モンクス・ミュージック

セロニアス・モンクのアルバム

モンクス・ミュージック英語: Monk’s Music)は、ジャズピアニストセロニアス・モンク1957年に録音・発表したアルバム。編成は一部の曲を除いて、モンク、レイ・コープランド英語版ジジ・グライスコールマン・ホーキンスジョン・コルトレーンウィルバー・ウェアアート・ブレイキーによる4管のセプテットである。

モンクス・ミュージック
セロニアス・モンクスタジオ・アルバム
リリース
録音 1957年6月25日-26日
ジャンル ジャズ
時間
レーベル リバーサイド・レコード
プロデュース オリン・キープニュース
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic4.5/5stars[1]
Pitchfork9.1/10[2]
The Rolling Stone Jazz Record Guide英語版5/5stars[3]
Encyclopedia of Popular Music英語版4/5stars[4]

解説編集

本作は4管+リズム・セクションのセロニアス・モンク・セプテット名義であるが、1曲目の「 アバイド・ウィズ・ミー 」 (セロニアス・モンクと同姓の19世紀の作曲家ウィリアム・ヘンリー・モンク英語版賛美歌) は、ホーン・セクションのみで[1]、3曲めの「 ルビー・マイ・ディア 」は、コールマン・ホーキンスとリズム・セクションのみで演奏されている。「ルビー・マイ・ディア」のアウトテイクは、『コンプリート1957リバーサイド・レコーディングス英語版』に収録されている[5]

また、Original Jazz Classics Remasters 版に含まれる「ブルース・フォー・トゥモロー」にもモンクは参加していないが、これは生産性の低かった初日のセッションにおいて、モンクが機嫌を損ね帰宅した後、利用可能な録音が欲しかったプロデューサーのオリン・キープニュースの頼みにより、残りのメンバーによって演奏されたものである[6]

2曲めの「ウェル、ユー・ニードント」のコルトレーンのソロの直前で、モンクが「コルトレーン!コルトレーン!」と叫んでいるのを聴くことができる。

本作は、モンクにとってステレオとモノラルの両方で発売された初めてのアルバムで、ステレオ版LPはモノラル版LPの9か月後の、1958年8月にリリースされた[7]。両版に収録されている演奏自体は同じものだが、モノラル版はステレオ版よりも近くに設置されたマイクによる録音を使用している[8]。また、オリジナルのステレオ版には「クレパスキュール・ウィズ・ネリー」が含まれていなかった[9]

評価編集

オールミュージックの専門家レビューは、本作に4.5/5の評価を与えている。評者のリンゼイ・プラナー (英語: Lindsay Planer) は、本作には「アンサンブルの素晴らしい相互作用」が含まれており、「エピストロフィー」はコルトレーンとモンクの最高の共演であると述べている[1]

収録曲編集

特記がないかぎり、セロニアス・モンクの作曲。

オリジナルLP編集

A面編集

  1. アバイド・ウィズ・ミー (英語: Abide with Me)」(ヘンリー・フランシス・ライト英語版ウィリアム・ヘンリー・モンク英語版)
  2. 「ウェル、ユー・ニードント (英語: Well, You Needn’t)
  3. 「ルビー、マイ・ディア (英語: Ruby, My Dear)

B面編集

  1. 「オフ・マイナー (英語: Off Minor、テイク5)
  2. 「エピストロフィー (英語: Epistrophy)」(モンク、ケニー・クラーク)
  3. 「クレパスキュール・ウィズ・ネリー (英語: Crepuscule with Nellie、テイク6)[† 1]

1987年版CD編集

  1. 「アバイド・ウィズ・ミー」 (ライト、W・H・モンク) – 0:51
  2. 「ウェル、ユー・ニードント」– 11:24
  3. 「ルビー、マイ・ディア」– 5:26
  4. 「オフ・マイナー (テイク5)」– 5:07
  5. 「オフマイナー (テイク4)[† 2][† 3] – 5:12
  6. 「エピストロフィー」 (モンク、クラーク) – 10:45
  7. 「クレパスキュール・ウィズ・ネリー (テイク6)」– 4:37
  8. 「クレパスキュール・ウィズ・ネリー (テイク4 & 5)[† 2][† 3] – 4:43[10]

2011年版CD (Original Jazz Classics Remasters)編集

  1. 「アバイド・ウィズ・ミー」 (W・H・モンク) – 0:55
  2. 「ウェル、ユー・ニードント」– 11:23
  3. 「ルビー、マイ・ディア」– 5:25
  4. 「オフ・マイナー (テイク5)」– 5:10
  5. 「エピストロフィー」 (モンク、クラーク) – 10:46
  6. 「クレパスキュール・ウィズ・ネリー (テイク6)」– 4:46
  7. 「オフマイナー (テイク4)[† 2] – 5:15
  8. 「クレパスキュール・ウィズ・ネリー (テイク4 & 5)[† 2] – 4:39
  9. 「ブルース・フォー・トゥモロー (英語: Blues for Tomorrow)[† 2][† 3] (グライス) – 13:33[11]
  1. ^ モノラル盤にのみ収録。
  2. ^ a b c d e オリジナルLP未収録
  3. ^ a b c 初収録。

演奏メンバー編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c Planer, Lindsay. “Monk's Music - Thelonious Monk Septet, Thelonious Monk | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ Monk's Music”. Pitchfork (2017年3月12日). 2011年1月7日閲覧。
  3. ^ Swenson, J., ed (1985). The Rolling Stone Jazz Record Guide. USA: Random House/Rolling Stone. pp. 145. ISBN 0-394-72643-X 
  4. ^ Larkin, Colin (2007). Encyclopedia of Popular Music (4th ed.). Oxford University Press. ISBN 978-0195313734 
  5. ^ Jurek, Thom. “The Complete 1957 Riverside Recordings - Thelonious Monk | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2021年1月7日閲覧。
  6. ^ a b May, Chris (2011年4月24日). “Thelonious Monk: Monk's Music album review @ All About Jazz”. All About Jazz英語版. 2021年1月7日閲覧。
  7. ^ Editorial Staff, Cash Box (1958年8月9日). “August Album Releases”. The Cash Box (New York: The Cash Box Publishing Co. Inc.). https://worldradiohistory.com/hd2/IDX-Business/Music/Archive-Cash-Box-IDX/50s/1958/CB-1958-08-09-OCR-Page-0031.pdf 2020年5月2日閲覧。 
  8. ^ Thelonious Monk Monk’s Music (1957) Riverside”. LondonJazzCollector (2012年8月14日). 2020年12月1日閲覧。
  9. ^ Thelonious Monk Septet - Monk's Music (1958, Vinyl)”. Discogs. 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ Thelonious Monk Septet - Monk's Music (1987, CD)”. Discogs. 2020年12月1日閲覧。
  11. ^ Thelonious Monk - Monk's Music (2011, CD)”. Discogs. 2020年12月1日閲覧。

外部リンク編集