水野あおい

日本の女性元アイドル歌手

水野 あおい(みずの あおい、1975年昭和50年)11月20日 - )は、埼玉県生まれの元・女性アイドル歌手。90年代アイドル。本名は大河内 庸子(おおこうち ようこ)。

水野 あおい
Aoi 95to07.jpg
1995年12月撮影
基本情報
出生名 大河内 庸子
(おおこうち ようこ)
生誕 (1975-11-20) 1975年11月20日(45歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
ジャンル J-POP
活動期間 1992年 - 2000年
2020年 -(ネット限定)
レーベル センチュリーレコードバンダイミュージックダイキサウンド
事務所 メリーゴーランドアルテミスプロモーション最終所属
アイドルショット(ネット限定)

後述のとおり、引退後20年を機に、ネット限定で活動を再開している。

概要編集

地下アイドルライブアイドルといわれるジャンルの草分け的存在。ツインテールフリル付きドレス(ロリィタファッションの先駆け)という出で立ちが特徴で、1990年代の「アイドル冬の時代」にあって、アイドル歌謡を歌う正統派アイドルを貫き、プレアイドル(後のライブアイドル)現象の原型となった[1][2]

アルテミスプロモーション所属で、ライブアイドルの実践的方法は同社社長の野間真と水野の活動によってつくられた面も大きい。公式ファンクラブは「おやゆび姫」。

声優アイドルやライブアイドルで、水野の影響を受けた者は多く、その代表格である桃井はるこ田村ゆかりは水野に度々言及している[注 1][注 2]

略歴編集

メリーゴーランド所属~アルテミスプロモーション独立まで編集

  • 1991年(平成3年):メリーゴーランドに履歴書と歌を吹き込んだカセットを送る。オーディションには受からなかったが、同事務所のアイドルグループQlairの当時のマネージャーが履歴書に関心を示し、野間真に渡したのがきっかけとなり、野間は大河内と面接し、取りあえずレッスンを受けさせることにした[8]。12月、雑誌Momoco 主催のクリスマスパーティに参加。初のイベント出演となる。
  • 1992年(平成4年):5月より水野あおいの芸名で活動開始。雑誌SPA!5月13日号で“ちっちァイドル”(身長の低い―150cmそこそこ、またはこれを下回る―アイドル)として採り上げられる。10月13日から日比谷シャンテサテライトスタジオにて定期的にDJとして出演開始(1994年11月23日出演をもって降板)。11月3日から1993年9月13日までの約10ヶ月間、歌姫伝説ライブに定期的に出演[9]
  • 1993年(平成5年):3月19日に3人組の女性アイドルグループフェアリーテール(他のメンバーは菊池奏衣、浅山美月)としてデビュー、ファーストシングル「不思議の国のフェアリーテール」をリリースした。しかし、7月9日には解散告知が発表され9月19日に解散。水野は事務所のスタッフ・野間真とともに独立、有限会社アルテミスプロモーションを設立。公式ファンクラブ「おやゆび姫」も設立し、18歳となった11月20日に第1回ファンの集いとして、そのファンクラブの結成式が行われた[10]。また菊池と浅山(後に渡辺幸恵と改名)は11月21日に別グループ「Tiara」を結成し、芸能活動を継続した。

