メインメニューを開く

ラストスタンド』(原題: The Last Stand)は、キム・ジウン監督による2013年アメリカ合衆国アクション映画である。『ターミネーター3』以来となるアーノルド・シュワルツェネッガーの主演作品である。また、キム監督にとっては初めてのアメリカ映画である。

ラストスタンド
The Last Stand
The Last Stand Titelschriftzug.jpg
監督 キム・ジウン
脚本 アンドリュー・クノアー
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
製作総指揮 ガイ・リーデル
マイケル・パセオネック
マイキー・リー
エドワード・フィー
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
ロドリゴ・サントロ
フォレスト・ウィテカー
ピーター・ストーメア
エドゥアルド・ノリエガ
ザック・ギルフォード
ジェイミー・アレクサンダー
音楽 モグ
撮影 キム・ジヨン
編集 スティーヴン・ケンパー
製作会社 ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 松竹/ポニーキャニオン
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年1月18日
日本の旗 2013年4月27日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $48,050,299[2]
3億4200万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

公開週の興行収入は米国では9位と振るわなかったが、日本では3億4200万円と大ヒットした。Rotten Tomatoesのレビュー評は5.7/10。

目次

ストーリー編集

かつてロサンゼルス市警察の敏腕刑事であったレイ・オーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)。年を重ねて第一線を退き、アメリカ合衆国とメキシコの国境付近の町・ソマートンで保安官として静かな生活を送っていたが、ある日彼の元にFBIから緊急の電話が入る。移送中の凶悪犯罪者が仲間の助けを得て脱走し、時速400キロを出せるシボレー・コルベットZR1の改造モデル車でFBIを振り切り、メキシコへの国境越えの途中に位置するこの町へ向かっている可能性があるという。その連絡は、国境付近の老農場主を訪ねたベイリー保安官補が、コルテスの部下たちと遭遇し、射殺されるに至って、現実のものとなる。警察や州兵の応援も間に合わないという状況下、「最後の砦(ラストスタンド)」となったオーウェンズとその仲間たちが、町の武器マニアが集めていた新旧の銃器を手に、最新鋭の兵器で武装した犯罪者グループと戦う。

キャスト編集

レイ・オーウェンズ保安官
演 - アーノルド・シュワルツェネッガー[4]、日本語吹替 - 玄田哲章
保安官。移民。元ロサンゼルス市警察の麻薬捜査課精鋭部隊に所属していたが、ある事件を解決する際に仲間7人を失って自らも負傷し、叙勲されるも退職してソマートンの保安官に転ずる。勤勉な性格で街の多くの住民から頼りにされている。太り始めた体型と年齢が気になっているようだが、体力や銃器の扱いは多少の自信あり。愛車はシボレー・シルバラードのパトカー。
ジョン・バニスター捜査官
演 - フォレスト・ウィテカー、日本語吹替 - 立木文彦
FBI捜査官。コルテスを護送する任務のリーダー。当初はレイを田舎者の保安官として見くびっていたが、彼の正確な情勢判断や行動力を知って考えを改める。
ルイス・ディンカム
演 - ジョニー・ノックスビル、日本語吹替 - 西凜太朗
本作のコメディリリーフ。武器マニアで、街の工場に「武器博物館」と称して数多くの武器を保管しており、中には違法所持の疑いがあるものも含まれる。お気に入りの所持品には一つ一つ名前を付けている。現代の銃火器のほか、両大戦時の全自動火器や機関砲、中世の騎士の剣や盾、日本の兜といった変わった武器もある。コルテス一味に対抗するため、オーウェンズから求められて武器・弾薬を提供し、臨時の副保安官に任命される。
フランク・マルチネス
演 - ロドリゴ・サントロ、日本語吹替 - 咲野俊介
かつては文武両道で陸上競技のホープだったが、堕落して泥酔し、保安官に暴行危害を加えた罪で投獄される。サラの元恋人で、彼女のことを今でも愛している。ジェリーとは親友。ジェリーの死後、そのバッジを引き継ぎ、副保安官としてコルテス一味の侵入を食い止める。
サラ・トーランス副保安官
演 - ジェイミー・アレクサンダー、日本語吹替 - 林真里花
保安官事務所の唯一の女性。真面目な性格でフランクの恋人だったが、愛想を尽かして別れた。コルテス一味との戦闘では屋上からの監視と狙撃を担当。
マイク・“フィギー”・フィゲロラ副保安官
演 - ルイス・ガスマン、日本語吹替 - 宝亀克寿
肥満体で中年の副保安官。テンガロンハットをかぶっている。事なかれ主義者だが正義感は強い。当初はコルテス一味との対決を、多勢に無勢として避けようと主張していた。
ガブリエル・コルテス
演 - エドゥアルド・ノリエガ、日本語吹替 - 桐本琢也
本作の悪役。ラスベガスの麻薬王であり、メキシコ移民。巨大麻薬組織の3代目首領であり、軍隊並みに武装した手下たちを操る。匿名で公式レースに参加するほど運転技術が高い。黒のシボレー・コルベットZR1を操り、卓越した運転技術で検問の警官隊やSWAT部隊を翻弄し、一路メキシコを目指す。
トーマス・ブレル
演 - ピーター・ストーメア、日本語吹替 - 大塚芳忠
コルテスの右腕。西部劇時代の拳銃コルトM1851 ネイビーを所持している。先行してソマートンに到着し、コルテスの逃亡の便宜を図るため、国境の渓谷に工作する。口調は穏やかな皮肉屋だが、その実は警官殺しすらなんとも思わない怜悧酷薄な男。
ジェリー・ベイリー副保安官
演 - ザック・ギルフォード、日本語吹替 - 浪川大輔
若き副保安官。間の抜けた所もあるが、若さ故に大きな仕事をしたい願望が強い。平和な田舎街に辟易していて、レイにロサンゼルス市警への転勤を頼み込む。フランクの親友。
エレン・リチャーズ捜査官
演 - ジェネシス・ロドリゲス、日本語吹替 - 東條加那子
女性FBI捜査官。コルテスの逃亡時に居合わせ、相棒が射殺された後人質にされる。
クリスティ
演 - クリスティアーナ・ルーカス、日本語吹替 - 安武みゆき
街のダイナーで働くウェイトレス。
フィル・ヘイズ捜査官
演 - ダニエル・ヘニー、日本語吹替 - 河本邦弘
アジア系のFBI捜査官。冷静沈着。ソマートンがコルテスの逃走経路となる可能性を指摘する。
アーロン・ミッチェル捜査官
演 - ジョン・パトリック・アメドリ英語版、日本語吹替 - 長谷川俊介
FBI捜査官。車オタク。空気を読まない発言でバニスター捜査主任をイラつかせる。
パーソンズ
演 - ハリー・ディーン・スタントン
街の牧場主の老人。頑固な性格で、電話すら持っていない。毎朝決まった時間にダイナーに牛乳を届けている。コルテスの組織に協力を拒んで射殺され、牛乳が配達されなかったことを不審に思ったクリスティの通報で、自宅で死体が発見される。
町長
演 - ティトス・メンチャカ
ソマートンの町長。オーウェンズからは間抜け呼ばわりされている。地元の学生スポーツチームを引率して町を留守にする。愛車はシボレー・カマロ ZL1。路上駐車を咎められ、「邪魔だったら移動してくれ」とオーウェンズにキーを預ける。

製作編集

撮影はニューメキシコ州ネバダ州で行われた。

参考文献編集

外部リンク編集