メインメニューを開く

ロイヤルブルネイ航空(ロイヤルブルネイこうくう、英語: Royal Brunei Airlinesマレー語: Penerbangan DiRaja Bruneiアラビア語: ﻓﻧﺭﺑﺎڠن ﺩﻴﺮﺍﺝ ﺑﺮﻮﻧﻲ‎)は、ブルネイ航空会社。同国のフラッグキャリアで、ブルネイ政府が所有する国営航空会社である。

ロイヤルブルネイ航空
IATA
BI
ICAO
RBA
コールサイン
BRUNEI
設立 1974年
ハブ空港 ブルネイ国際空港
マイレージサービス Royal Skies
会員ラウンジ Sky Lounge
保有機材数 16機
就航地 19都市
親会社 ブルネイ政府
本拠地 ブルネイ バンダルスリブガワン
代表者 Ray Sayer (CEO)
外部リンク www.flyroyalbrunei.com
テンプレートを表示
ボーイング787-8

目次

概要編集

ロイヤルブルネイ航空は1974年11月18日に設立。翌年1975年5月14日に2機のボーイング737にて初の国際線であるブルネイ~シンガポール線を開設した。更に路線を増やし、香港コタキナバルクチンマニラバンコクへ就航。1980年には3機目のボーイング737を受領し、1981年クアラルンプール線を開設。、1983年にダーウィン、1984年にジャカルタ線を開設した。1986年ボーイング757を受領。台北線がすぐさま開設され、1988年にドバイ線を開設した。1990年ボーイング767-300ERを導入し、ロンドン線を開設。日本へは1994年12月2日、関西国際空港開港を期に乗り入れを開始し、1998年10月24日をもって休止していたが、2019年3月15日より成田国際空港に就航した[1]。現在はASEAN諸国を中心にオセアニアヨーロッパなど世界19都市へ定期便を運航している。国王専用機として、ボーイング767、エアバスA340を所有している。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [2]

2013年10月3日、同社向けボーイング787-8型機の初号機を受領した[3]2015年会社設立40周年の式典が香港で開催された。[4]

機内サービス編集

クラス編成はビジネスクラスエコノミークラスの2クラス制。以前は洗面台やシートに金を施した豪華なファーストクラスを設置しており、ワールド・トラベル・アワードの「ワールド・リーディング・ファーストクラス」最優秀賞(1999年,2000年)を2年連続受賞するなど、ファーストクラスの評価は高かったが、新ビジネスクラス(スカイ・エグゼクティブクラス)の導入に伴い廃止された。イスラム教国教である関係上、機内サービスでアルコールを提供していないが、乗客自身がアルコール類を持ち込む事は可能。機内食は全クラスでハラールが提供される。

スカイラウンジ編集

ブルネイ国際空港にあるロイヤルブルネイ航空の空港ラウンジで座席数は120席。マッサージチェア、シャワールーム、無料インターネット接続など、他社のラウンジと同様の設備に加え、イスラム教乗客向けの沐浴エリア、祈りの間などイスラム教を国教とするブルネイの航空会社ならではの設備を有する。スカイラウンジを使用できるのはビジネスクラス乗客並びに同社のFFPである「Royal Skies」のゴールド、シルバーメンバーである。シンガポール航空アメリカン・エキスプレスなど、提携各社もスカイラウンジを利用可能。

就航都市編集

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在

ロイヤルブルネイ航空 運航機材一覧[6]
機材 運用機数 発注機数 座席 エンジン 備考
C Y+ Y Total
ボーイング787‐8 5 18 52 184 254 RR

Trent 1000

エアバスA320‐200 2 12 18 120 150 IAE

V2527-A5

エアバスA320neo 7 12 18 120 150 CFM

LEAP-1A26

ATR72-600 2 62 62 PW

PW127M

マリンドエアからのウェットリース機、

RB Linkによる運航[7]

合計 16 0
 
エアバスA320

退役済機材一覧編集

脚注編集

外部リンク編集