メインメニューを開く

富山地方鉄道不二越線

日本の富山県富山市を通る富山地方鉄道の鉄道路線

不二越線(ふじこしせん)は、富山県富山市稲荷町駅南富山駅とを結ぶ富山地方鉄道鉄道路線。「不二越」は、沿線に工場がある工作機械メーカーの名称である。

不二越線
不二越駅
不二越駅
概要
起終点 起点:稲荷町駅
終点:南富山駅
駅数 5駅
路線記号 T
ウェブサイト 鉄道 - 駅情報
運営
開業 1914年12月6日 (1914-12-06)(全通)
所有者 富山軽便鉄道→富南鉄道→富山電気鉄道→富山地方鉄道
路線諸元
路線総延長 3.3 km (2.1 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500 V,
架空電車線方式
運行速度 70 km/h[1]
テンプレートを表示

目次

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):3.3km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:4駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:70km/h[1]

歴史編集

現在の不二越線の区間は富山軽便鉄道[2](後の富山鉄道)の手によって開業したものである。富山軽便鉄道は、後の笹津線に当たる区間も開業させていた(笹津線は1933年に一旦廃止、戦後富山地鉄によって復活するも1975年に再度廃止)。

1914年大正3年)12月6日に富山駅(現在の電鉄富山駅) - 笹津駅間17.6kmが開業した。しかし、国鉄高山本線の開業により業績が悪化し、政府の補償(773,150円)[3]を受けて1933年(昭和8年)4月20日に富山鉄道は解散、堀川新駅(現在の南富山駅) - 笹津駅間は廃止となった。残る富山駅 - 堀川新駅間は富山市街地の東淵を走り、沿線の工場からの貨物輸送や富山県営鉄道(現在の上滝線)との連絡線として好調であったことから、新設の富南鉄道に譲渡された。

1937年(昭和12年)、富南鉄道は県東部の交通統合を睨んで設立された富山電気鉄道の傘下に入り、1941年(昭和16年)には正式に合併した。1943年(昭和18年)1月1日の交通大統合により富山地方鉄道となり、旧富山県営鉄道線とあわせて同社の立山線となった。

年表編集

運行形態編集

全列車が各駅停車で、本線電鉄富山駅から発着している。上滝線とは一体の路線として運用されており、「不二越・上滝線」と呼称される。

列車はすべて電鉄富山駅 - 岩峅寺駅間運転の列車のみで、途中駅を始発・終着とする区間列車はない。なお、電鉄富山駅からは立山線経由の岩峅寺行きも発着しているため、列車の方向幕や電鉄富山駅の行先案内板の備考欄には立山線系統の岩峅寺行きは「寺田経由」、不二越・上滝線系統の岩峅寺行きには「南富山経由」と付加されている。

上滝線と同じく、路線規格の都合から、20m級車体の16010形は入線できなかったが、2011年12月23日から「アルプスエキスプレス」で同形が入線するようになった。

駅一覧編集

  • 全線富山県富山市内に所在
  • 線路(全線単線) … ◇:列車交換可、∨・|:列車交換不可(∨は電鉄富山駅寄りは複線)
駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線・備考 線路
T02 稲荷町駅 - 0.0 富山地方鉄道:本線(全列車電鉄富山方面直通)
T58 栄町駅 0.6 0.6  
T59 不二越駅 0.4 1.0  
T60 大泉駅 1.2 2.2  
T61 南富山駅 1.1 3.3 富山地方鉄道:上滝線(全列車直通)富山市内軌道線(南富山駅前駅)

過去の接続路線編集

新駅整備編集

稲荷町駅 - 不二越駅間
富山県立中央病院と同病院隣接地に2019年4月に新設される、富山県立大学看護学部に近隣の、富山市西長江地区に新駅設置を予定している[19]。2019年3月のダイヤ改正にて開業させることを目指し、新学部開設に合わせて学生の通学需要に対応するという[20]2018年8月10日に国土交通省より新駅(仮称・栄町駅)設置の認可がおりた[21][15]。2019年3月16日栄町駅として開業した[17]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 非電化の電鉄富山駅 -(旧富南鉄道線の軌道)- 稲荷町駅 - 堀川新駅間については引き続き富南線として南富山駅以東と区別することがあった[11]

出典編集

  1. ^ a b 寺田裕一『日本のローカル私鉄 (2000)』 - ネコ・パブリッシング
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第23回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「富山鉄道株式会社所属鉄道中堀川新笹津間経営廃止ニ対スル補償ノ為公債発行ニ関スル法律」『官報』1933年3月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1913年3月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年12月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ a b c d e 富山地方鉄道(編)『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年、182頁。
  7. ^ 「鉄道営業廃止許可」『官報』1933年3月16日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「鉄道営業廃止」『官報』1933年5月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 4月12日許可「鉄道譲渡許可」『官報』1933年4月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ a b 富山地方鉄道(編)『富山地方鉄道五十年史』富山地方鉄道、1983年、347頁。
  11. ^ 富山地方鉄道(編)『富山地方鉄道五十年史』富山地方鉄道、1983年、330頁。
  12. ^ a b c 富山地方鉄道(編)『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年、175頁。
  13. ^ a b 富山地方鉄道(編)『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年、176頁。
  14. ^ 富山地方鉄道(編)『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』富山地方鉄道、1979年、68頁。
  15. ^ a b 富山地方鉄道、不二越線の新駅設置を認可 国交省 - 日本経済新聞、2018年8月13日
  16. ^ 鉄道線および軌道線への「ナンバリング」導入について”. 富山地方鉄道 (2019年2月18日). 2019年2月18日閲覧。
  17. ^ a b “栄町駅 きょう開業 富山地鉄 バリアフリーに配慮”. 中日新聞 (中日新聞社). (2019年3月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20190316/CK2019031602000240.html 2019年3月17日閲覧。 
  18. ^ 富山地鉄が駅・停留場ナンバリングを導入…鉄道線はT、軌道線はCの頭文字 2-3月”. Response. (2019年2月18日). 2019年3月16日閲覧。
  19. ^ 『あいの風鉄道 富山-東富山間 新駅 21年春完成』北日本新聞 2018年2月20日30面
  20. ^ 富山地方鉄道が新駅、稲荷町―不二越間に 19年春日本経済新聞 北陸版 2018年5月28日
  21. ^ 『地鉄新駅の設置認可 国交省』北日本新聞 2018年8月11日5面

関連項目編集