メインメニューを開く

吉沢 俊幸(よしざわ としゆき、本名:吉澤 俊幸1954年7月23日[1] - )は、埼玉県草加市出身の元プロ野球選手内野手1982年から外野手)。

吉沢 俊幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県草加市
生年月日 (1954-07-23) 1954年7月23日(64歳)
身長
体重
177 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1976年 ドラフト3位
初出場 1977年7月10日
最終出場 1986年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

来歴・人物編集

東京・日大三高では2年生の時、遊撃手として1971年春の選抜に出場。1年上のエース渡部良克(日大-名古屋日産)を擁し順調に勝ち進む。決勝では渡部と大鉄高奥田直也の投げ合いとなるが、2-0で完封勝利、初優勝を飾った[2]。同年夏の甲子園都予選では準決勝で日大一高保坂英二に完封負け。他の1年上のチームメートに捕手の岩沢建一(日大日産自動車)がいた。

1972年選抜にも連続出場。同期の待井昇、小曽根修治(電電関東)両投手の好投もあり決勝に進むが、日大櫻丘のエース仲根正広に完封を喫し準優勝にとどまる[2]

1973年早稲田大学へ進学し、東京六大学野球リーグには1年生から出場。1973年春季リーグで優勝を経験する。翌1974年石山建一が監督に就任。大幅なコンバートが行われ、同期である外野手の八木茂遊撃手松本匡史三塁手、吉沢は将来内野手に戻るという条件で、強肩・俊足をいかし中堅手にコンバートされた。1974年春季リーグでは矢野暢生(日本生命)、阿部政文(大昭和製紙三菱自動車川崎)らの投手陣を擁し二度目の優勝に貢献、5本塁打を放ち外野手のベストナインに選ばれた。同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で駒大を降し優勝。また第3回日米大学野球選手権大会日本代表としても3本塁打と活躍した。真昼間の恐怖と言われ早稲田の核弾頭として他校の脅威となった。3年生の1975年秋季リーグでは法大江川卓からホームランを放った。リーグ通算88試合出場、329打数77安打、12本塁打、33打点、打率.234。

1976年ドラフト3位で阪急ブレーブスに入団[1]。球団としては大橋穣の後継という心づもりがあったが、1980年、前半で8本塁打を放ち、簑田浩二との1、2番コンビが固定化されようやく素質の開花を迎えながら、肘の故障でシーズンを離脱した。1981年弓岡敬二郎が入団して遊撃手に定着、その後の吉沢は専ら代打・代走・守備固め要員として重宝される。1986年中出謙二との交換トレードで南海ホークスに移籍[1]。同年12月、任意引退。

引退後は1987年から1990年まで阪急・オリックス二軍外野守備走塁コーチ、1991年は阪神タイガースで二軍守備走塁コーチを務めた。現在は都内在住の会社員。

2007年11月18日静岡・草薙球場で開催された「巨人対阪神OB戦」には、コーチでしか在籍歴のない阪神の選手として出場した(背番号は阪急時代の「9」。ちなみに、2000年の同OB戦(甲子園)では巨人でコーチのみの在籍だった荒川博が巨人の選手として出場したことがある)。

2010年選抜高校野球大会では、日大三高の遊撃手兼投手として実子が決勝まで進出、甲子園史上初の親子制覇が期待されたが、惜しくも興南高等学校に敗れた。初戦では本塁打を放ち、史上初の父子本塁打を記録している。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1977 阪急 43 43 40 6 5 1 0 0 6 1 2 0 1 0 2 0 0 7 1 .125 .167 .150 .317
1978 91 103 98 21 26 2 0 4 40 17 10 5 0 0 3 0 2 15 1 .265 .301 .408 .709
1979 33 25 23 9 3 0 0 0 3 1 1 0 2 0 0 0 0 4 1 .130 .130 .130 .261
1980 59 148 136 22 30 6 1 8 62 15 7 4 4 0 7 0 1 26 2 .221 .264 .456 .720
1981 38 40 36 4 4 0 0 0 4 0 2 1 0 0 3 0 1 4 1 .111 .200 .111 .311
1982 90 67 57 21 11 1 0 1 15 3 10 4 3 0 6 0 1 11 0 .193 .281 .263 .544
1983 88 34 28 16 3 0 0 0 3 1 12 6 3 0 3 0 0 8 0 .107 .194 .107 .301
1984 110 105 85 23 18 3 0 2 27 7 4 1 4 2 10 0 4 22 0 .212 .317 .318 .634
1985 103 25 23 11 3 0 0 1 6 1 5 1 1 0 1 0 0 9 0 .130 .167 .261 .428
1986 南海 85 73 66 4 14 1 0 1 18 5 2 2 2 1 3 0 1 16 1 .212 .254 .273 .526
通算:10年 740 663 592 137 117 14 1 17 184 51 55 24 20 3 38 0 10 122 7 .198 .257 .311 .567

記録編集

背番号編集

  • 9 (1977年 - 1985年)
  • 25 (1986年)
  • 68 (1987年 - 1990年)
  • 86 (1991年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P127。
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集