ソロデビュー後~引退まで編集

  • 1994年(平成6年):アルテミスの所属第1号アイドル歌手としてソロデビュー。1月12日にファーストシングル「恋なのかな???」をリリース。3月12日にセカンドシングル「春の輝き/金のボタン」発売。月刊カメラマン5月号より「あおいの業界支店」連載開始(1996年12月号で連載終了)。19歳となった11月20日当日、六本木Rホールにて初のお誕生日コンサート開催。12月16日サードシングル「見つめていたい」発売[11]
  • 1995年(平成7年):5月13日、万世橋警察署にて一日警察署長を務める。7月21日にファーストアルバム「天使のおひるね」、続く8月2日に4枚目シングル「恋のはじまり」発売。10月には「フジカラースーパー写ルンです」で江戸時代のアイドル役としてCM出演。11月17日に5枚目シングル「とまどい」発売、20歳の誕生日直後の11月23日に目黒区民センターにて2回目のお誕生日コンサートを開催[12]
  • 1996年(平成8年):3月21日、セカンドアルバム「Aoi Special Edition~フリル通りのくますけ~」発売、5月17日、6枚目シングル「楽園~パラダイス~」発売。5月25日から6月2日まで、東名阪ライブツアー開催。10月18日、7枚目シングル「がんばれMy Friend」、続く11月21日にサードアルバム「dear my friend.」を発売、21歳誕生日直後の11月23日に赤坂草月ホールにて3回目のお誕生日コンサート開催[13]
  • 1997年(平成9年):3月29日~31日、おやゆび姫ファンの集いお泊まり会、これまでは国内だったが今回海外(サイパン)で初開催。5月21日発売SPA!「ニュースな女たち」に掲載、7月5日、8枚目シングル「夏の恋人」発売後、7月26日~8月10日にかけて「あおいちゃんと夏休み」ツアー全国主要都市8か所で開催。10月21日、9枚目シングル「Ring a Ding~倫子のテーマ~」発売。22歳になった直後の11月24日、駒場エミナースにて4回目のお誕生日コンサート開催。12月17日、4枚目アルバムならびにベストアルバム「Aoi century Years」発売[14]
  • 1998年(平成10年):1月15日~17日に名古屋・京都・大阪にてウインターライブツアー開催し、1月21日、10枚目シングル「ピンクのたんぽぽ」発売。2月14日、高田馬場AREAにてバレンタインライブ開催(2回開催で夜開催のみ森下純菜も出演)。4月21日、5枚目アルバム「sweet sweet sweetie」発売[注 3]、そのアルバムタイトルを冠したライブツアーが5月10日~6月7日まで札幌・名古屋・大阪・東京恵比寿にて開催。9月5日、11枚目シングル「秋風の午睡(シエスタ)」発売。23歳誕生日直前の11月15日、四谷区民センターにて5回目のお誕生日コンサート開催[15]
  • 1999年(平成11年):2月11日、12枚目シングル「Super Happy World」発売、4月29日~5月23日、ライブツアー「Happy Would Tour~幸せになろう!~」を名古屋・京都・大阪・東京渋谷の4ヵ所で開催。6月25日、13枚目シングル「"KI.RE.I"」発売、8月15日~29日、そのシングル曲を冠したツアー「Summer Live’99-HEAT UP "KI.RE.I"-」を大阪・東京恵比寿で開催。10月21日~25日、おやゆび姫ファンの集いお泊まり会、2回目の海外(オーストラリアケアンズ。森下純菜との合同)開催、24歳となった当日の11月20日、クラブチッタ川崎にて6回目のお誕生日コンサート開催[注 4][16]
  • 2000年(平成12年):1月21日、14枚目シングルおよびラストシングル「Love Song」発売[注 5]、2月5日~6日、おやゆび姫ファンの集い、最後のお泊まり会を福島県猪苗代で開催[注 6]。2月13日、「Love Songs for…」ライブの大阪会場にて芸能活動引退を発表し、3月20日、東京渋谷で開催の「Final Live "Love Songs For…"」をもって引退。水野本人の引退により、ファンクラブ「おやゆび姫」も、5月発行の会報最終号をもって解散した[17]

引退後~ネット限定で活動再開まで編集

  • 2004年(平成16年):6月30日、有限会社アルテミスプロモーション解散。
  • 2020年(令和2年)
    • 5月4日、引退(Twitterアカウントのトップ画像によれば活動休止)後20年を機にTwitterアカウントとホームページを開設、ネット限定で活動再開[18]
    • 9月20日渋谷TAKE OFF 7で開催された森下純菜ライブ「純菜降臨33」にて声のみのリモート出演を果たす。引退後20年ぶりに「Little Greetings」にて歌声を披露(水野あおいのパートは本人による新規録音の音源使用)[19]
    • 11月21日、45歳の誕生日翌日となったこの日、引退20周年記念バースデートークイベント「あおあおのZOOM DEらんざん・おきてきたくますけ」が、オンラインイベントとして開催された[20]

