メインメニューを開く

ロイド眼鏡

ロイド眼鏡(ロイドめがね)は、眼鏡のデザインの1つ。セルロイドで出来ているということと、アメリカ喜劇役者ハロルド・ロイドが劇中でかけていたことから、二つの意味を持って「ロイド眼鏡」という。

概要編集

レンズは真円に近い丸型の大型であることが多く、直径にして5cm程度あり、の周りを覆う感じのスタイルである。フレームは色は黒か茶系で太めのものが多い。1920代 - 1930年代に流行し、第二次世界大戦前の日本においても大変普及した。現在でも、そのスタイルを愛用している人は多い。有名な愛用者として、戦前では東條英機首相東海林太郎、戦後では作家大江健三郎らが上げられる。なお、ハロルド・ロイドがかけていたのはレンズがない「素通し」のメガネであったと言われている。

ロイド眼鏡の着用例編集

関連項目編集