メインメニューを開く

リーフウォーク稲沢(リーフウォークいなざわ)は、愛知県稲沢市に所在する、ユニー株式会社が管理・運営するモール型ショッピングセンターウォーク)である。

リーフウォーク稲沢[1]
LEAF WALK INAZAWA
LEAF WALK Inazawa Shopping Center 01.JPG
地図
店舗概要
所在地 492-8601
モール棟
愛知県稲沢市長野7丁目1-2[2]
アピタ棟
愛知県稲沢市下津穂所1丁目1番1[3]
座標 北緯35度15分40.4秒 東経136度49分8.1秒 / 北緯35.261222度 東経136.818917度 / 35.261222; 136.818917座標: 北緯35度15分40.4秒 東経136度49分8.1秒 / 北緯35.261222度 東経136.818917度 / 35.261222; 136.818917
開業日 プレオープン
2009年3月26日[1]
グランドオープン
2009年3月28日[1]
店番号 00418
土地所有者 ユニー株式会社[1]
施設所有者 ユニー株式会社[1]
施設管理者 ユニー株式会社
設計者 前田建設工業株式会社[5][1]
施工者 前田建設工業株式会社[1]
敷地面積 82,416 m²[1]
建築面積 40,562 m²[1] (建蔽率49%)
延床面積 78,827 m²[1] (容積率96%)
商業施設面積 50,088 m²[1]
中核店舗 アピタ稲沢東店[1]
店舗数 アピタと145の専門店[1]
営業時間 アピタ/9:30 - 21:30[3]
モール棟専門店街/10:00 - 21:30
モール棟レストラン街/11:00 - 22:30[4]
駐車台数 2100台
※平面駐車場800台、立体・屋上駐車場1300台[1][3]
駐輪台数 900台[1]
前身 稲沢操車場[1]
最寄駅 稲沢駅[1][2]
最寄IC 一宮IC
外部リンク リーフウォーク稲沢
APITA.svg
アピタ稲沢東店

目次

概要編集

愛知県稲沢市と都市再生機構が旧稲沢操車場跡地の再開発事業「グリーンスパーク稲沢21」計画の中核施設として、ユニーアピタ稲沢東店を核店舗に145の専門店を配置する本格的なモール型店舗[1]稲沢駅の東口から北方にある。

建物は全3階層の店舗2階建て。モール棟とアピタ棟の2つの商業施設で構成されている[1]

リーフウォークのリーフ(LEAF=葉)は、稲沢市が植栽の町であることに由来する。SCのキーワードは「毎日かがやく、緑のまちへ」となっている[1]

また、環境にやさしいショッピングセンターをコンセプトにしており、建物には壁面緑化、屋上緑化が施されている。また、ガスコージェネレーションシステム、風力発電太陽光発電照明を採用している。雨水を利用した散水設備、ドライミストが設置されている[1]

災害時の拠点施設としての役割もあり、ベンチは炊き出し用かまどとして使用可能となっている。災害用簡易トイレも用意されている[1]

地域交流の場として「コミュニティライブラリー」(地域情報コーナー)、「リーフホール」(多目的ホール)、「コミュニティガーデン」(環境に関する情報発信コーナー)が設置されている[1][6]。また、稲沢操車場跡地に関連し、稲沢操車場や蒸気機関車などの写真の展示コーナーや、車掌車貨車などの実物の鉄道車両の展示もある[1]

アピタ稲沢東店編集

モール棟の南側に位置するアピタ棟に入る。アピタ単体の店舗面積は12,000m2である。

主な専門店編集

交通アクセス編集

鉄道
路線バス
自家用車

他のウォークモール編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y リーフウォーク稲沢 開店のお知らせ (PDF)”. ユニー株式会社 (2009年3月10日). 2019年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 交通アクセス” (日本語). リーフウォーク稲沢. ユニー株式会社. 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c アピタ稲沢東店” (日本語). 「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ. ユニー株式会社. 2019年5月1日閲覧。
  4. ^ 店舗設備のご案内”. リーフウォーク稲沢. 2019年5月1日閲覧。
  5. ^ 前田建設 実績カタログ
  6. ^ フロアガイド” (日本語). リーフウォーク稲沢. ユニー株式会社. 2019年5月1日閲覧。

関連項目編集

  • アピタタウン稲沢 - 愛知県稲沢市内にあるアピタの旗艦店。
  • LOVE♥INA30(ラヴィーナサーティ[1][リンク切れ]
    • 稲沢のご当地アイドル及び稲沢市PR大使。リーフウォークで毎月公演が行われていたが、2017年7月29日をもって活動を終了した。リーフウォーク内で毎日時報として持ち歌の「This Walk〜Theme of leafwalk〜」が流れる。2018年8月12日に一日限りの復活ライブが行われた。

外部リンク編集