出演番組編集

出演した多数のアイドルの中でも衣装等でキャラが立っていて、レギュラーであった。「一日ホームレスキャンペーン」と称して、ホームレスに手伝ってもらいながらダンボールで住まいを作り、キャンペーンを行ったり、テレクラに電話させられたりした。
第124回放送年末2時間スペシャル中の「緊急企画キャリー東野のアイドル虎の穴」に井上麻美新島弥生みるく祭小春MASK[要曖昧さ回避]平成おんな組ピンクサターン、早瀬ちさと、SHIHOらと共に女子レスラーとして出演し、キャリー東野こと東野幸治と7組目の対戦相手として戦った。対戦中は自分の持ち曲が流れ、水野の回は「見つめていたい」が流れた。受けた技はパワーボム等。
番組内コーナーの日産音楽相撲「土俵DEドン!」にマンスリーゲストとして出演。日産の営業所や工場に赴き、公開生放送形式で観客とイントロクイズバトルを行う。7月1日松飛台営業所、7月8日かしわ営業所、7月15日袖ヶ浦営業所、7月22日千葉ニュータウン営業所、7月29日日産ディーゼル上尾工場の計5回出演[22]
第29回「矢部に趣味を!」にて「矢部に趣味を!③アイドル親衛隊」で応援対象のアイドルとして30~40人ほどのファンと共に出演。矢部はファンと共にコールの練習し、その後、応援しながらライブを鑑賞した。
第3期に不定期の出演。

逸話等編集

  • 好きなアイドルは松田聖子中嶋ミチヨなどだった。アイドルの衣装にあこがれて芸能活動を開始した。また、デビュー当時の持ち曲が少ない時のイベントでは、高橋由美子の楽曲も歌っていた。
  • 歌唱力には定評があり、CDのレコーディングは数テイクで終わらせていたという。
  • プロフィール上では身長152cmとあったが、本当は150cm以下だったと後に本人談。
  • 活動時期がインターネット普及黎明期だった為、イベント告知はフライヤーの他に不定期更新の水野本人の声によるテレホンサービスや、水野本人手書きのEYE-NET(アイネット)情報FAXがあった。
  • ゲーマーでありパズル系やレース系が得意であった。スーパーマリオスタジアムに出演した際、コーナー「スタチャレクイズ!!」にてスーパードンキーコング2のゴースターレース(NPCとレースして着順を競う面)にチャレンジし、四組の解答者が順位予想を行った。この四組の予想を裏切り、着順1位でゴールするという腕前を披露した。
  • 1994年11月3日放映、『天使のU・B・U・G』第4回で、一日ホームレス体験という特集があり、水野は正統派アイドルの身なりのまま、段ボールハウスの作り方などを新宿のホームレスに教わりながら、ホームレスの体験をしつつ、路上で歌って曲のキャンペーンを行うという企画を行わされた。敢えて極端な環境を設定するリアリティーショーの一種であったが、その過酷な内容にも関わらず水野とホームレスの男性たつさん(仮名)(放映時のテロップによる)の間には徐々に交流が生まれ、水野はアイドル歌手として一分の隙もなく振る舞い続け、むしろ感動を呼んだ[1]。コーナー中、実際にCDを売り上げているシーンも放映された。
  • 1995年2月2日放映、『天使のU・B・U・G』第13回のテレクラ体験企画「声でイカせて!U・B・U・G テレクラプロモーション対決!!」にピンクサターンのヨーコと共に出演。水野は男性1名とアポを取って実際に新宿アルタ前で会い、シングルCD「見つめていたい」を2枚販売、その他に通行人に声をかけて3枚販売し合計5枚を売り上げた。一方ヨーコはアポを取った人物と会えず、フィギュアを売ることが出来なかった。
  • めちゃ2イケてるッ!に出演したこともある為、ナインティナインの矢部がラジオで応援していると発言。
  • 4thシングル「恋のはじまり/Dan Dan」等で使われている野外写真は富士箱根伊豆国立公園大室山のふもと付近で撮影された[23]

