世界の最高気温記録

世界の最高気温記録(せかいのさいこうきおんきろく)は、3つの異なる主要な方法で計測されてきた。すなわち、空気、地表面、あるいは人工衛星経由である。空気の温度の観測が通常の計測として取り扱われ、世界気象機関ギネス世界記録に認定されることで公式な記録となる。どのようにしてその記録が取られたかは、環境的状況のような様々な要素をどうみなすかにかかってきた。2012年に反証されるまで90年もの間、リビアで計測された気温が世界の最高気温記録の地位にあった。この発見はデスバレーにて計測された現在の世界の最高気温記録の正当性に疑問が挙がるきっかけともなった。世界気象機関は、世界の最高気温記録の正確性について、全ての「入手可能な証拠」があるかどうかを重視して、調査を始めると述べている。これらよりも高い空気の温度の記録がいくつか報告されているが、それらのどれも、正式には認定されていない。そのほかの2つの異なる観測法、つまり地表面観測と人工衛星観測でも、世界の最高気温記録より高い気温を観測したことがあるが、それらは空気の観測より信頼性が低く、公式な認定もされていない。

通常の気温編集

 
主張されている世界の観測史上最高気温が観測されたファーニスクリーク

気温の標準的な観測の方法は、空気中で、地面から1.5メートル (4 ft 11 in)の高さで、直射日光が当たらない場所で計測するというものである[1]。世界気象機関によれば、公認された地球上での観測史上最高気温は1913年7月10日アメリカ合衆国カリフォルニア州の砂漠地帯にあるデスバレーファーニスクリーク(グリーンランドランチ)で記録された56.7 °C (134.1 °F)であるが[2][3][4]、この記録の信頼性には、記録された当時から問題があると指摘されてきた[5]。それらの問題の1つは早くも1949年に博士のアルノルド・コートによって指摘された。コートは、ファーニスクリークでの56.7 °C (134.1 °F)の記録には、当時発生していた砂嵐が影響していたかもしれないとの結論に達した。コートは「このような嵐が強熱された地面の土砂を巻き上げ、観測機器の表面に衝突したことで、観測機器の中の温度が上がり、この記録が生み出されたのかもしれない」と述べた[2][6]クリストファー・C・バートウィリアム・タイラー・レイドらのような気象史学者もまた、1913年のファーニスクリークでの記録は「神話」であり、実際の気温はこれより少なくとも2.2から2.8 °C (4から5 °F)低かったと主張している[7][8]。もしも、1913年の記録が取り消された場合、世界の観測史上最高気温の記録は、2013年6月20日にデスバレーで、2016年7月21日クウェートミトリーバ英語版気象観測所でそれぞれ記録された54.0 °C (129.2 °F)になるであろう[9]

現在の記録をどのようにみなすかというこれらの問題は90年間維持されてきた以前の記録とも関わってくる。1922年から2012年まで、世界気象機関が認める世界の観測史上最高気温の公式記録は、1922年9月13日にリビアのアジージーヤで記録した57.8 °C (136.0 °F)であった。しかし、2010年から2012年まで、専門家により行われた調査の結果、この気温を記録してからちょうど90年となる2012年9月13日に、世界気象機関は、1922年の記録は未熟な観測者が誤って温度計を読んだときの誤差によるものだという説得力のある根拠を示し、1922年の記録の公認を取り消した[4][2]。世界気象機関は現在の記録を支持し始めたうえで、「私たちはデスバレーの気温の極値を認める。もし何か新しい材料が見つかれば、私たちは必ず調査を開始する。しかし、現在のところは、全ての入手可能な証拠がこの記録の信頼性を裏付けている。」と述べた[4]。日本では、欧米の文献には見られない、1921年7月8日イラクバスラにおける58.8 °C (137.8 °F)という記録が戦後数十年にわたって、『気象年鑑』にも掲載されるなど、世界の最高気温記録として知られていた。しかし、2013年1月の研究では、日本国外での「7月15日7月17日に129 °F (54 °C)が観測された」という報告が1934年の日本の文献に誤って「58.8 °C (137.8 °F)」と引用され、1950年代以降にこれが広まった可能性が高いことが明らかになった[10]

地表面温度編集

ところで、地面の上で直接計測した温度は、気温を30 °Cから50 °C上回ることがある[11]。地球上での地表の温度の理論的な上限は90 °Cから100 °C(194 °Fから212°F)の間にあると推測されている。上限は、暗い色をし、乾いた熱伝導率の低い土の上で達成されると考えられている[12]。「世界の観測史上最高の地表面温度の公認記録」というものは存在しないが、1972年5月15日にファーニスクリークで観測された93.9 °C (201 °F)が世界での観測史上最高の地表面温度だといわれている[13]。気象要因以外では、非人工要因での地表最高温度として、溶岩の温度は約1000°となるが一般に地表温度記録とはみなされない。

