マーチ・83Gは、マーチ・エンジニアリングが製造した1983年IMSA GTPおよびグループCシャシーで、エイドリアン・ニューウェイが設計した。IMSA GTPではドライバーズタイトルとシャシー製造者のタイトルを獲得した。

概要編集

1983年から1984年に掛けてエイドリアン・ニューウェイがマーチのIMSA GTPプログラムの設計マネージメントを行い[1]、83Gはニューウェイが設計した最初の車両だった[2]。83Gは5台が製造された[3]。4台がIMSAで使用され、1台が日本のグループCレースで使用された。

IMSA編集

83Gの1台目の車両(83G-1)は、1982年の11月に行われたデイトナ3時間レースで初めて使用された[4]アル・ホルバートのチームは3台の83Gを使用した。最初の2台はシボレーエンジンを搭載し、ホルバートはこの車両でマイアミラグナ・セカに勝利した。この車両は、ミッドオハイオではジム・トゥルーマンドック・バンディボビー・レイホールのドライブで更に1勝を挙げた。3台目の車両はポルシェエンジンを搭載し(83G-4または83G-04)[4]、この車両でホルバートは更に4勝を積み上げてホルバート自身のドライバーズタイトルとマーチのシャシー製造者タイトルを獲得した。

全日本編集

日産は、1983年に始まった全日本耐久選手権富士ロングディスタンスシリーズ(富士LD)、同年のWEC-JAPANに参戦するため、スーパーシルエットに同社の車両で参戦していたホシノレーシングハセミモータースポーツ、セントラル20にそれぞれエンジンと資金を提供して、グループCレースへ参戦を開始した。このうち、ホシノレーシングが83Gを購入し、日産のLZ20B型エンジンを搭載した。ホシノレーシングが使用したシャシーが最後に製造された83G(83G-5または83G-05)[5][4]だった。 全日本のデビュー戦は7月の富士1000kmで、ドライバーは星野一義/萩原光だった。2戦目の鈴鹿1000kmではポルシェを抑え星野がポールポジションを獲得し、3戦目となるWEC-JAPANではトップのワークスポルシェから28周遅れながら、国産エンジン搭載車最上位の7位で完走を果たした。

1984年は、星野とBS・レインタイヤの力により、しばしば好走を見せるものの、信頼性が極端に低く一度も完走できなかった。

1985年開幕戦鈴鹿500kmからエンジンをFJ20型に換装、2位に入賞する。結果的にこれが最上位で、次の富士1000kmが最後のレースとなった(リタイヤ)。第3戦富士500マイルからは、ホシノレーシングはV型6気筒エンジン搭載のマーチ・85G/日産にマシンを変更した。

尚、まったくの純粋なレーシングマシンながら、「シルビアターボCニチラ」の名称でエントリーした。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ (英語) INSIDE IMSA'S LEGENDARY GTP RACE CARS. MBI Publishing Company LLC and Motorbooks. pp. p.32. ISBN 978-0-7603-3069-2 
  2. ^ MARCH 83G” (英語). Phil Stott Motorsport. 2010年5月7日閲覧。
  3. ^ Henry, Alan (1989) (英語). MARCH The Grand Prix & Indy Cars (First edition ed.). Richmond, Surrey: Hazleton Publishing. pp. p.253. ISBN 0-905138-65-1 
  4. ^ a b c March GT Prototypes” (英語). 2010年5月9日閲覧。
  5. ^ Starkey, John (2002) (英語). "LIGHTNING SPEED" The Nissan GTP & Group C Racecars. St. Petersburg, Flolida: Gryphon Publishers. pp. p.128. ISBN 0-9703259-4-0