音楽編集

シングル編集

収録曲 発売日 規格品番 作詞 作曲 編曲 備考
恋なのかな???
/妹からはじめたい
1994年1月21日 CD-S:CEDC-10361 桔梗信治 松本俊明 山田彗 ボーナストラック「あおいちゃんのおしゃべり」
春の輝き
/金のボタン
1994年3月18日 CD-S:CEDC-10374 沢田聖子 沢田聖子 宮原恵太
見つめていたい
/あおい伝説
1994年12月16日 CD-S:CEDC-10469 沢田聖子 沢田聖子 勝又隆一
恋のはじまり
/Dan Dan
1995年8月2日 CD-S:CEDC-10530 有森聡美 ヤギハシカンペー ヤギハシカンペー
とまどい
/ブルートパーズの指輪
1995年11月17日 CD-S:CEDC-10562 沢田聖子 沢田聖子 戸塚修
楽園~パラダイス~
/夢見るハート
1996年4月19日 CD-S:CEDC-10583 沢田聖子 沢田聖子 ヤギハシカンペー 月刊TVパワーギャングオープニングテーマ
がんばれ My Friend
/クリスマスモーニング
1996年10月18日 CD-S:CEDC-10618 きさらぎひとみ ヤギハシカンペー ヤギハシカンペー
/水沢晶子 ヤギハシカンペー ヤギハシカンペー
夏の恋人
/SUNSHINE SUNDAY
1997年7月5日 CD-S:APDA-223 沢田聖子 沢田聖子 宮原恵太 センチュリーレコードからバンダイミュージックに移籍
Ring a Ding~倫子のテーマ~
/狼なんか怖くない
1997年10月21日 CD-S:APDA-236 水沢昌子 萩原渚 菊池和久
/阿久悠 吉田卓郎 菊池和久
企業戦士YAMAZAKI」イメージソング
ピンクのたんぽぽ
/ホワイトバレンタイン
1998年1月21日 CD-S:APDA-245 水沢昌子 辰巳文康 菊池和久
/水沢昌子 関口洋平 菊池和久
秋風の午睡(シエスタ)
/せつない片想い
1998年9月5日 CD-S:APDA-262 水沢晶子 関口洋平 関口洋平
/水沢晶子 近藤剛 関口洋平
Super Happy World
/あいのきせき
1999年2月1日 CD:DHC-1 三井ゆきこ 三井ゆきこ 久保田邦夫 ダイキサウンドに移籍。ジャケットサイズが通常版形式になる。
“KI.RE.I”
/瑠璃色ビーズ
1999年6月25日 CD:DHC-4 三井ゆきこ 三井ゆきこ 久保田邦夫
/水沢晶子 石崎智子 久保田邦夫
Love Song
/Blue Bird
/NOBODY CATCHES ME!
2000年1月21日 CD:DHC-8 水沢晶子 喜田恒 鈴木英利
/水沢晶子 ヤギハシカンペー ヤギハシカンペー
/水沢晶子 ヤギハシカンペー ヤギハシカンペー
ラストシングル

アルバム編集

アルバム名 発売日 規格品番 収録曲 備考
天使のおひるね 1995年7月21日 CECC-10525
  1. あおい伝説
    (オルゴールバージョン)
  2. 春の輝き
    (アルバムバージョン)
  3. 泣かないで愛が遠くても
  4. 勇気をください
  5. 天使のおひるね
  6. 恋のはじまり
    (アルバムバージョン)
  7. 元気だして
    ~昔のままで~
  8. あおい伝説
    (アルバムバージョン)
初アルバム
Aoi Special Edition
~フリル通りのくますけ~
1996年3月21日 CECC-10580
  1. モーニング・コール
    見つめていたい
  2. 恋なのかな???
  3. フリル通りのくますけ
    ~第一話~
  4. 妹からはじめたい
  5. フリル通りのくますけ
    ~第二話~
  6. ブルートパーズの指輪
  7. Dan Dan
  8. ~おやすみ。~
水野あおい原案による
オリジナル童話収録
dear my Friend. 1996年11月21日 CECC-10628
  1. かなわぬ想い
  2. あなたがおうちにやってくる
  3. がんばれMy Friend
  4. 粉雪の季節の前に
  5. 楽園~パラダイス~
  6. 硝子の天使
  7. 恋のじゅもん
  8. とまどい
  9. 夕闇がふたりを包む頃には
    ~SUNSET BLUE HILL~
  10. ホントの幸せ
各曲、本人の解説付
Aoi Century Years 1997年12月17日 CECC-10672 4枚組の全曲集
Sweet Sweet Sweetie 1998年4月21日 APCA-216
  1. バニラアイス
    ~夢の中に描いた空~
  2. ときめきは土曜の午後3時
  3. 空と海と青いカイト
  4. Let's Try!
  5. 青春の忘れもの
  6. あしたへ…
  7. 星降る夜のおとぎ話
バンダイミュージック移籍
ラストアルバム