衛星観測編集

人工衛星を経由した気温の観測でもまた、地上での観測より高い気温が観測される傾向があるが、人工衛星の空気との摩擦による高度の低下などが関与する複雑な事情のため、これらの測定は地上にある温度計での測定より信頼性が低いとされることがしばしばある[14]2003年から2009年までに、Aquaに装備されている赤外線分光放射計のMODISによって行われた地上の気温の観測では、2005年イランルート砂漠で記録された70.7 °C (159.3 °F)が最高気温であった。ルート砂漠は、MODISによる7年間のうち5年間、すなわち2004年、2005年、2006年2007年、そして2009年にも、各年の世界最高気温を記録している。なお、2003年の世界最高気温はオーストラリアクイーンズランド州で記録された69.3 °C (156.7 °F)で、2008年の世界最高気温は、中華人民共和国火焔山で記録された66.8 °C (152.2 °F)であった。なお、同期間でのデスバレーの最高気温は2005年に記録した62.7 °C (144.9 °F)と、ルート砂漠の記録より8 °C低かった。これらの観測では、広い地域の気温の平均をとったものが記録となっているので、局地的な最高気温と比べると、低い気温が記録となっている[11]

非公認の主張編集

以下に示すのは、現在の世界の観測史上最高気温として公認されている56.7 °C (134.1 °F)を上回る気温を観測したとする、非公認の主張である。これらの中には、当時利用できる装置がなかったために決して公認されることがなかった歴史的な主張と、公認されていない科学的な主張とが含まれる。ソーシャルメディアを通じて、アマチュアの観測者による記録も、「史上最高気温を観測した」との主張とともに発信されるようになったが、それらの記録は後から疑わしいとみなされるようになっている。一例として、街灯が融けていたり、木が自然発火したりしていたと主張する映像が投稿されたこともある。これらは後から、高温によるものではなく、撮影前に行われていた別の無関係なイベントによるものだという「証拠」に基づき、気象学者によって反証された[15]。なお、かつての世界記録の57.8 °C (136.0 °F)は反証されているので、以下の表には掲載されていない。

