メインメニューを開く

シーズン概要編集

チャンピオン争いは前年と同じくブラバムウィリアムズが中心となった。ウィリアムズはチームオーダーを巡りドライバーが対立。アラン・ジョーンズに代わり、前年から15戦連続得点を続けたカルロス・ロイテマンがブラバムのネルソン・ピケと王座を争った。最終戦、ロイテマンはポールポジションスタートからスタートするも無得点。5位入賞したピケが1点差で逆転し、初のドライバーズタイトルを獲得した。

FISAFOCAの対立によるF1分裂の危機は、1981年3月のコンコルド協定締結によって回避されたが、グラウンド・エフェクト・カーのレギュレーションを巡る論争はなおも続いた。「スライディングスカートの禁止および最低地上高60mm」という新規則のグレーゾーンを突き、ブラバムは走行中に車高が下がるハイドロニューマチック・サスペンションを使用。結局昨年までとあまり変わらない事態となってしまった。また、ロータスのツインシャーシ車である88は規定違反とされ、レース出走を認められなかった。

エンジンのターボ化が進み、ルノーに続いてフェラーリも転向。トールマンは非メーカー系ハートターボで参戦した。マクラーレンからルノーへ移籍したアラン・プロストは3勝を記録。フェラーリのジル・ヴィルヌーヴも2勝を挙げるなど、高いポテンシャルを示すようになった。

また、開幕直前にグッドイヤーが撤退を発表。供給を受ける予定だったチームは急遽ミシュランに変更となったが、供給枠から漏れた下位チームはピレリエイヴォンを使用することになった。その後、シーズン中盤のフランスGPから再びグッドイヤーが復帰したため、4社が競合する「タイヤ戦争」の状況となり、使用タイヤが二転三転するチームがいくつもあった。

マクラーレンは前年末にロン・デニス率いるプロジェクト4が合流し新体制となった。ジョン・バーナードが手がけたMP4/1は、カーボンファイバーモノコックを採用した初のマシンとなった(同じくカーボンモノコックであるロータス 88よりも発表日が数日早い)。

この年デビューした有力選手はミケーレ・アルボレートデレック・ワーウィック。前年の王者アラン・ジョーンズは引退を決め、最終戦を勝利で締めくくった(のちに復帰)。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   アメリカ西グランプリ 3月15日 ロングビーチ   リカルド・パトレーゼ   アラン・ジョーンズ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
2   ブラジルグランプリ 3月29日 ジャカレパグア   ネルソン・ピケ   マルク・スレール   カルロス・ロイテマン ウィリアムズ-フォード 詳細
3   アルゼンチングランプリ 4月12日 ブエノスアイレス   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
4   サンマリノグランプリ 5月3日 イモラ   ジル・ヴィルヌーヴ   ジル・ヴィルヌーヴ   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
5   ベルギーグランプリ 5月17日 ゾルダー   カルロス・ロイテマン   カルロス・ロイテマン   カルロス・ロイテマン ウィリアムズ-フォード 詳細
6   モナコグランプリ 5月31日 モナコ   ネルソン・ピケ   アラン・ジョーンズ   ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 詳細
7   スペイングランプリ 6月21日 ハラマ   ジャック・ラフィット   アラン・ジョーンズ   ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 詳細
8   フランスグランプリ 7月5日 ディジョン・プレノワ   ルネ・アルヌー   アラン・プロスト   アラン・プロスト ルノー 詳細
9   イギリスグランプリ 7月18日 シルバーストン   ルネ・アルヌー   ルネ・アルヌー   ジョン・ワトソン マクラーレン-フォード 詳細
10   ドイツグランプリ 8月2日 ホッケンハイムリンク   アラン・プロスト   アラン・ジョーンズ   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
11   オーストリアグランプリ 8月16日 エステルライヒリンク   ルネ・アルヌー   ジャック・ラフィット   ジャック・ラフィット リジェ-マトラ 詳細
12   オランダグランプリ 8月30日 ザントフォールト   アラン・プロスト   アラン・ジョーンズ   アラン・プロスト ルノー 詳細
13   イタリアグランプリ 9月13日 モンツァ   ルネ・アルヌー   カルロス・ロイテマン   アラン・プロスト ルノー 詳細
14   カナダグランプリ 9月27日 モントリオール   ネルソン・ピケ   ジョン・ワトソン   ジャック・ラフィット リジェ-マトラ 詳細
15   ラスベガスグランプリ 10月17日 ラスベガス   カルロス・ロイテマン   ディディエ・ピローニ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクタ シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 アルビラド-ウィリアムズ・レーシング・チーム ウィリアムズ FW07C フォードDFV(V8) M


