ロバート・フィック(Robert Fick, 1974年3月15日 - )は、MLBの元選手。ポジション捕手一塁手外野手アメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス出身。

ロバート・フィック
Robert Fick
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州トーランス
生年月日 (1974-03-15) 1974年3月15日(45歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手, 一塁手, 外野手
プロ入り 1996年 ドラフト5巡目でデトロイト・タイガースから指名
初出場 1998年9月19日
最終出場 2007年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り - タイガース時代 (1996 - 2002)編集

1992年6月1日に、ドラフト45巡目でオークランド・アスレティックスから、そして1995年6月1日にドラフト43巡目でデトロイト・タイガースから指名されたが、いずれも契約しなかった[1]

1996年6月4日に、3度目のドラフトで5巡目でタイガースから指名され、7月5日に契約を結んだ[1]。プロ入り後、マイナーリーグジェームズタウン・ジャマーズ英語版 (A-級) に配属され、43試合に出場。打撃面では、打率.248・1本塁打・14打点・3盗塁・OPS0.622という成績を残した。そして守備面では、23試合でキャッチャーとして守りに就き、3失策守備率.982・盗塁阻止率21%という成績を残した。

1997年は、A級のウェストミシガン・ホワイトキャップス英語版に昇格して122試合に出場。打率.341・16本塁打・90打点・13盗塁・OPS0.994という打撃成績を残した。守備面では、キャッチャーとして出場したのは9試合だけで、他に96試合でファースト、3試合でサードの守りに就いた。最も多く守ったファーストでは10失策・守備率.990を記録した。

1998年は、9月18日ミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビューを果たし、ヒットを2本放って1打点を挙げた[1]。この年メジャーでは7試合に出場し、打率.364・3本塁打・7打点・1盗塁・OPS1.235という成績を残した。守備では、キャッチャーとファーストを守った。また、マイナーではAA級のジャクソンビル・サンズで130試合に出場し、打率.318・18本塁打・114打点・8盗塁・OPS0.939という成績を残した。

1999年は、手術した右リハビリの影響で、前年のメジャー昇格以来、プレー出来ない状態が続いた[2]。しかし、9月以降にメジャーでプレーする機会を得たフィックは[3]、15試合に出場。9月27日カンザスシティ・ロイヤルズ戦では、ジェフ・モンゴメリーからグランドスラムを放ったが、これは当時のタイガースの本拠地であるタイガー・スタジアムで最後に記録された安打且つ得点であった[2]。また、同年マイナーではトレド・マッドヘンズ (AAA級) 、ウェストミシガン、GCL・タイガース英語版 (ルーキー級) の3階級で計20試合に出場し、打率.309・2本塁打・10打点・3盗塁・OPS0.856という成績を残した。

2000年は、66試合に出場して打率.252・3本塁打・22打点・2盗塁・OPS0.715という打撃成績を残した。守備では、ファースト34試合で4失策・守備率.984、キャッチャー16試合で1失策・守備率.981・盗塁阻止率29%という成績をのこしたほか、指名打者としても12試合に出場した。また、マイナーではトレドで17試合に出場した。

2001年は、124試合に出場して打率.272・19本塁打・61打点・OPS0.816という成績を記録。本塁打は自己最多であり、打率とOPSも100試合以上に出場したシーズンの中ではキャリアハイの数値だった。守備面では、キャッチャー78試合で6失策・守備率.986・盗塁阻止率17%、ファースト26試合で1失策・守備率.995、ライト8試合で無失策だった。

2002年は、オールスターにも選出され、代打からの出場でヒットを1本放った[4]。同年は148試合に出場し、打撃面では打率.270・17本塁打・63打点・OPS0.764という成績を残した。また、守備面ではライトに専念し、140試合で守って12失策・守備率.963という成績を記録。また、外野手として補殺 (21) 、失策、併殺の関与数 (5) でリーグトップだった[5]。オフの12月21日FAとなった[1]

ブレーブス時代 (2003)編集

2003年1月6日に、アトランタ・ブレーブスと契約を結んだ。ブレーブスでは126試合に出場し、打率.269・11本塁打・80打点・1盗塁・OPS0.753という成績を記録。守備面では115試合でファーストを守り、14失策・守備率.987・DRS+4という成績を残した。この年ブレーブスは地区優勝した為、フィックもキャリア初のポストシーズンを経験。ただ、シカゴ・カブスとのNLDS第4戦では、一塁を駆け抜ける際、エリック・キャロスの腕を叩いて捕球を妨害[6]。フィックは故意ではないと説明したものの、2万5,000ドルの罰金を科され、当時のブレーブスの監督だったボビー・コックスからも、別途罰金を科された (金額は未公表) [6]。なお、同シリーズでフィックは4試合に出場したが、ノーヒットに終わった[1]。そして、11月5日にブレーブスから解雇された[1]

デビルレイズ時代 (2004)編集

2004年1月9日に、タンパベイ・デビルレイズと契約した[1]。デビルレイズでは76試合に出場し、打率.201・6本塁打・26打点・OPS0.600という成績を残した。守備面では、レフト、ファースト、ライト、キャッチャーの4ポジションで守りに就いた。8月18日に、デビルレイズをリリースされた[1]

