メインメニューを開く

中出 謙二(なかで けんじ、1954年11月3日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

中出 謙二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 (1954-11-03) 1954年11月3日(64歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年4月1日
最終出場 1986年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

和歌山工業高では、1972年夏の甲子園和歌山県予選準々決勝に進むが桐蔭高に敗れる。

高校卒業後は、社会人野球新日本製鐵堺に入団。都市対抗野球大会に4年連続で出場した。1977年には第3回インターコンチネンタルカップ日本代表に選出される。

1977年ドラフト会議南海ホークスから1位指名を受け入団。野村克也監督捕手兼任)解任・退団に伴い“ポスト野村”の期待を受け、1978年には2試合、1979年には5試合に先発マスクを被る。しかし黒田正宏香川伸行らとのポジション争いに敗れ、1985年吉沢俊幸との交換で阪急に移籍。1987年限りで引退した。

社会人時代、ヤクルトの名スカウト片岡宏雄大矢明彦に続く捕手を獲得するため、新日鉄堺グラウンドへ中出の視察に赴いたことがあった。しかし現役時代捕手でもあった片岡は「こんなレベルじゃプロでは通用せえへんな」と、即決で中出の獲得を断念している(この時片岡の目に留まったのが中出の後輩の投手・尾花高夫である)。

コラムニスト綱島理友の著書「プロ野球ユニフォーム物語」(2005年ベースボール・マガジン社刊)にはユニフォーム視察の取材で採り上げられたが、綱島の説明文では「控え選手」とだけ記され、中出の名は匿名となっていた(取材協力者は、中出本人ではなく、廃棄処分される際に貰い受け、所持していたホークスの元選手・スカウトだった。巻末の取材協力者から推定すると伊藤四郎と思われる)。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1978 南海 23 21 19 2 5 0 0 0 5 1 0 0 1 0 1 0 0 6 0 .263 .300 .263 .563
1979 42 33 31 2 5 1 0 1 9 6 0 1 1 0 1 0 0 6 2 .161 .188 .290 .478
1980 5 4 4 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
1981 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1983 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1984 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .500 .000 .500
1986 阪急 17 11 10 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .100 .182 .100 .282
通算:7年 95 73 67 4 13 1 0 1 17 9 0 1 2 0 4 0 0 17 2 .194 .239 .254 .493

年度別守備成績編集

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1978 23 10 7 3 .300
1979 38 17 13 4 .235
1980 5 3 2 1 .333
1981 1 0 0 0 -
1983 5 2 2 0 .000
1984 2 0 0 0 -
1986 15 7 5 2 .286
通算 89 39 29 10 .256

記録編集

背番号編集

  • 10 (1978年 - 1985年)
  • 39 (1986年 - 1987年)

関連項目編集