日付 温度 °C/°F 種類 原因 場所 解説
1909年7月11日 57.8 °C (136.0 °F) 気温 ヒートバースト チェロキー英語版
(アメリカ合衆国オクラホマ州)
この異常な気温は中部標準時で早朝3時に記録され、この地域の作物を干上がらせたと報告された[16]
1949年7月6日 70 °C (158.0 °F) 気温 ヒートバースト フィゲイラ・ダ・フォズ英語版
(ポルトガルコインブラ県)
2分間に、ヒートバーストの影響で、気温が38から70°C (100.4 to 158 °F)に上がったと報告された[17][18]
1960年 60 °C (140.0 °F) 気温 ヒートバースト コッパール英語版
(アメリカ合衆国・テキサス州)
ヒートバーストにより気温が140 °F (60 °C)近くにまで上昇し、おそらくそれによって綿花が干上がり、植物も乾ききったと主張されている[19]
1966年7月6日 58.5 °C (137.3 °F) 気温 ヒートバースト サン・ルイス・リオ・コロラド英語版
(メキシコソノラ州)
州の記録に基づいて、メキシコの報道機関が報じた[20][21]
1966年7月6日 60 °C (140.0 °F) 気温 ヒートバースト メヒカリ
(メキシコ・バハ・カリフォルニア州)
バハ・カリフォルニア州の気象当局のアーカイブに保存されていた、ソノラ州サン・ルイス・リオ・コロラドで58.5 °C (137.3 °F)が記録されたときの新聞記事を使用し、これと同じ日に、地元の気象当局がメヒカリの「エル・リート」という集落で、独自の機器を用いて、60 °C (140.0 °F)の最高気温を記録していたことが分かった。当時当局が使用していた温度計の測定可能な温度の上限が60 °C (140.0 °F)であったので、これが記録になった[20]
1967年6月 86.7 °C (188.1 °F) 不明 ヒートバースト アーバーダーン
(イラン)
伝えられるところによると、86.7 °C (188.1 °F)の気温が、イランのアーバーダーンにおいて、ヒートバーストの最中に記録された[18]
1972年7月15日 93.9 °C (201.0 °F) 地表面温度 N/A ファーニス・クリーク
(アメリカ合衆国)
上の計測の節を参照
2005年 70.7 °C (159.3 °F) 人工衛星による観測 N/A ルート砂漠
(イラン)
上の計測の節を参照
2008年 66.8 °C (152.2 °F) 人工衛星による観測 N/A 火焔山
(中華人民共和国)
上の計測の節を参照
2011年 84 °C (183 °F) 地表面温度 N/A ポートスーダン
(スーダン)
84 °C (183 °F)の地表面温度がスーダンのポートスーダンで観測されたと報告された[22]
2003年7月以前(詳細不明) 71.5 °C (160.7 °F) 気温 N/A 詳細不明
(ジブチ)
国際協力事業団などによる、ジブチについての2003年7月の報告書に「世界最高気温(71.5 度)を記録した」と記載されている[23]。もっとも、当該報告書は教育についてのもので、気温については「要約」の節で触れられているのみで、詳細は不明である。しかし、日本テレビの番組でも取り上げられている[24]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Mildrexler, David J.; Zhao, Maosheng; Running, Steven W.. “Satellite Finds Highest Land Skin Temperatures on Earth”. Bulletin of the American Meteorological Society 2011: 855–860. Bibcode2011BAMS...92..855M. doi:10.1175/2011BAMS3067.1. http://journals.ametsoc.org/doi/pdf/10.1175/2011BAMS3067.1. 
  2. ^ a b c World: Highest Temperature Archived 2017-07-14 at the Wayback Machine. World Meteorological Organization Retrieved 2 January 2018.
  3. ^ NCDC Global measured extremes”. 2007年11月6日閲覧。
  4. ^ a b c Highest recorded temperature”. Guinness World Records. 2018年8月20日閲覧。
  5. ^ https://www.washingtonpost.com/news/capital-weather-gang/wp/2016/10/25/new-analysis-shreds-claim-that-death-valley-recorded-earths-hottest-temperature-in-1913/ Washington Post - New analysis shreds claim that Death Valley recorded Earth’s highest temperature in 1913
  6. ^ Khalid I. El Fadli (2013年2月1日). “World Meteorological Organization Assessment of the Purported World Record 58°C Temperature Extreme at El Azizia, Libya (13 September 1922)”. American Meteorological Society. 2019年1月1日閲覧。
  7. ^ Doubts Cloud Death Valley's 100-year Heat Record”. 2013年12月30日閲覧。
  8. ^ Death Valley's 134F Record Temperature Study Part One”. 2013年12月30日閲覧。
  9. ^ Samenow, Jason (2016年10月25日). “New analysis shreds claim that Death Valley recorded Earth’s highest temperature in 1913”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/capital-weather-gang/wp/2016/10/25/new-analysis-shreds-claim-that-death-valley-recorded-earths-hottest-temperature-in-1913/ 2018年1月2日閲覧。 
  10. ^ 藤部文昭「気温の世界最高記録とされる「バスラの58.8℃」について」『天気』第60巻第2号、日本気象学会、2013年2月、2020年3月6日閲覧。
  11. ^ a b Mildrexler, David J.; Zhao, Maosheng; Running, Steven W.. “Satellite Finds Highest Land Skin Temperatures on Earth”. Bulletin of the American Meteorological Society 2011: 855–860 [855–857]. doi:10.1175/2011BAMS3067.1. http://journals.ametsoc.org/doi/pdf/10.1175/2011BAMS3067.1. 
  12. ^ Extreme Maximum Land Surface Temperatures, J. R. Garratt, Journal of Applied Meteorology, 31, #9 (September 1992), pp. 1096–1105, doi:10.1175/1520-0450(1992)031<1096:EMLST>2.0.CO;2
  13. ^ A possible world record maximum natural ground surface temperature, Paul Kubecka, Weather, 56, #7 (July 2001), Weather, pp. 218-221, doi:10.1002/j.1477-8696.2001.tb06577.x.
  14. ^ How accurate are satellite measured temperatures of the troposphere?”. AccuWeather. 2018年5月26日閲覧。
  15. ^ Dan Evon (2017年8月7日). “62°C Temperatures in Kuwait Cause Trees to Burst into Flames?”. Snopes. 2019年1月2日閲覧。
  16. ^ Isaac M. Cline, Climatological Data for July, 1909: District No. 7. Lower Mississippi Valley, p 337-338; http://ams.allenpress.com/perlserv/?request=get-toc&issn=1520-0493&volume=37&issue=7 Monthly Weather Review July 1909
  17. ^ 08 Jul 1949 - PORTUGAL IN'GRIP OF HEAT WAVE - Trove”. Nla.gov.au (1949年7月8日). 2017年9月15日閲覧。
  18. ^ a b Burt, Christopher C. (2004). Extreme Weather: A Guide & Record Book. W. W. Norton & Company. p. 36. ISBN 978-0393330151. https://archive.org/details/extremeweathergu00burt/page/36 
  19. ^ Petricic, Dusan (2000). “It's Raining Eels: A Compendium of Weird Weather”. Scientific American Presents: 54–55. ISSN 1048-0943. 
  20. ^ a b El lugar más caliente de la Tierra es Mexicali, Baja California”. La Crónica de Chihuahua. 2019年6月12日閲覧。
  21. ^ Press, Europa (2016年7月6日). “Hace 50 años México registró la temperatura más alta de la historia”. www.notimerica.com. 2019年6月12日閲覧。
  22. ^ Table 9.2, p. 158, Dryland Climatology, Sharon E. Nicholson, Cambridge University Press, 2011, 1139500244.
  23. ^ ジブチ国 基礎教育強化計画 基本設計調査報告書”. 国際協力事業団、株式会社マツダコンサルタンツ (2003年7月). 2020年3月6日閲覧。
  24. ^ 仰天探検隊酷暑SP第2弾!”. 日本テレビ (2016年8月17日). 2020年3月6日閲覧。