万里小路博房

万里小路博房

万里小路 博房(までのこうじ ひろふさ、文政7年6月25日1824年7月21日) - 明治17年(1884年2月22日)は、江戸時代後期の公卿明治時代の政治家。

来歴編集

父は万里小路正房、母は藤波寛忠の娘。夫人は森長義の十一女・貞子。子に万里小路通房関博直姉小路公義河辺博長、千代子(裏松良光夫人)らがいる。

文政9年(1826年)に叙爵、天保4年(1833年)に元服し従五位下に叙せられる。嘉永4年(1851年)に侍従に任ぜられる。三条実美と親しく尊王攘夷派とみられたために、八月十八日の政変では一時免官されて蟄居している。その後、度々の位階の昇進を経て、慶応3年(1867年)に正四位下蔵人頭に任ぜられる。また、同年11月4日には参議となり、同年12月9日の小御所会議に参加した。そこで参与に任ぜられ、翌年2月19日まで同職を務めた。

明治元年(1868年)に従三位権中納言に叙任。その後は京都裁判所総督、宮内大輔皇太后宮大夫などを務めた。明治17年(1884年)に61歳で死去。

なお、博房の死去から約5か月後の7月7日、子の通房に伯爵が叙爵された。

年譜編集

※1872年(明治5年)までの日付は旧暦

  • 1826年文政9年)12月19日、従五位下に叙位。
  • 1833年天保4年)3月28日、従五位上に昇叙し、元服。昇殿を聴される。
  • 1836年(天保7年)1月4日、正五位下に昇叙。
  • 1851年嘉永4年)12月24日、侍従に任官。
  • 1857年安政4年)
    • 5月15日、正五位上に昇叙し、蔵人に補任。右少弁に転任。禁色を聴される。
    • 10月19日、左少弁に遷任。蔵人如元。
  • 1858年(安政5年)10月7日、検非違使に補任。右衛門権佐を兼任。(時に、蔵人検非違使正五位上行右少弁兼右衛門権佐)
  • 1861年万延2年)1月23日、権右中弁に転任。蔵人検非違使右衛門権佐如元。
  • 1862年文久2年)12月9日、朝廷内に設置された国事御用掛を兼補。
  • 1863年(文久3年)
    • 5月25日、朔平門外の変(同年5月20日)によって卒去した姉小路公知の贈官宣旨の奉者となる。
    • 5月29日、右中弁に転任。国事御用掛・蔵人・検非違使・右衛門権佐如元。
    • 5月30日、従四位下に昇叙。国事御用掛右中弁如元。
    • 8月1日、国事御用掛から国事参政に異動。
    • 8月18日、国事参政廃止に伴い免職。
    • 8月24日、いわゆる八月十八日の政変により、差控の処分を受ける。
  • 1865年慶応元年)12月10日、右中弁辞任。
  • 1867年(慶応3年)
    • 1月15日、差控を免ず。
    • 4月8日、従四位上に昇叙。
    • 8月2日、正四位下に昇叙。
    • 9月27日、蔵人頭に補任。右大弁に任官。
    • 11月4日、参議に補任し、右大弁如元。
    • 11月8日、議奏加勢を兼補。
    • 11月9日、議奏加勢の廃止に伴い、免職。 維新政府の参与に補任。
  • 1868年(慶応4年)
    • 1月、正四位上に昇叙。参与・参議右大弁如元。
    • 1月17日、制度事務総督を兼帯。
    • 2月2日、従三位に昇叙し、権中納言に転任。参与・制度事務総督如元。
    • 2月3日、制度事務の職制改正に伴い、制度事務総督から制度事務局輔に異動。
    • 2月19日、参与から議定に、制度事務局輔から京都裁判所総督に、それぞれ異動し、親兵掛を兼帯。
    • 閏4月21日、議定・京都裁判所総督・親兵掛を免じ、会計官知事に異動。
    • 7月28日、山稜総督を兼帯。
    • 8月2日、大総督御旗監を兼帯。
  • 1869年明治2年)
    • 4月17日、山稜総督を辞任。
    • 7月8日、会計官知事から宮内卿に異動。
    • 10月1日、正三位に昇叙。
  • 1871年(明治4年)
    • 6月25日、宮内卿を辞任。
    • 6月27日、宮内大輔に任官。
  • 1877年(明治10年)8月29日、宮内大輔から皇太后宮(明治天皇養母九条夙子)大夫に異動。

参考文献編集

  • 「公卿補任」
  • 維新資料編纂会編修『維新史』吉川弘文館。
  • 日本史籍協会編『百官履歴』東京大学出版会。
  • 日本史籍協会編・続日本史籍協会叢書『増補幕末明治重職補任』東京大学出版会。
  • 『昭和新修華族家系大成』霞会館吉川弘文館、1984年。
  • 『公卿人名大事典』日外アソシエーツ紀伊国屋書店、1994年。
  • 『国史大辞典』第13巻、吉川弘文館、1992年。