水崎綾女

日本の女優

水崎 綾女(みさき あやめ、1989年4月26日 - )は日本タレント女優兵庫県神戸市出身。ホリプロ所属。

みさき あやめ
水崎 綾女
本名 津崎 綾女
生年月日 (1989-04-26) 1989年4月26日(33歳)
出生地 日本の旗 日本
兵庫県神戸市
身長 163 cm
血液型 B型
職業 女優
タレント
グラビアアイドル
ジャンル 映画
テレビドラマ
グラビア
活動期間 2005年 -
配偶者 一般男性
(2016年7月 - 2017年10月)
事務所 ホリプロ
公式サイト 水崎綾女オフィシャルブログ
テンプレートを表示

デビュー当初は雑誌グラビアバラエティ番組を中心に、その後は女優として活動している。

来歴編集

2004年「第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でヤングサンデー賞(ベストグラビア賞)を受賞し芸能界デビュー[1]キャッチコピーは「平成生まれのFカップ」。

2005年1月15日発売の『週刊ヤングサンデー』(小学館)でグラビアデビュー。10月12日、原宿警察署1日警察署長を務める。

2006年、ファイブスターガールに選出される。3月2日、多忙を理由に芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」を退団。12月「人気小劇団とグラビアアイドルのコラボレーション」が惹句の「お台場SHOW-GEKI城」企画においてノゾエ征爾作・演出の『ニルバウナ』で初舞台を踏む

2007年10月、『キューティーハニー THE LIVE』(テレビ東京系)で青いキューティーハニーの早乙女ミキ役を演じる。

2012年、『スーパー戦隊シリーズ』第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』(テレビ朝日)において、第22話より悪役エスケイプとしてレギュラー出演。

2013年1月26日から公開の映画『ユダ -Judas-』[2]で、初のヌードと濡れ場を披露した。

2016年7月11日、一般男性との結婚を発表[3]

2017年、ヒロイン役で出演した映画『』(河瀨直美監督)が、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され[4]エキュメニカル賞を受賞[5]。10月、一般男性との離婚を発表[6]

2022年3月1日発売の週刊『FLASH』にて10年ぶりとなる写真集が4月5日に発売することを発表した[7]

人物編集

エピソード編集

1995年1月の阪神淡路大震災で被災し、約1年間の避難所暮らしを強いられた[13]。そのため、2011年3月11日の東日本大震災以降、避難所や仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者を思いやる発言や、続発する余震の度に、地震に対する恐怖感を正直に吐露する発言が見受けられる[14]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

webドラマ編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

  • ニルバウナ(2006年12月22日 - 28日、フジテレビメディアタワー1Fマルチシアター) - 水澤アヤメ 役[注 5]
  • 番外 池田屋・裏(2009年1月8日 - 12日、東京芸術劇場小ホール[注 6]
  • 2LDK(2010年5月1日、青山円形劇場) - 松本希美 役[注 7]
  • 吸血鬼(2010年6月4日 - 13日、PARCO劇場) - 桜井のり子 役[注 8]
  • チャイムが鳴り終わるとき(2011年8月10日 - 14日、吉祥寺シアター) - 陣野実果 役[注 9]
  • Re:verse(リバース)〜あの瞬間(とき)に戻れたら〜(2014年4月2日 - 6日、本多劇場) - 主演[36]
  • 鷗外の怪談(2014年9月28日 - 12月11日、東京 / 地方) - 森志げ 役

その他テレビ番組編集

インターネットTV編集

CM編集

その他編集

書籍編集

雑誌編集

写真集編集

  • 初熱(2005年6月25日、英知出版)撮影:松田忠雄 ISBN 978-4-7542-1598-9
  • Iris(2007年7月25日、彩文館出版)撮影:木村智哉 ISBN 978-4-7756-0225-6
  • キューティーハニー THE LIVE 公式ビジュアルブック(2008年5月17日、ホビージャパン)撮影:戸田麻子、河原将貴、葛貴之 ISBN 978-4-89425-706-1
  • 水崎綾女 写真集 Ayame(2022年4月5日、光文社)撮影:ND CHOW ISBN 978-4-33490-294-0

作品編集

DVD編集

  • Shine(2005年11月16日、発売元:小学館、販売元:ポニーキャニオン
  • 初熱(2006年3月10日、英知出版)
  • コトナココロ(2006年6月21日、ポニーキャニオン)
  • wild fancy(2006年12月22日、竹書房
  • ONE(2007年3月23日、マーレ
  • Iris(2007年8月24日、彩文館出版)
  • Angel kiss 〜裸足のマーメイド〜(2008年2月21日、トリコ)
  • misakiss ayamemory(ミサキッスアヤメモリ)(2008年5月20日、ラインコミュニケーションズ
  • ACTION!(2008年11月21日、角川映画

