三好 秀男(みよし ひでお、1920年大正9年)1月1日 - 2014年平成26年)5月8日)は、日本陸軍軍人及び陸上自衛官陸士53期[1]陸大59期恩賜[1]。第12代陸上幕僚長

三好 秀男
生誕 1920年1月1日
日本の旗 日本 愛媛県
死没 (2014-05-08) 2014年5月8日(94歳没)
日本の旗 日本 東京都
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1940 - 1945(帝国陸軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1974(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―大尉.svg 陸軍大尉(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

略歴編集

太平洋戦争中は、フィリピンバターン半島の戦いにも参加[2]1944年(昭和19年)12月、第21師団参謀となり、ハノイで終戦を迎えた[2]。戦後入隊した陸上自衛隊においては情報畑に進んだ。 1976年昭和51年)9月に発生したベレンコ中尉亡命事件の対処に当たるが、同事件に関する記録破棄の政府方針に反対して辞任した。

年譜編集

栄典編集

  •   勲二等瑞宝章 - 1990年(平成2年)4月29日

脚注編集

  1. ^ a b c 秦 2005, pp. 545-611, 第3部 陸海軍主要学校卒業生一覧-I 陸軍-1.陸軍大学校卒業生
  2. ^ a b 朝雲新聞(1974年7月4日)「この人と10分間」
  3. ^ 『官報』号外第47号(平成2年5月1日)
  4. ^ 元陸上幕僚長の三好秀男氏死去 MSN産経ニュース 2014年5月12日
  5. ^ 『官報』本紙第6310号(平成26年6月13日)

参考文献編集

外部リンク編集

先代:
曲壽郎
陸上幕僚長
第12代:1974年 - 1976年
次代:
栗栖弘臣