G

1. アラン・ジョーンズ
2. カルロス・ロイテマン
 ティレル・レーシング・チーム ティレル 010,011 フォードDFV(V8) M


A
G

3. エディ・チーバー
4. ケビン・コーガン
(4). リカルド・ズニーノ
(4.) ミケーレ・アルボレート
 パルマラット・レーシング・チーム ブラバム BT49C フォードDFV(V8) M


G

5. ネルソン・ピケ
6. ヘクトール・レバーク
 マールボロ・マクラーレン・インターナショナル マクラーレン M29C,M29F,MP4/1 フォードDFV(V8) M 7. ジョン・ワトソン
8. アンドレア・デ・チェザリス
 チーム・ATS ATS D4HGS1 フォードDFV(V8) M


A

9. ヤン・ラマース
(9),10. スリム・ボルグッド
 チーム・エセックス・ロータス
 ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス
ロータス 81,87,88 フォードDFV(V8) M


G

11. エリオ・デ・アンジェリス
12. ナイジェル・マンセル
 エンサイン・レーシング・チーム エンサイン N180B フォードDFV(V8) M


A

14. マルク・スレール
(14). エリセオ・サラザール
 エキープ・ルノー・エルフ ルノー RE20B,RE30 ルノーEF1(V6ターボ) M 15. アラン・プロスト
16. ルネ・アルヌー
 マーチ・グランプリ・チーム マーチ 811 フォードDFV(V8) M


A

17. デレック・デイリー
18. エリセオ・サラザール
 フィッティパルディ・オートモーティブ フィッティパルディ F8C フォードDFV(V8) M


A
P

20. ケケ・ロズベルグ
21. チコ・セラ
 マールボロ・チーム・アルファロメオ アルファロメオ 179B,179C,179D アルファロメオ1260(V12) M 22. マリオ・アンドレッティ
23. ブルーノ・ジャコメリ
 エキープ・タルボ・ジタン リジェ JS17 マトラMS81(V12) M 25. ジャン=ピエール・ジャブイーユ
26. ジャック・ラフィット
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 126CK フェラーリTipo021(V6ターボ) M 27. ジル・ヴィルヌーヴ
28. ディディエ・ピローニ
 ラグノ・アロウズ・ベータ・レーシング・チーム アロウズ A3 フォードDFV(V8) M


P

29. リカルド・パトレーゼ
30. ジークフリート・ストール
(30.) ジャック・ヴィルヌーヴSr.
 オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1B,FA1C フォードDFV(V8) M 31. ミゲル・アンヘル・ゲーラ
(31.) ピエルカルロ・ギンザーニ
(31.) ジョルジオ・フランチア
(31.) ジャン=ピエール・ジャリエ
32. ベッペ・ガビアーニ
 セオドール・レーシング・チーム セオドール TY01 フォードDFV(V8) M


A

33. パトリック・タンベイ
(33.) マルク・スレール 
 キャンディ・トールマン・モータースポーツ トールマン TG181 ハート415T(直4ターボ) P 35. ブライアン・ヘントン
36. デレック・ワーウィック

エントラント変更編集

  • ロータスは、第7戦以降ジョン・プレイヤー・チーム・ロータスに変更。

ドライバー変更編集

  • ティレルのNo.4は、第2戦以降ズニーノが、第4戦以降はアルボレートがドライブ。
  • ATSのNo.9は、第5戦と第7戦以降ボルグッドがドライブ。
  • ATSのNo.10は、第4戦と第6戦のみボルグッドがドライブ。
  • エンサインのNo.14は、第7戦以降サラザールがドライブ。
  • アロウズのNo.30は、第14戦以降ヴィルヌーヴSr.がドライブ。
  • オゼッラのNo.31は、第5戦以降ギンザーニ、第7戦はフランチア、第9戦以降はジャリエがドライブ。
  • セオドールのNo.33は、第8戦以降スレールがドライブ。


