ミステリ批評家賞

ミステリ批評家賞(Prix Mystère de la Critique)は、フランス推理小説の賞。1972年、ジョルジュ・リーバン[注 1](Georges Rieben)とリュック・ゲスラン(Luc Geslin)により創設された。三十数名の評論家や作家がそれぞれ年間のベスト10を選び、最も得票数の多かった作品が受賞作となる。部門はフランス語作品部門と翻訳作品部門がある。

このような形式のため、一人の作家が複数回受賞することもある。フランス語部門で過去に2度受賞している作家にはアラン・ドムーゾン(1979、2001)、ティエリー・ジョンケ(1994、1999)、フレッド・ヴァルガス(1996、2000)、Jean-Hugues Oppel(1995、2006)、Pascal Dessaint(1997、2008)、Dominique Manotti(2002、2007)、Hervé Le Corre(2005、2010)がいる。3度以上受賞した作家はいない。

フランス語作品部門編集

日本語訳のある作家はカタカナで表記する。

著者 フランス語タイトル 日本語訳
1972 アルベール・シモナン Hotu soit qui mal y pense
1973 フレッド・カサック Nocturne pour assassin[1] 『殺人交叉点』(岡田真吉訳、東京創元社、1959年)
『殺人交差点』(荒川浩充訳、創元推理文庫、1979年)
『殺人交叉点』(平岡敦訳、創元推理文庫、2000年)
1974 ボワロー=ナルスジャック Le Secret d'Eunerville 『ウネルヴィル城館の秘密』(榊原晃三訳、新潮文庫、1974年)
1975 Raf Vallet Adieu Poulet
1976 ルイ・C・トーマフランス語版 La place du mort 『死のミストラル』(岡村孝一訳、ハヤカワ・ミステリ、1976年)
『死のミストラル』(岡村孝一訳、ハヤカワ・ミステリ文庫、1982年)
1977 A.D.G. L'Otage est sans pitié
ジョルジュ・J・アルノーフランス語版 Enfantasme
1978 ミシェル・グリゾリアフランス語版 L'Inspecteur de la mer 『海の警部』(篠原義近訳、ハヤカワ・ミステリ文庫、1982年)
1979 アラン・ドムーゾンフランス語版 Mes crimes imparfaits
1980 ジャン・ヴォートラン Bloody Mary 『鏡の中のブラッディ・マリー』(高野優訳、草思社、1995年)
1981 ジャン=フランソワ・コアトムールフランス語版 La Bavure 『引き裂かれた夜』(長島良三訳、角川文庫、1987年)
1982 ブリス・ペルマンフランス語版 Attention, les fauves 『穢れなき殺人者』(荒川浩充訳、創元推理文庫、1984年)
1983 ルネ・レウヴァンフランス語版 Elémentaire mon cher Holmes
1984 Tito Topin 55 de fièvre
1985 ピエール・マニャンフランス語版 La Maison assassinée
1986 Jean Amila Au balcon d'Hiroshima
1987 ディディエ・デナンクスフランス語版 Play-Back
1988 ダニエル・ペナック La Fée carabine 『カービン銃の妖精』(平岡敦訳、白水社、1998年)
1989 Patrick Raynal Fenêtre sur femmes
1990 ジョゼフ・ビアロフランス語版 Un Violon pour Mozart
1991 Jacques Syreigeol Une mort dans le Djebel
1992 トニーノ・ベナキスタフランス語版 La Commedia des ratés
1993 Jean-Bernard Pouy La Belle de Fontenay
1994 ティエリー・ジョンケフランス語版 Les Orpailleurs
1995 Jean-Hugues Oppel Brocéliande sur Marne
1996 フレッド・ヴァルガス Debout les morts 『死者を起こせ』(藤田真利子訳、創元推理文庫、2002年)
1997 Pascal Dessaint Bouche d'ombre
1998 Hugues Pagan Dernière station avant l'autoroute
1999 ティエリー・ジョンケフランス語版 Moloch
2000 フレッド・ヴァルガス L'Homme à l'envers 『裏返しの男』(田中千春訳、創元推理文庫、2012年)
2001 アラン・ドムーゾンフランス語版 La Promesse de Melchior
2002 ドミニク・マノッティフランス語版 Nos fantastiques années fric
2003 Claude Amoz Bois-Brûlé
2004 Michèle Rozenfarb L'Homme encerclé
2005 Hervé Le Corre L'Homme aux lèvres de saphir
2006 Jean-Hugues Oppel French Tabloïds
2007 ドミニク・マノッティ Lorraine connexion
2008 Pascal Dessaint Cruelles natures
2009 カリル・フェレフランス語版 Zulu
2010 Hervé Le Corre Les Coeurs déchiquetés
2011 Marin Ledun La Guerre des vanités
2012 Marcus Malte Les Harmoniques
2013 Olivier Truc Le Dernier Lapon
2014 ロマン・スロコンブフランス語版 Première Station avant l'abattoir
2015 ニコラ・マチューフランス語版 Aux animaux la guerre
2016 DOA Pukhtu : Primo
2017 Cloé Mehdi Rien ne se perd
2018 Franz Bartelt Hôtel du Grand Cerf
2019 Patrick Pécherot Hével