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ DVD作品。
  2. ^ 2013年6月15日、シアター・イメージフォーラム限定公開。
  3. ^ 2013年7月6日 - 12日、池袋シネマロサ1週間限定レイトショー公開。
  4. ^ 特別出演。
  5. ^ お台場SHOW-GEKI城 はえぎわ公演。
  6. ^ グワィニャオン第19回本公演。
  7. ^ ネルケプランニング公演。
  8. ^ ネルケプランニング 公演。
  9. ^ オーストラ・マコンドー3rdオーストラ公演。
  10. ^ ロンドンハーツ パンサー尾形 密着32日間ミュージカルドッキリSP。
  11. ^ 新潟限定CM。

出典編集

  1. ^ “天才テリー伊藤対談「水崎綾女」(1)バラエティ番組は一時期つらくて…”. アサ芸プラス. (2016年5月26日). https://www.asagei.com/excerpt/58550 2020年2月12日閲覧。 
  2. ^ ユダ : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2022年4月12日閲覧。
  3. ^ “水崎綾女が36歳一般男性と結婚 出会いは麻雀の席で昨夏交際スタート”. ORICON STYLE. (2016年7月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2074956/full/ 2016年7月12日閲覧。 
  4. ^ “永瀬正敏、日本人俳優として史上初3年連続カンヌ!河瀬直美『光』コンペ正式出品!【第70回カンヌ国際映画祭】”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年4月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0090978 2017年5月18日閲覧。 
  5. ^ “河瀬直美監督「光」がエキュメニカル賞受賞”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年5月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170527-OHT1T50224.html 2017年5月28日閲覧。 
  6. ^ “水崎綾女が一般男性との離婚を発表 結婚から1年3カ月で…”. デイリースポーツonline. (2017年11月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/15/0010734270.shtml 2017年11月15日閲覧。 
  7. ^ 水崎綾女、艶やかバストのぞく大人の色気溢れる姿”. モデルプレス (2022年3月1日). 2022年3月2日閲覧。
  8. ^ 水崎綾女のプロフィール”. 日本タレント名鑑. 株式会社VIPタイムズ社. 2021年5月18日閲覧。
  9. ^ 大家んちのしーちゃん”. 水崎綾女オフィシャルブログ「ミサキノアヤメ」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2013年5月4日). 2017年11月15日閲覧。
  10. ^ 松原さんちの夏海たん”. 水崎綾女オフィシャルブログ「ミサキノアヤメ」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2013年5月6日). 2017年11月15日閲覧。
  11. ^ “「天才テリー伊藤対談「水崎綾女」(2)大家族の震災体験は大変だったんだね」”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年5月26日). http://www.asagei.com/excerpt/58552 2017年4月10日閲覧。 
  12. ^ “水崎綾女と絡んだ板尾創路 両親に謝罪”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2013年1月27日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/01/27/0005697469.shtml 2017年4月10日閲覧。 
  13. ^ “水崎綾女 阪神・淡路大震災の日に初めて神戸へ「心が震えました」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年1月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/17/kiji/20170117s00041000166000c.html 2020年12月11日閲覧。 
  14. ^ “水崎綾女「原点」になった避難所生活”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年1月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2015/01/17/0007664970.shtml 2020年12月11日閲覧。 
  15. ^ 『ハイパーホビー 2013年1月号』より[要ページ番号]
  16. ^ 埼玉家族 劇場公開情報 - 映画.com
  17. ^ 白ラン、チャイナドレス、ボンデージ…芳賀優里亜、多田あさみ、水崎綾女の秘蔵シーンをいち早く公開”. シネマトゥデイ (2013年11月8日). 2013年11月15日閲覧。
  18. ^ 実写版『進撃の巨人』13人の役名&ビジュアル解禁! 映画版新キャラクターは“7人””. CinemaCafe.net (2014年11月20日). 2014年11月20日閲覧。
  19. ^ 鈴木亮平が再びパンティを被る「HK/変態仮面」続編5月公開、柳楽優弥らも出演”. 映画ナタリー (2016年2月23日). 2016年4月25日閲覧。