タイヤ変更編集

  • フィッティパルディは、No.20が第4~6戦、No.21が第4,6戦でエイボンにスイッチ。第12戦以降は両車ともピレリにスイッチ。
  • ウィリアムズとブラバムは、第8戦からグッドイヤーにスイッチ。
  • ATSは、第8戦からエイボンにスイッチ。
  • セオドールは、第8戦からエイボンにスイッチ。
  • マーチは、第8戦からエイボンにスイッチ。
  • ロータスは、第9戦からグッドイヤーにスイッチ。
  • アロウズは、第9戦からピレリにスイッチ
  • エンサインは、第9戦からエイボンにスイッチ。
  • ティレルは、No.3が第11戦以降グッドイヤーに、No.4が第12,14,15戦がエイボンで第13戦がグッドイヤーにスイッチ。

1981年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー USW
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
ESP
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
CPL
 
ポイント
1   ネルソン・ピケ 3 12 1 1 Ret Ret Ret 3 Ret 1 3 2 6 5 5 50
2   カルロス・ロイテマン 2 1 2 3 1 Ret 4 10 2 Ret 5 Ret 3 10 8 49
3   アラン・ジョーンズ 1 2 4 12 Ret 2 7 17 Ret 11 4 3 2 Ret 1 46
4   ジャック・ラフィット Ret 6 Ret Ret 2 3 2 Ret 3 3 1 Ret Ret 1 6 44
5   アラン・プロスト Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 1 Ret 2 Ret 1 1 Ret 2 43
6   ジョン・ワトソン Ret 8 Ret 10 7 Ret 3 2 1 6 6 Ret Ret 2 7 27
7   ジル・ヴィルヌーヴ Ret Ret Ret 7 4 1 1 Ret Ret 10 Ret Ret Ret 3 DSQ 25
8   エリオ・デ・アンジェリス Ret 5 6 WD 5 Ret 5 6 DSQ 7 7 5 4 6 Ret 14
9   ルネ・アルヌー 8 Ret 5 8 DNQ Ret 9 4 9 13 2 Ret Ret Ret Ret 11
10   ヘクトール・レバーク Ret Ret Ret 4 Ret DNQ Ret 9 5 4 Ret 4 Ret Ret Ret 11
11   リカルド・パトレーゼ Ret 3 7 2 Ret Ret Ret 14 10 Ret Ret Ret Ret Ret 11 10
12   エディ・チーバー 5 NC Ret Ret 6 5 NC 13 4 5 DNQ Ret Ret 12 Ret 10
13   ディディエ・ピローニ Ret Ret Ret 5 8 4 15 5 Ret Ret 9 Ret 5 Ret 9 9
14   ナイジェル・マンセル Ret 11 Ret WD 3 Ret 6 7 DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 4 8
15   ブルーノ・ジャコメリ Ret NC 10 Ret 9 Ret 10 15 Ret 15 Ret Ret 8 4 3 7
16   マルク・スレール Ret 4 Ret 9 11 6 12 11 14 Ret 8 DNQ 9 Ret 4
17   マリオ・アンドレッティ 4 Ret 8 Ret 10 Ret 8 8 Ret 9 Ret Ret Ret 7 Ret 3
18   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret 11 6 Ret Ret Ret 11 Ret Ret 8 DNS 7 Ret 12 1
19   パトリック・タンベイ 6 10 Ret 11 DNQ 7 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 1
20   スリム・ボルグッド 13 DNQ DNQ DNQ DNQ 6 Ret Ret 10 Ret Ret DNQ 1
21   エリセオ・サラザール DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ 14 Ret DNQ NC Ret 6 Ret Ret NC 1
-   ジャン=ピエール・ジャリエ Ret 7 8 8 10 Ret 9 Ret Ret 0
-   ジークフリート・ストール DNQ Ret 9 DNQ Ret Ret Ret DNQ Ret 12 Ret 7 DNQ 0
-   デレック・デイリー DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 16 Ret 7 Ret 11 Ret Ret 8 DNQ 0
-   チコ・セラ 7 Ret Ret DNQ Ret DNQ 11 DNS DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 0
-   ケケ・ロズベルグ Ret 9 Ret Ret Ret DNQ 12 Ret Ret DNQ DNQ DNQ DNQ 10 0
-   ミケーレ・アルボレート Ret 12 Ret DNQ 16 Ret DNQ Ret 9 Ret 11 13 0
-   ブライアン・ヘントン DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 10 DNQ DNQ 0
-   ヤン・ラマース Ret DNQ 12 Ret 0
-   リカルド・ズニーノ 13 13 0
-   ピエルカルロ・ギンザーニ 13 DNQ 0
-   ジャン=ピエール・ジャブイーユ DNQ NC Ret DNQ Ret 0
-   ベッペ・ガビアーニ Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 0
-   デレック・ワーウィック DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ Ret 0
-   ミフエル・アンヘル・フェッラ DNQ DNQ DNQ Ret 0
-   ジャック・ヴィルヌーヴSr. DNQ DNQ 0
-   ケビン・コーガン DNQ 0
-   ジョルジオ・フランシア DNQ 0
-   リカルド・ロンドノ EX 0
順位 ドライバー USW
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
ESP
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
CPL
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1981年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 USW
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
ESP
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
CPL
 