Fairy Taleとしてのリリース編集

  1. 不思議の国のフェアリー・テール/青空のカウントダウン[24]
    1993年3月19日発売(CD-S:CDDA-10212)、センチュリーレコード
    作詞:石川あゆ子/作曲:高橋ひろ/編曲:相場裕介
    ソロになる前に所属していたアイドルグループ「Fairy Tale」のメンバーとして参加した。
    初回のみカラー写真集(アルバムとの連動応募券)付き。
  2. Fairy Tale(アルバム)[24]
    1993年5月21日発売(CD:CECC-10239)、センチュリーレコード
    1.不思議の国のフェアリー・テール(Album version)
    2.避暑地の森の天使たち(Lead Vocal浅山美月)
    3.夏休みは終わらない(Lead Vocal菊地奏衣)
    4.真赤な自転車(Lead Vocal水野あおい)
    5.おニャン子クラブ・メドレー
    6.青空のカウントダウン(Album version)
    7.不思議の国のフェアリー・テール(Single version)
    歌詞カードは広げるとジャンボポスターになる仕様だった。
  3. おニャン子クラブ・メドレー[24]
    1993年7月7日発売(CD-S:CEDC-10256)、センチュリーレコード
    1.おニャン子クラブ・メドレー(SPECIAL SINGLE VERSION):セーラー服を脱がさないで~うしろゆびさされ組~TOO ADULT~バレンタイン・キッス~冬のオペラグラス~涙の茉莉花LOVE~天使のボディーガード~深呼吸して~じゃあね
    2.夏休みは終わらない(SPECIAL SINGLE VERSION)
    3.おニャン子クラブ・メドレー(カラオケ)
    初回のみブロマイド封入。

その他編集

  1. Little Greetings[25](作詞・作曲 三井ゆきこ、編曲 久保田邦夫)
    2000年3月20日に渋谷ON AIR EASTにて公演された「最初で最後の(?)アルテミス祭り」の入場者特典。
    水野あおいの引退に合わせて作成された曲で、森下純菜とのデュエットソングである。

映像編集

ビデオソフト編集

全てVHSで販売、アルテミスプロモーションの自社制作。現在は廃盤となっている。

タイトル コード 収録時間 備考
水野あおい お誕生日コンサート
~日本一のアイドルをめざして~
1994/11/20 六本木Rホール
AOIV-001 90分 誕生日コンサートの初映像化ソフト
フリル VOL.1 AOIV-02 45分 ミニコーナー、MVなど収録
水野あおい お誕生日コンサート'95
~日本一のアイドルをめざして~
1995/11/23 目黒区民センター
AOIV-03 80分 95年の誕生日コンサートの映像化ソフト
フリル VOL.2 AOIV-04 45分 MV、ゲームチャレンジ、ライブ映像など
フリル VOL.3 AOIV-05 45分 振付講座、サイパンロケ日記など収録
水野あおい お誕生日コンサート'96
~あおいの"これがアイドル"
1996/11/23 目黒区民センター
AOIV-07 110分 96年の誕生日コンサートの映像化ソフト
ノーカット収録
フリル VOL.4 AOIV-08 フリルシリーズ第4巻
プチフリル VOL.1 AOIV-11
スーパーフリル 1st side AOIV-12 30分 衣装ショーなど収録
スーパーフリル 2nd side AOIV-13 30分 衣装ショーなど収録
水野あおい Autumn Consert '98

~あおいのファッションコンサート~

~あおいのこれがアイドル~

AOIV-14 45分 98年11月15日の公演を収録
フリル VOL.5 AOIV-15 45分 フリルシリーズ第5巻
'99 Autumn Concert
~あおいのBirthday~
1999/11/20 CLUB CITTA'川崎
AOIV-16 99年の誕生日コンサート
夜の部の映像化ソフト

