレフェリングしている[3]

引退後は俳優に転身。1991年5月24日塩竈市の病院で内臓疾患により死去。

関連人物編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ 『アントニオ猪木自伝』 新潮社〈新潮文庫〉、2000年、75頁。ISBN 978-4101297217 
  2. ^ 『アントニオ猪木自伝』 新潮社〈新潮文庫〉、2000年、80-81頁。ISBN 978-4101297217 
  3. ^ 『忘れじの国際プロレス』 ベースボール・マガジン社、2014年、64頁。ISBN 978-4583620800