メインメニューを開く

水野 美紀(みずの みき、1974年6月28日 - )は、日本女優。本名同じ。

みずの みき
水野 美紀
本名 水野 美紀
生年月日 (1974-06-28) 1974年6月28日(44歳)
出生地 日本の旗 日本香川県高松市
身長 168 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1987年 -
配偶者 唐橋充
事務所 オフィス・モレ
公式サイト 水野美紀 Miki Mizuno Official Website
主な作品
テレビドラマ
踊る大捜査線』『彼女たちの時代
女子アナ。』『初体験
恋人はスナイパー
舞台
アテルイ』『髑髏城の七人〜アカドクロ
『桜飛沫』『開放弦』
マイルドにしぬ
映画
ガメラ2 レギオン襲来
千里眼』『交渉人 真下正義
恋の罪
オリジナルビデオ
くノ一忍法帖

香川県高松市出身[1]。オフィス・モレ所属。夫は俳優兼イラストレーターの唐橋充[2]

目次

略歴・人物

日出女子学園高等学校(当時)を経て、明治学院大学文学部英文学科中退。趣味は写真、特技はアクションと英語、マーシャルアーツを習っている。普通自動二輪免許所持[要出典]

女優として多くのテレビドラマなどに出演。アクション作品への出演を得意としており、立ち回りシーンも吹き替えなしで演じる。後年は、舞台・映画への出演や、執筆などに活動の中心を移す[要出典]

友達に誘われて行ったヤリイカ釣りをきっかけに釣りを趣味の一つとしており、イカ釣りの他ヒラメ釣りの経験もあるという [3]

生い立ち

血液型不適合妊娠により出生し、「生死の境をさまよった」[4]。「自身の血液を半分抜き、そこに酒もタバコもやらないB型の健康な20歳前後の人の血液を輸血しなくてはならない状況」となったが、町内の輸血の呼びかけに100人ほどが集まり、うち2人の男性の血液がその条件に合うと判明、その結果、心臓が強かったことが幸いし、奇跡的に一命を取り留めたのだという[4]。当時医師には、「6歳までは脳に障害が出ることもあるので安心できない」言われたが、大病することなく成人し、輸血をしてくれた男性の1人には、その後直接お礼を言いに行っている[4]。2011年6月7日に高松市で行われた映画『花子の日記』PRイベントでもこのことに触れ、祖父母が今も高松市在住であり、幼少の頃から女木島で海水浴を楽しむなど、現在でも縁の深い場所だと述べている[要出典]

小学校5年生まで[いつから?]三重県四日市市で過ごした後[1]、小学校6年生の春に福岡県福岡市城南区に転居し、中学卒業までそこに住んでいた[5]。小学6年生の時に漫画『ガラスの仮面』を読んで、舞台に憧れるようになった[5]。作品に描かれた舞台の持つ華やかさとその背後にある厳しさの両方に惹かれたという[6]。また、小学校6年生から中学1年生までの2年間ほど、友人の父親の道場で少林寺拳法を習っていた[5]。その経験があったので上京後も倉田アクションクラブに通って本格的にアクションの修行を積み、アクション女優としての仕事もするようになった[5]

芸能界デビュー

1987年、中学1年生の時に『第2回 東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト』に出場し、準優勝。同オーディションがきっかけで俳優・大野しげひさが社長を務める芸能事務所のグリーンプロモーションにスカウトされ、芸能活動を開始。当初は地元の福岡から通いながら雑誌のモデルやCMに出演していたが、中学卒業と同時に上京し、本格的にキャリアをスタートさせる。

1992年、化粧品『コーセー ルシェリ』のCMに俳優・唐沢寿明と共演、「チューして」という台詞が話題を呼ぶ。このCMの撮影の際、事務所は実際のキスシーンがあることは知らされておらず、CMスタッフは初めから事後承諾で押し切るつもりだったようである。これについては後年、「現場に入るとスタッフがみんな薄ら笑いを浮かべていて、詳細を知らされ驚いたがとりあえずそのまま撮影に臨み、後で事務所に怒られた」と述懐している。また同年、「素敵な身勝手/瞬間KISS」で歌手デビューも果たした。