その他編集

  1. 企業戦士YAMAZAKI(1995年)
    OVA作品に声優として尾崎実里役、イメージソングとして『“Ring a Ding(倫子のテーマ)”』が採用された。
  2. 地球防衛少女イコちゃん(1995年)
    文部省選定の防犯教育ビデオ映画「地球防衛少女イコちゃん」に出演。水野の配役はカエデ隊員だった。
  3. CM「スーパー写ルンです」(富士フィルム、1995年)
    あんみつ姫の様な服装に三味線を携えた姿で「お駒」として出演。スーパー写ルンですの商品と共にスナップ写真のような画像でCMの最後に映る。10月6日から約1ヵ月間放送された。

参加作品編集

  1. 影牢 〜刻命館 真章〜 ORIGINAL SOUND TRAX
    「Frozen Dark Night」で参加。ゲーム未使用のイメージソング。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「元祖アキバ系アイドル」ともされる桃井はそもそも水野の追っかけをやっていたほどの熱烈なファンで[3]、著書『アキハバLOVE』や、引退コンサートで田村と同席したこと[4]など、水野あおいに数多く触れている。
  2. ^ 田村は"超アイドル声優"とも言われるが[5]、「本物のアイドルは水野あおいさんです」[6]といった発言の他、引退コンサートへも出席している[7]
  3. ^ 事実上、引退前最後のアルバムとなった
  4. ^ 事実上、引退前最後のお誕生日コンサートとなった。開催日時点では引退発表前だった
  5. ^ 発売日時点では引退発表前だった
  6. ^ 開催直後の時点では引退発表前だった

出典編集

  1. ^ a b 太田省一 『アイドル進化論』 pp.190-192
  2. ^ 中森明夫 『アイドルにっぽん』 42-45頁
  3. ^ 『アイドルバビロン』 pp108-1118
  4. ^ 「00年渋谷のライブハウスで伝説のアイドル水野あおいちゃんの引退ライブの客席に田村ゆかりさんとモモーイが観に行ってたのって、70年代マンチェスターでピストルズのライブに後のジョイディヴィジョンやシンプリーレッドのメンバーがいたことと相似してる?とか妄想してた(*'-'*)」Twitter / momoiktkr 12:12 PM - 9 Jun 2011
  5. ^ 【衝撃事件の核心】34歳熱烈ファンが「ゆかりん」にラジオを投げつけた“動機”…「王国民」を怒らせた超アイドル声優の“告白”(1/5ページ) - MSN産経west
  6. ^ 山田ゴメス事務所 収録REPORT #65 : Yukari Tamura @ 渋谷でチュッ!
  7. ^ 『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ 第219回 2007年06月09日放送』 18:00
  8. ^ あおいちゃんイベントデータベース1991年
  9. ^ あおいちゃんイベントリスト1992”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月13日閲覧。
  10. ^ あおいちゃんイベントリスト1993”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月13日閲覧。
  11. ^ あおいちゃんイベントリスト1994”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月12日閲覧。
  12. ^ あおいちゃんイベントリスト1995”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月12日閲覧。
  13. ^ あおいちゃんイベントリスト1996”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月12日閲覧。
  14. ^ あおいちゃんイベントリスト1997”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月13日閲覧。
  15. ^ あおいちゃんイベントリスト1998”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月13日閲覧。
  16. ^ あおいちゃんイベントリスト1999”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月13日閲覧。
  17. ^ あおいちゃんイベントリスト2000”. akibahara.akiba.coocan.jp. 2020年5月13日閲覧。
  18. ^ 所属事務所のTwitterより
  19. ^ 森下純菜ホームページ「junna.tv」スケジュールより https://junna.tv/schedules.html
  20. ^ 水野あおいホームページより https://mizunoaoi.com/
  21. ^ 天使のU・B・U・G 無頼横町
  22. ^ あおいちゃんイベントデータベース1995年
  23. ^ 撮影者・大山文彦氏の発言
  24. ^ a b c Fairy Tale(ふぇありーてーる)ディスコグラフィ
  25. ^ あおいちゃんイベントデータベース2000年

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集