パドレス時代 (2004 - 2005)編集

デビルレイズから放出された翌日の8月19日サンディエゴ・パドレスと契約した[1]。パドレス加入後は13試合に出場したが、打率.167・OPS0.500に終わった。なお、マイナーではAAA級のポートランド・ビーバーズで12試合に出場し、打率.380・2本塁打・6打点・1盗塁・OPS0.984を記録した。オフの11月1日にFAとなった[1]

2005年2月19日に、パドレスと再契約[1]。同年はパドレスで93試合に出場し、打率.265・3本塁打・30打点・OPS0.705という打撃成績を残した。守備面では、ファースト、キャッチャー、ライト、レフト、サードの5ポジションを守った。サードの守りに就いたのは、メジャーでは2005年のみで、しかも1試合だけだった。マイナーでは、エル・パソで10試合に出場し、打率.375・3本塁打・11打点・1盗塁・OPS1.210という成績を残した。そして、10月28日にFAとなった[1]

ナショナルズ時代 - 引退 (2006 - 2007)編集

2005年12月13日に、ワシントン・ナショナルズと契約を結んだ[1]

2006年は、ナショナルズで60試合に出場して打率.266・2本塁打・9打点・1盗塁・OPS0.667という成績を残した。守備は、キャッチャー26試合で1失策・守備率.991・DRS-3・盗塁阻止率6%、ファースト13試合で無失策・DRS+1、ライト6試合で無失策・DRS-2を記録した。オフの10月30日にFAとなったが、12月20日に再契約[1]

2007年は、4年ぶりの100試合以上となる118試合に出場し、打率.234・2本塁打・16打点・OPS0.614という成績を残した。守備では84試合でファーストを守り、4失策・守備率.989・DRS-3という成績を記録したほか、レフトとライトも守った。10月29日にFAとなった。

2007年12月21日にパドレスと契約を結んだが[1]、メジャー及びマイナーでは試合に出場せず、2008年独立リーグであるゴールデンベースボールリーグオレンジカウンティ・フライヤーズ英語版でプレー。61試合に出場して打率.299・5本塁打・48打点・1盗塁・OPS0.802という成績を残したが、同年引退した[7]

選手としての特徴編集

打撃面では2001年から3年連続2桁本塁打を記録したようにパンチ力がある。守備面では捕手、一塁手、外野手と複数ポジションをこなせるという点が魅力だが、送球が不安定で肩も強くなく、守備範囲も狭いという弱点がある。

詳細情報編集

背番号編集

デトロイト・タイガース
  • 41 (1998)
  • 31 (1999)
  • 39 (1999)
  • 18 (2000 - 2001)
  • 25 (2001 - 2002)
アトランタ・ブレーブス
  • 23 (2003)
タンパベイ・デビルレイズ
  • 9 (2004)
サンディエゴ・パドレス
  • 29 (2004)
  • 13 (2005)
ワシントン・ナショナルズ
  • 13 (2006 - 2007)

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1998 DET 7 24 22 6 8 1 0 3 18 7 1 0 0 0 2 0 0 7 1 .364 .417 .818 1.235
1999 15 49 41 6 9 0 0 3 18 10 1 0 0 1 7 0 0 6 1 .220 .327 .439 .766
2000 66 188 163 18 41 7 2 3 61 22 2 1 0 2 22 2 1 39 4 .252 .340 .374 .715
2001 124 448 401 62 109 21 2 19 191 61 0 3 0 4 39 3 4 62 10 .272 .339 .476 .816
2002 148 614 556 66 150 36 2 17 241 63 0 1 0 5 46 4 7 90 17 .270 .331 .433 .764
2003 ATL 126 460 409 52 110 26 1 11 171 80 1 0 0 7 42 4 2 47 9 .269 .335 .418 .753
2004 TBD 76 238 214 12 43 5 2 6 70 26 0 0 0 2 20 2 2 32 2 .201 .273 .327 .600
SDP 13 15 12 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 1 4 0 .167 .333 .167 .500
'04計 89 253 226 14 45 5 2 6 72 26 0 0 0 2 22 2 3 36 2 .199 .277 .319 .595
2005 93 260 230 25 61 10 2 3 84 30 0 2 1 2 26 2 1 33 4 .265 .340 .365 .705
2006 WSN 60 141 128 14 34 4 0 2 44 9 1 1 2 0 10 1 1 24 4 .266 .324 .344 .667
2007 118 221 197 24 46 6 1 2 60 16 0 1 1 1 19 1 3 42 9 .234 .309 .305 .614
通算:10年 846 2658 2373 287 613 116 12 69 960 324 6 9 4 24 235 19 22 386 61 .258 .328 .405 .732

獲得タイトル・表彰・記録編集

  • オールスターゲーム選出:1回 (2002年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Robert Fick - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月16日閲覧。
  2. ^ a b STEVE HENSON (1999年9月29日). “Fick’s Home Run Sails Into History With Tiger Stadium” (英語). Los Angeles Times. 2020年2月16日閲覧。
  3. ^ Robert Fick 1999 Batting Game Logs - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月16日閲覧。
  4. ^ 2002 All-Star Game Box Score, July 9 - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月16日閲覧。
  5. ^ 2002 American League Fielding Leaders - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月16日閲覧。
  6. ^ a b ESPN.com news services (2003年10月6日). “Fick insists 'it's baseball'” (英語). ESPN. 2020年2月16日閲覧。
  7. ^ Tony Almeyda (2016年3月7日). “Braves rewind: Whatever happened to…Robert Fick?” (英語). Talking Chop. 2020年2月16日閲覧。

外部リンク編集