萩原光

日本のレーシングドライバー

萩原 光(はぎわら あきら、1956年7月21日 - 1986年4月7日)は、レーシングドライバー神奈川県小田原市出身。星野一義の弟子。

萩原 光
Akira Hagiwara
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1956-07-21) 1956年7月21日
出身地 神奈川県小田原市
死没日 (1986-04-07) 1986年4月7日(29歳没)
死没地 宮城県柴田郡村田町
デビュー 1977年
過去所属 ホシノレーシング
ウォルターウルフレーシング
レイトンハウス
優勝回数 全日本F3選手権 3勝
過去参加シリーズ
1980 - 1981
1982
1982 - 1986
1983 - 1986
1985 - 1986
1983 - 1986
全日本F3選手権
全日本FP選手権
全日本F2選手権
富士GC
全日本ツーリングカー選手権
全日本耐久選手権

来歴・人物編集

14歳の時に無免許ではあったが、トヨタ・クラウンをこっそり運転し[1]、レーサーにあこがれを抱く。当時、免許取得前に車を運転したいと考え、最も早い手段が暴走族に入る事だったため、暴走族グループに所属していたこともあった。しかし萩原は集団暴走行為に興味はなく、速く走る技術を磨くことだけに関心があった。18歳で自動車運転免許取得。以後マツダ・サバンナ日産・フェアレディZと乗り継ぎ、峠道などで街道レーサーとして現状で出来得るテクニックを追求した[1]

東海大学付属相模高等学校卒業後、1974年に東海大学体育学部社会体育学科に在学し、教育実習で小田原市立城山中学で教鞭を取った。1977年7月24日富士ロングディスタンスシリーズ第2戦富士1000kmでレースデビュー。初めてサーキットを走るまでは箱根の峠道で自分は誰にも負けない、誰より速いと思い込んでいたが、サーキットでは全く通用しないと知ると悔しい思いとみじめな思いが交錯しショックを受けたという[1]。同シリーズ第5戦で2位となり初めて表彰台に立つ。参戦初期はTSクラス(TS=ツーリング・スペシャル。ベース車両が1200cc以下のツーリングカー)で腕を磨いた。

1978年になるとホームコースである富士スピードウェイだけでなく、筑波サーキット鈴鹿サーキットでのTSレースへ遠征、トリイ・サニーで参戦。富士フレッシュマンシリーズ第5戦で初優勝。

1979年、ヨコハマタイヤとスポンサー契約。以後ADVANスターレット、ADVAN東名サニーなどに搭乗する。筑波で1勝、富士で2勝を挙げる。東名自動車の先輩・高橋健二から紹介され星野一義宅を訪れ、萩原の無口で真面目な普段の話しぶりの奥底に、強い負けん気の強さと向上心が秘められていると知った星野は、萩原に直接技術的なことは言わなかったが師弟関係となり親交が始まった。

1980年、念願のフォーミュラーカーにデビュー。全日本F3選手権でランキング4位。第6戦富士では初ポールポジションを獲得。

1981年の全日本F3選手権では3勝、5回のポールポジション獲得と前年よりさらに速さを発揮。最終戦まで中子修とチャンピオン争いを展開したが、最終戦で萩原は自らのシフトミスからエンジン不調を招きリタイヤを喫し、中子に敗れランキング2位となった。同年11月には海外遠征しマカオグランプリフォーミュラ・パシフィッククラスにマーチ・80A(ニッサンLZ14エンジン)で参戦。予選は15位だったが、サバイバルレースとなった決勝で生き残り5位でチェッカーを受ける[2]

1982年、全日本フォーミュラ・パシフィック選手権にステップアップし、同年秋には全日本F2選手権デビュー。

1983年はフルエントリーとなった全日本F2に加えて、全日本耐久選手権(当時)に星野一義率いるホシノレーシングから参戦。マーチ・83G/日産の23号車で師弟コンビでの参戦となった。同体制での全日本耐久への参戦は、逝去年となる1986年まで継続されていた。毎年秋に富士ラウンドが開催されていた世界耐久選手権(WEC)にも参戦したほか、富士グランチャンピオンレースにもフル参戦。星野がヨーロッパF2参戦のため不在となった際には代役としてスーパーシルエットレースにも「スーパーシルエット・シルビア」で参戦した。

1985年からはF2・GC・全日本耐久と並行して全日本ツーリングカー選手権(JTC)への参戦を開始。

マネージャーの弟・萩原任とともにスポンサー獲得の営業活動をしていた際、のちにレイトンハウスとなる不動産業「丸晶興産」の代表・赤城明の賛同を得られ[3]、1984年の富士GCから萩原の駆るGCカーに丸晶興産のロゴが入れられ、1985年からは LEYTON HOUSE ロゴとなった。萩原はレイトンハウスの象徴的存在としてF2、GC、ツーリングカー(グループA・黒沢元治とのコンビ)各カテゴリーに参戦した。1986年には「レイトンハウス・レーシング」となり、エースとしての活躍が期待された。

また、1986年5月31日から6月1日に開催のル・マン24時間レースには日産NISMO)初参戦の大役が星野一義・松本恵二とのチームで決定していたが、それを目前にした4月7日レイトンハウスのグループA参戦車両であるメルセデス・ベンツ・190E 2.3-16のテスト走行中、スポーツランド菅生の当時の2コーナー(現在のレインボーコーナー)を曲がり切れず前面の岩肌に激突、同時に火を噴いた。マシンはさらに20メートル前方まで舞い上がり、コース外側のガードレールに乗り上げる形で停止したが、シフトレバーの金属部に右足を挟まれ、上半身を左窓から出し焼死した。享年29。ル・マンには萩原の代役として鈴木亜久里が参戦した(結果は総合16位完走)。

