メインメニューを開く

リジェ・JS43は、リジェチームが1996年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラ1カーである。1997年よりプロスト・グランプリへ移行したため、リジェにとって最後のF1マシンとなった。

リジェ・JS43
ホンダコレクションホール所蔵
カテゴリー F1
コンストラクター リジェ
デザイナー フランク・ダーニー
先代 リジェ・JS41
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) プッシュロッド
サスペンション(後) プッシュロッド
エンジン 無限ホンダ MF301HA 72度 V10, NA,
トランスミッション リジェ製 6速 セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム リジェ ゴロワーズ・ブロンド
ドライバー 9. オリビエ・パニス
10. ペドロ・ディニス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 1 0 0
テンプレートを表示

概要編集

フランク・ダーニーが設計したJS43は、前年に好成績を挙げたJS41の発展型であった。しかしながら、チーム共同オーナーのトム・ウォーキンショーがチーム創始者のギ・リジェと対立しチームを離脱する。代わって元フェラーリチーム代表のチェーザレ・フィオリオがチームの指揮を採った。

ドライバーはチーム在籍3年目になるオリビエ・パニスと、フォルティから移籍したペドロ・ディニスに一新された。

タイトルスポンサーは前年までのジタンからゴロワーズに変更され、サイドボディにはディニスが持ち込んだパルマラットのスポンサーロゴが描かれた。

チーム体制の混乱にもかかわらず、JS43はシーズンを通してシャシー、エンジン共に開発が続けられた。パニスはシーズンを通してマシンの制動性能に不満を述べたが、サバイバルレースとなったモナコGPでは自身初優勝を遂げた。チームの優勝としては1981年カナダGP以来のものであった。また、無限ホンダにとっては初の優勝であった。

パニスはハンガリーGPでは5位、ブラジルGPでは6位に入賞、ディニスは6位に2回入賞した。ディニスはアルゼンチンGPでは走行中に車両火災に遭うが、辛うじて脱出している。

チームは結局15ポイントを獲得し、ラストシーズンをコンストラクターズ6位で終えた。1997年2月にはアラン・プロストが新オーナーとなり、プロスト・グランプリとして参戦することが決定した。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1996年 リジェ 無限ホンダ V10 G  
AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
15 6位
オリビエ・パニス 7 6 8 Ret Ret 1 Ret Ret 7 Ret 7 5 Ret Ret 10 7
ペドロ・ディニス 10 8 Ret 10 7 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret

参照編集

  • Henry, Alan (ed) (1996). AUTOCOURSE 1996-97. Hazleton Publishing. pp. 70-72. ISBN 1-874557-91-8.