  20. ^ 映画『ReLIFE リライフ』 [@relife_eiga] (2016年12月15日). "『#ReLIFE』3日連続キャスト発表💊②! 海崎が務めていた会社の先輩・佐伯みちるの妹・佐伯遥香役に、水崎綾女さん✨! この役は映画オリジナルの登場人物。佐伯先輩の思いを、海崎に伝える大切なシーンで登場します! その場面写真もお披露目となりました💓 次の発表もお楽しみに🙌" (ツイート). Twitterより2020年12月11日閲覧
  21. ^ “馬場良馬×玉城裕規「2人の受取人」に水崎綾女、弓削智久、篠原篤、竹下景子が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月17日). https://natalie.mu/eiga/news/257047 2019年2月10日閲覧。 
  22. ^ “馬場良馬と玉城裕規のW主演作より新写真10枚解禁、追加キャスト9名も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年12月13日). https://natalie.mu/eiga/news/260756 2019年2月10日閲覧。 
  23. ^ “井浦新ら登場!沖縄国際映画祭の上映作品が発表”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年3月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0099374 2019年2月10日閲覧。 
  24. ^ "和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加、藤原季節、宇野祥平ら、菅野美穂主演『明日の食卓』出演". Real Sound. blueprint. 2 March 2021. 2021年4月9日閲覧
  25. ^ 水崎綾女、ハニー姿で大開脚を披露! DVD『キューティーハニー』イベント”. マイナビニュース (2008年4月28日). 2020年1月11日閲覧。
  26. ^ 『週刊プレイボーイが撮り続けてきた 美しきスーパー戦隊ヒロインたち』”. 週プレNEWS (2020年8月2日). 2020年12月27日閲覧。
  27. ^ 香川照之&伊藤淳史主演の「MOZU」スピンオフ、共演に早見あかり、桐谷健太ら”. 映画ナタリー (2015年8月25日). 2015年9月28日閲覧。
  28. ^ 藤原竜也さん主演!『海底の君へ』制作開始!”. NHKドラマ (2015年9月30日). 2016年2月1日閲覧。
  29. ^ TBS系ドラマ『わたしを離さないで』に柄本佑、水崎綾女が出演”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  30. ^ “八甲田丸で撮影中!出演者が意気込みを語る!”. NHK PR. (2016年6月1日). http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=06030 2016年9月1日閲覧。 
  31. ^ 水崎綾女、柳英里紗と岐阜・白川町に移住?“イジュー生活”をドラマ化. 毎日新聞 2017年3月17日(閲覧日:2017年5月18日)
  32. ^ “水崎綾女、撮影中に錯乱・失神したグラビアモデル役「愛がある物語」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月13日). https://news.mynavi.jp/article/20220213-2271173/ 2022年2月13日閲覧。 
  33. ^ "八木亜希子、"火10"新ドラマで上野樹里の母&松重豊の妻役に 「すでに半生を生き抜いた気持ち(笑)」". ORICON NEWS. oricon ME. 17 March 2022. 2022年3月17日閲覧
  34. ^ NOTTV、ゲーム「くにおくん」実写ドラマ化”. 映画.com (2013年8月11日). 2013年9月27日閲覧。
  35. ^ “仲里依紗・町田啓太ら、山崎賢人&土屋太鳳W主演「今際の国のアリス」豪華キャスト解禁”. モデルプレス. (2020年9月1日). https://mdpr.jp/news/detail/2205264 2020年12月12日閲覧。 
  36. ^ 水崎綾女、坂上忍脚本&演出舞台で主演「上を目指したい」”. オリコンスタイル (2014年1月10日). 2014年11月20日閲覧。
  37. ^ 24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019”. Abema 麻雀 TIMES (2019年1月3日). 2019年1月7日閲覧。
  38. ^ 24人の麻雀好き芸能人が24時間ぶっ通しで“打ち初め”開始/新春オールスター麻雀”. AbemaTIMES (2020年1月2日). 2020年1月5日閲覧。
  39. ^ これが女優力!水崎綾女、2年越しでチーム優勝しドラマ完結 昨年は涙、今年は笑顔/新春オールスター麻雀”. AbemaTIMES (2020年1月3日). 2020年1月5日閲覧。
  40. ^ “新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」TVCM放映開始” (プレスリリース), サッポロビール, (2012年11月14日), https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000007847/?xtor=RSS-10008 2020年12月11日閲覧。 
  41. ^ 東北電力 より、そう、ちから。 松山ケンイチ 水崎綾女”. CM Watch (2019年4月6日). 2020年12月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集