本来ならばこの菅生テストには参加せず、4月6日に開催された全日本耐久選手権の開幕戦・鈴鹿500kmレース決勝に出走し、翌7日は移動日のはずであった。しかし、鈴鹿で乗る予定だった日産・R86Vがフリー走行中に出火し、決勝参戦が不能となった。ここでスケジュールを変更し、ベンツ190Eのテスト走行のため、急遽菅生に向かったことがこの悲劇につながってしまった。

日本国内でのモーターレースシーンで、当時F1に一番近い若手レーサーと言われていた。

萩原の死去後、4月20日開催の全日本F2第2戦富士にて、萩原のレイトンハウスカラーのマシンが3台コース上に用意され、F2マシンに松本恵二、2台のGCカーに星野一義と高橋健二が搭乗し、3台での追悼走行が行われた。

レイトンハウス代表の赤城は、萩原の死によって以後のレース活動を継続するべきか悩んだが、萩原の遺族から辞めないでほしいとの願いを受けて活動は継続されることとなり、3レース欠場したあと萩原のF2シートの後任にはイヴァン・カペリが起用され翌年にはレイトンハウスと共にF1へ挑戦開始することとなる。弟の任もレイトンハウス・レーシングにマネージャーとして残り、1992年の全日本F3000での活動終了まで携わった。

13回忌にあたる1998年フォーミュラ・ニッポン第6戦・菅生の予選終了後、ホームストレート上で星野一義や影山正彦正美兄弟を中心に多くの関係者を集め、萩原が好きだったというコーヒー牛乳で献杯が行われた[4]

レース戦績編集

  • 1983年 富士グランチャンピオンレース ランキング 4位
  • 1984年 富士グランチャンピオンレース ランキング 7位
  • 1985年 富士グランチャンピオンレース ランキング 6位

全日本F3選手権編集

チーム 使用車両 車番 タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1980年 杉本タイヤサービス マーチ・793 16 DL SUZ
9
TSU
7
FSW
2
NIS
3
TSU
5
FSW
2
SUZ
Ret
SUZ
4
4位 66
1981年 ADVAN東名 マーチ・793 16 Y SUZ
2
TSU
1
FSW
2
NIS
4
SUG
C
TSU
2
NIS
1
SUZ
1
SUZ
12
2位 115

全日本F2選手権編集

チーム シャシー エンジン 車番 タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1982年 オートバックスADVAN東名 マーチ・822 BMW・M12/7 16 Y SUZ FSW SUZ SUZ SUZ
8
SUZ 20位 3
1983年 ACOMオートバックス東名 マーチ・822 BMW・M12/7 16 BS SUZ
10
FSW
6
MIN SUZ
12
SUZ
Ret
FSW
8
SUZ
Ret
SUZ
16
12位 10
1984年 ウォルター・ウルフ マーチ・832 BMW・M12/7 16 BS SUZ
6
FSW
7
MIN
4
SUZ
8
SUZ
4
FSW
Ret
SUZ
13
SUZ
Ret
7位 33
1985年 マーチ・852 BMW・M12/7 16 BS SUZ
5
FSW
4
MIN
7
SUZ
4
SUZ
DNS
FSW
12
SUZ
7
SUZ
7
7位 40
1986年 レイトンハウス マーチ・86J ヤマハ・OX66 16 BS SUZ
Ret
FSW MIN SUZ SUZ FSW SUZ SUZ NC -

全日本耐久選手権編集

所属チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1983年 ホシノレーシング   星野一義 シルビアターボCニチラ(マーチ・83G) C1 SUZ
Ret
SUZ
Ret
FUJ
7
NC 0
1984年   星野一義 C1 SUZ
13
TSU SUZ
12
FSW
Ret
NC 0
1985年   星野一義
  松本恵二
C1 SUZ
2
FSW
Ret
15位 35
  星野一義
  松本恵二
シルビアターボCニチラ(マーチ・85G) C1 FSW
Ret
SUZ
Ret
FSW
1
FSW
Ret
1986年   星野一義 日産・R86V C1 SUZ
DNS
FSW FSW SUZ FSW FSW NC -

世界耐久選手権編集

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1983年 ホシノレーシング マーチ・83G/日産 C MNZ SIL NÜR LMN SPA FSW
7
KYA 67位 4
1984年 C1 MNZ SIL LMN NÜR BRH MOS SPA IMO FSW
Ret
KYA SUN NC 0
1985年 マーチ・85G/日産 C1 MUG MNZ SIL LMN HOC MOS SPA BRH FSW
1
SHA 10
1986年 NISMO 日産・R86V C1 MNZ SIL LMN NOR BRH JER NÜR SPA FSW -

全日本ツーリングカー選手権編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1985年 Pダッシュ・スカイライン   都平健二 日産・スカイライン (DR30) DIV.3 SUG
1
TSU
2
NIS
3
SUZ
Ret
FSW
Ret
1986年 レイトンハウス   黒沢元治 メルセデス・ベンツ・190E DIV.2 NIS
Ret
SUG TSU SEN FSW SUZ NC 0

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c 萩原光 俺だけの運転テクニック 三推社講談社 1986年
  2. ^ Macau Grand Prix Macau, 15 Nov1981 Old Racingcars.com
  3. ^ レイトンハウス設立者の赤城明さんが亡くなる。バブル期のモータースポーツ界を席巻 オートスポーツweb 2018年8月9日
  4. ^ 『Racing On』No.275 ニューズ出版、1998年、p.122。

外部リンク編集

JAFモータースポーツ 国内競技結果リザルト