1994年、グリーンプロモーションの閉鎖に伴い、芸能事務所をバーニングプロダクションに移籍。その後はゴールデンタイムのテレビドラマにも出演するようになり、1997年放送のドラマ『踊る大捜査線』シリーズに柏木雪乃役で出演し、幅広い世代に認知された。2001年に『女子アナ。』で連続ドラマ初主演を果たして以降は順調に女優としての地位を確立していく。

2005年、バーニングプロダクションから独立し、個人事務所オフィス・モレを設立。同年12月1日に『628DRIVE 水野美紀オフィシャルサイト』を開設、名称の「628」は水野の誕生日にちなんだもの[7]

2007年、演劇ユニット『プロペラ犬』を、作家楠野一郎との共同主宰によって設立した。また同年には自身がデザイナーを務めるブランド、『サード・ファクトリー(Third Factory)」を始め、以降、カバンを中心に作品を発表し続けている。2009年秋には、『コースト・オブ・ユートピア ユートピアの岸へ』に出演。初めての蜷川幸雄演出・翻訳劇・シアターコクーン出演となった。

2011年公開の映画『恋の罪』では初のフルヌードシーンに挑戦している。本人曰く、「これまでのイメージを覆したかった」[要出典]

2016年6月に俳優兼イラストレーターの唐橋充と結婚していたことが、同年10月に報じられた[2]。同年12月には第1子妊娠との報道がなされ[8]、2017年3月3日に放送されたドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日)最終回の副音声の中では、本人が妊娠を認める発言をしている[9]。同年7月26日、インスタグラムを通じて、第1子出産を報告した[10]。出産は「和室で紐を引っ張りながら産む方法」を選んだことを後に明かしている[11]

出演

テレビドラマ

映画

舞台

※水野が主宰する演劇ユニットプロペラ犬については、プロペラ犬を参照のこと。

  • 劇団☆新感線
  • 阿佐ヶ谷スパイダース「桜飛沫」(2006年2月10日 - 3月5日) - タネ 役
  • PARCO+リコモーション「開放弦」(2006年7月14日 - 8月15日) - 恵子 役
  • パルコ・プロデュース公演「Love 30〜女と男と物語〜」(2006年11月3日 - 11月30日)※「スパイス・イン・ザ・バスケット」に出演。
  • M&O plays+PPPPプロデュース「ワンマン・ショー」(2007年6月7日 - 6月27日) - 青井紫 役
  • PIPER結成10周年公演「ひーはー」(2007年7月26日 - 9月2日) - 絵里子 役
  • 演劇ユニット・プロペラ犬
  • ナイロン100℃「神様とその他の変種」(2009年4月17日 - 5月31日) - サクライ 役
  • 「コースト・オブ・ユートピア」(2009年9月12日 - 10月4日) - ナタリー・ゲルツェン 役
  • カエサル」(2010年10月3日 - 10月27日) - アリス 役
  • 太陽に灼かれて(2011年7月 - 8月、天王洲 銀河劇場 他) - マルーシャ 役
  • ゲゲゲの女房」(2011年9月29日 - 10月7日) - 村野布子 役

オリジナルビデオ

  • くノ一忍法帖1991年) - お喬 役
  • アルティメット・クライシス 金田一智子のア・ブ・ナ・イ仕事 (1995年) - 金田一智子 役

webドラマ

  • トンズラファイブ(2009年) - ナナミ 役

その他のテレビ番組

ラジオ

  • 水野美紀今夜もフォーエバー(文化放送)
  • 水野美紀ふたりのアトリエ(文化放送)
  • 水野美紀のNEC Web station(TFM)
  • ラジオドラマBITTER SWEET CAFE・マイルドにしぬ前に(ニッポン放送) - 水野美紀 役
  • ラジオ劇団・小さな奇跡(TFM)- 2009年6月の主演(2009年6月1日-6月30日、全18回)
  • 是か、非か。映画『冷たい熱帯魚』緊急特番!その男、園子温(TFM、2011年1月30日) - 聞き手
  • つながるラジオ ラジオ井戸端会議『今こそ女子のヒーローを語ろう』(NHKラジオ第一)