ポイント
1   ウィリアムズ-フォード 1 1 2 4 12 Ret 2 7 17 Ret 11 4 3 2 Ret 1 95
2 2 1 2 3 1 Ret 4 10 2 Ret 5 Ret 3 10 8
2   ブラバム-フォード 5 3 12 1 1 Ret Ret Ret 3 Ret 1 3 2 6 5 5 61
6 Ret Ret Ret 4 Ret DNQ Ret 9 5 4 Ret 4 Ret Ret Ret
3   ルノー 15 Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 1 Ret 2 Ret 1 1 Ret 2 54
16 8 Ret 5 8 DNQ Ret 9 4 9 13 2 Ret Ret Ret Ret
4   リジェ-マトラ 25 Ret 7 DNQ NC Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 44
26 Ret 6 Ret Ret 2 3 2 Ret 3 3 1 Ret Ret 1 6
5   フェラーリ 27 Ret Ret Ret 7 4 1 1 Ret Ret 10 Ret Ret Ret 3 DSQ 34
28 Ret Ret Ret 5 8 4 15 5 Ret Ret 9 Ret 5 Ret 9
6   マクラーレン-フォード 7 Ret 8 Ret 10 7 Ret 3 2 1 6 6 Ret Ret 2 7 28
8 Ret Ret 11 6 Ret Ret Ret 11 Ret Ret 8 DNS 7 Ret 12
7   ロータス-フォード 11 Ret 5 6 WD 5 Ret 5 6 DSQ 7 7 5 4 6 Ret 22
12 Ret 11 Ret WD 3 Ret 6 7 DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 4
8   アロウズ-フォード 29 Ret 3 7 2 Ret Ret Ret 14 10 Ret Ret Ret Ret Ret 11 10
30 DNQ Ret 9 DNQ Ret Ret Ret DNQ Ret 12 Ret 7 DNQ DNQ DNQ
9   アルファロメオ 22 4 Ret 8 Ret 10 Ret 8 8 Ret 9 Ret Ret Ret 7 Ret 10
23 Ret NC 10 Ret 9 Ret 10 15 Ret 15 Ret Ret 8 4 3
10   ティレル-フォード 3 5 NC Ret Ret 6 5 NC 13 4 5 DNQ Ret Ret 12 Ret 10
4 DNQ 13 13 Ret 12 Ret DNQ 16 Ret DNQ Ret 9 Ret 11 13
11   エンサイン-フォード 14 Ret 4 Ret 9 11 6 14 Ret DNQ NC Ret 6 Ret Ret NC 5
12   セオドール-フォード 33 6 10 Ret 11 DNQ 7 13 12 11 14 Ret 8 DNQ 9 Ret 1
13   ATS-フォード 9 Ret DNQ 12 Ret DNQ DNQ DNQ DNQ 6 Ret Ret 10 Ret Ret DNQ 1
10 13
-   マーチ-フォード 17 DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ 16 Ret 7 Ret 11 Ret Ret 8 DNQ 0
18 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
-   フィッティパルディ-フォード 20 Ret 9 Ret Ret Ret DNQ 12 Ret Ret DNQ DNQ DNQ DNQ 10 0
21 7 Ret Ret DNQ Ret DNQ 11 DNS DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
-   オゼッラ-フォード 31 DNQ DNQ DNQ Ret 13 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 0
32 Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ DNQ WD 8 8 10 Ret 9 Ret Ret
-   トールマン-ハート 35 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 10 DNQ DNQ 0
36 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ Ret
順位 コンストラクター 車番 USW
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
ESP
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
CPL
 
ポイント

ノンタイトル戦結果編集

1981年に開催されたノンタイトル戦は以下の通り。実質的にはフォーミュラ・リブレのレースであり、参加車両はF1の車両規定に合致していなかった。

レース 開催地 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  南アフリカグランプリ キャラミ 2月7日   カルロス・ロイテマン   ウィリアムズ-コスワース 詳細


外部リンク編集