翻訳作品部門編集

著者 フランス語タイトル 原題 日本語訳
1972   ドナルド・E・ウェストレイク Pierre qui brûle The hot rock 『ホット・ロック』
1973–
1975
-
1976   アンドリュウ・ガーヴ Le Scandale Lester The File on Lester
1977–
1978
-
1979   エリック・アンブラー Les Trafiquants d'armes Passage of arms 『武器の道』
1980   ジャック・ヴァンス Méchant garçon Bad Ronald
1981   Malcolm Braly La Rue devient folle The Protector
1982   ロバート・ラドラム La Mémoire dans la peau The Bourne identity 『暗殺者』
1983 ジェームズ・マックレンドン La Cavale d'Eddie Macon Eddie Macon's run
1984   デレク・レイモンド On ne meurt que deux fois He died with his eyes open
1985   ウィリアム・P・マッギヴァーン La Nuit de l'égorgeur Night of the juggler 『ジャグラー ニューヨーク25時』
1986   ウィリアム・ベイヤー Une Tête pour une autre Switch 『すげ替えられた首』
1987   トム・トーパー L'Orchestre des ombres Coda 『最終楽章』
1988   ホルスト・ボゼツキー Robin des bois est mort Kein Reihenhaus für Robin Hood
1989   ジェイムズ・クラムリー Fausse Piste The wrong case 『酔いどれの誇り』
1990   ジェイムズ・エルロイ Le Grand nulle part The Big nowhere 『ビッグ・ノーウェア』
1991   トマス・ハリス Le Silence des agneaux The silence of the lambs 羊たちの沈黙
1992   ジェイムズ・リー・バーク Black cherry blues Black cherry blues 『ブラック・チェリー・ブルース』
1993   Francisco González Ledesma La dame de Cachemire La dama de Cachemira
1994   フィリップ・カー L'été de cristal March violets 『偽りの街』
1995   デレク・レイモンド Quand se lève le brouillard rouge Not till the red fog rises
1996   ケイレブ・カー L'Aliéniste The alienist 『エイリアニスト 精神科医』
1997   ロバート・ハリス Enigma Enigma 『暗号機エニグマへの挑戦』
1998   マイクル・コナリー Le Poète The Poet 『ザ・ポエット』
1999   アンドレア・カミッレーリ La Forme de l'eau La forma dell'acqua
2000   ヘニング・マンケル Le Guerrier Solitaire Villospår 目くらましの道
2001   ドナルド・E・ウェストレイク Le Contrat The hook 『鉤』
2002   ボリス・アクーニン Azazel Азазель 『堕ちた天使 アザゼル』
2003   デニス・ルヘイン Mystic River Mystic River ミスティック・リバー
2004   デオン・マイヤー Les soldats de l'aube Orion
2005   ウィリアム・ベイヤー Le Rêve des chevaux brisés The dream of the broken horses 『秘密の顔を持つ女』
2006   アーナルデュル・インドリダソン La Cité des jarres Mýrin 『湿地』
2007   フランシスコ・ゴンサレス・レデスマスペイン語版 Cinq femmes et demie Cinco mujeres y media
2008   ダニエル・ウッドレル Un hiver de glace Winter's Bone 『ウィンターズ・ボーン』黒原敏行訳、ACクリエイト、2011年。
2009   ジェイムズ・リー・バーク Dernier tramway pour les Champs-Elysées Last car to Elysian Fields
2010   ジャック・オコネル Dans les limbes The Resurrectionist
2011   William Gay La Mort au crépuscule Twilight
2012   スチュアート・ネヴィル Les Fantômes de Belfast The Ghost of Belfast 『ベルファストの12人の亡霊』
2013   ドナルド・レイ・ポロック英語版 Le Diable, tout le temps The Devil All the Time
2014   エミリー・セントジョン・マンデル英語版 On ne joue pas avec la mort The Singer's Gun
2015   シャロン・バーク英語版 9111 Black Flies
2016   ジェイク・ヒンクソンフランス語版 L’Enfer de Church Street Hell on Church Street
2017   ドン・ウィンズロウ Cartel The Cartel 『ザ・カルテル』峯村利哉訳、角川書店、2016年。
2018   Colin O’Sullivan Killarney Blues
2019   Gabriel Tallent My Absolute Darling

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 平岡敦(1998)ではジョルジュ・リーバン、権田萬治(2000)ではロジェ・リーバンとされている。

出典編集

  1. ^ 『殺人交叉点』は1957年に発表され、1972年に改稿版が出た。この改稿版がミステリ批評家賞を受賞している。

参考文献編集

  • 平岡敦「フランスのミステリ賞総まくり」(『ミステリマガジン』1998年4月号)
  • 権田萬治「ミステリー批評家大賞」権田萬治監修『海外ミステリー事典』新潮社、2000年、p.354

関連項目編集