メインメニューを開く

昨日・今日・明日』(きのう きょう あす、原題: Ieri, Oggi, Domani)は、1963年に公開されたイタリア映画。監督はヴィットリオ・デ・シーカ。「アデリーナ」「アンナ」「マーラ」の3つからなる。第37回アカデミー賞外国語映画部門を受賞した。

昨日・今日・明日
Ieri, Oggi, Domani
Sophia loren strip.jpg
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 エドゥアルド・デ・フィリッポ
ヴィラ・ヴィラ
製作 カルロ・ポンティ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 アドリアーナ・ノヴェッリ
配給 ヘラルド
公開 イタリアの旗 1963年12月19日
日本の旗 1964年6月1日
上映時間 120分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ストーリー編集

「ナポリのアデリーナ」編集

復員後失業中の夫カルミネ(マルチェロ・マストロヤンニ)に代わって妻アデリーナ(ソフィア・ローレン)は闇タバコの商売で一家を支えていた。しかし未払いの罰金を徴収に来た役人を追い払ったため、逮捕されることに。相談した弁護士から「妊婦は出産後半年は逮捕されない」と助言され、夫婦は子作りに励むのだが……。

「ミラノのアンナ」編集

社長夫人のアンナ(ソフィア・ローレン)はパーティーで知り合った青年レンツォ(マルチェロ・マストロヤンニ)とドライブに出かけた。ドライブ中、アンナは裕福ながらも心が満たされない不満をレンツォにぶつけ、二人で遠くへ行こうとレンツォを誘う。

「ローマのマーラ」編集

神学生のウンベルト(ジャンニ・ルドルフィ)は休暇のため祖父母のいるローマのマンションに遊びに来た。ウンベルトは隣に住むコールガールのマーラ(ソフィア・ローレン)に一目惚れするが、祖母(ティーナ・ピーカ)はマーラを嫌い悪態をつく。ウンベルトは祖母と喧嘩をした挙げ句、仕舞いには神学生を辞めるとまで言い出す。ある日、部屋で上客のアウグスト(マルチェロ・マストロヤンニ)と一緒にいるところ祖母が訪ねて来て、孫を説得して欲しいとマーラに頼み込む。根が善良なマーラは祖母にある約束をする。

キャスト編集

俳優 日本語吹替
TBS NHK総合
ソフィア・ローレン 富永美沙子 小林千登勢
マルチェロ・マストロヤンニ 羽佐間道夫 瑳川哲朗
ジャンニ・ルドルフィ 安田隆
ティーナ・ピーカイタリア語版
  • テレビでの初回放送は『金曜映画劇場』であるが「ミラノのアンナ」がカットされ、別のストーリーが付けられての3話形式であった。1972年1月17日『月曜ロードショー』での放送時には『金曜映画劇場』放送分の最初に「ミラノのアンナ」が付け足され、4話形式で放送された。
  • NHK総合テレビでは、1973年12月31日 14:30-16:29『劇映画』にて劇場公開と同じ内容で放送された。

関連項目編集

外部リンク編集