CM

CD

イメージDVD

PV出演

  • DEEN「Negai feat.ミズノマリ」(2009年11月4日リリース)

書籍

共著

写真集

プロデュース業

2007年に、自身プロデュースの演劇ユニット「プロペラ犬」と、カバン中心のブランドTHIRD FACTORY(サード・ファクトリー)を立ち上げた。本項では、THIRD FACTORYについて詳述する。

  • 女優業を「FIRST FACTORY」、文筆業を「SECOND FACTORY」、デザイナー業を「THIRD FACTORY」と脳内で区分けし、ブランド名を命名。
  • ブランド立ち上げ以降、カバンを中心にデザインした作品を次々と発表している。このブランドは、銀座カレンとのコラボレートによるものである。

THIRD FACTORY商品

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式サイトのプロフィール上は、出生地の高松市ではなく、幼少期を過ごした三重県四日市市を出身地としている
  2. ^ a b “水野美紀、結婚していた!俳優・唐橋充と交際約3カ月のスピード婚”. SANSPO.COM. (2016年10月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161018/mrg16101805040002-n1.html 2016年10月18日閲覧。 
  3. ^ 日本インスタントコーヒー協会「My Favorite Coffee Time」フォトコンテスト2014に出席した際のコメント
  4. ^ a b c 水野美紀 『ドロップ・ボックス』 集英社2005年ISBN 978-4087804089
  5. ^ a b c d 水野美紀 (2008年5月4日). 福岡での中学時代、青春でした! 女優 水野美紀さん. (インタビュー). クロスMAX GETコア、西日本新聞.. http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/get/20080504/20080504_0001.shtml 2012年11月11日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ スタジオパークからこんにちは. NHK. 2007年1月18日放送.
  7. ^ 2009年5月2日にリニューアルされ、名称は『水野美紀公式サイト/Miki Mizuno Official Web Site』となった。
  8. ^ “水野美紀が妊娠!夏にも第1子”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161223-OHT1T50072.html 2017年7月26日閲覧。 
  9. ^ “水野美紀、ドラマ副音声で第1子妊娠“ポロリ”発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2086947/full/ 2017年7月26日閲覧。 
  10. ^ “水野美紀が第1子出産を報告「生きるエネルギーに圧倒され胸がいっぱい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2094753/full/ 2017年7月26日閲覧。 
  11. ^ “水野美紀、昨年7月の出産は「和室で紐を引っ張りながら産む方法」選んだ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年3月10日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180310-OHT1T50055.html 2018年3月10日閲覧。 
  12. ^ 水野美紀さん主演『逃げる女』制作開始! 土曜ドラマ”. ドラマトピックスブログ:NHKブログ. NHK (2015年10月13日). 2015年11月18日閲覧。
  13. ^ 水原希子、香取慎吾とドラマ初共演「謎な部分が多い」と興味津々”. ORICON STYLE (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  14. ^ “金曜夜の“ドロキュン”ドラマに大谷亮平ら出演決定!”. Smartザテレビジョン. (2016年12月8日). https://thetv.jp/news/detail/94803/ 2016年12月8日閲覧。 
  15. ^ 仲村トオル主演、江上剛氏の『ラストチャンス再生請負人』連ドラ化 - ORICON NEWS(2018-05-18 07:08)
  16. ^ “水野美紀:「探偵が早すぎる」で“ツンデレなドS”家政婦に 滝藤賢一と初共演”. まんたんウェブ. (2018年6月11日). https://mantan-web.jp/article/20180611dog00m200009000c.html/ 2018年6月22日閲覧。 

外部リンク