メインメニューを開く

中山 福蔵(なかやま ふくぞう、明治20年(1887年6月7日[1] - 昭和53年(1978年10月13日)は、日本弁護士政治家。戦前に衆議院議員を、戦後に参議院議員を務めた。

中山福蔵
生年月日 1887年6月7日
出生地 熊本県
没年月日 (1978-10-13) 1978年10月13日(91歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 弁護士
配偶者 中山マサ(元厚生大臣)
親族 中山マサ
中山太郎
中山正暉
中山泰秀
テンプレートを表示

来歴・人物編集

熊本県玉名郡江田村出身[2][3]中山勝平の二男[4]。7歳のときに父が亡くなり、母に連れられ鹿児島県志布志に移って志布志小学校を卒業[2][5]

大阪の旧制富田林中学に遊学し、家庭教師をしながら苦労した[5]鹿児島県立第二鹿児島中学校(旧制)を経て1911年(明治44年)7月に第七高等学校造士館を卒業[2][6]。勉学だけは人一倍できたので、大学進学までを全て特待生[5]。進学した東京帝国大学法学部を卒業[2][6][5]。福蔵は、独立心が非常に強くて、東大在学中に休学をしてジャワインドネシアボルネオの方で、ゴム園を経営していた伯父を助けたこともあった[5]

東大卒業後、東京で弁護士を開業[2]1932年第18回衆議院議員総選挙に衆議院議員に初当選し(大阪府第4区)、以降第19回第20回と3選[3]立憲民政党に所属。第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)では非推薦候補で落選。

戦後、1951年(昭和26年)5月16日参議院大阪府選挙区補欠選挙で当選(緑風会所属)、第3回参議院議員通常選挙も緑風会で再選。自由党大阪支部長となり[3]、保守合同で自由民主党に属す。改選をむかえた第5回参議院議員通常選挙では自由民主党公認で落選するが、第6回参議院議員通常選挙では同党で当選。次の改選には不出馬で議員を引退。

参院法務・建設各委員長、裁判官弾劾裁判所裁判長等を歴任した他、初代在大阪トルコ共和国名誉総領事、全日本薬業(連)会頭、(財)日本警察犬協会副会長、(社)日タイ協会・日本国連協力会各理事などを務めた[3]

1978年10月16日死去。

家族編集

中山家編集

熊本県[3]鹿児島志布志[5]大阪市東成区猪飼野町[4]
 
1953年4月19日に行われた第26回衆議院議員総選挙で当選したときの中山マサ 右、世界通信より
  • 父・勝平[4]
  • 妻・マサ[4](政治家・元厚生大臣)
    明治24年(1891年)1月生 - 昭和51年(1976年)10月没
    長崎県長崎市イギリス人の父パワーと日本人の母、飯田ナカの一人娘として生まれた[7]。早稲田大学創始者・大隈重信の秘書官 川尻正修の世話になった見合いマサと結婚、大阪市で新婚生活に入った[5]
  • 男・太郎[4](医師、政治家・元外相)
    大正13年(1924年)8月生 -
  • 男・正暉[4](政治家・元建設大臣)
    昭和7年(1932年)6月生 -
  • 孫・泰秀(政治家・元外務大臣政務官)
    泰秀によれば「くにこおばさん(私からみるとおばにあたる)という末の娘が、父の兄弟にはいたんですが、戦前3歳の時に亡くなっています。実際、兄弟4人ということです。四男坊[8]が父・中山正暉で、竹下内閣で郵政大臣として初入閣させて頂き、その後、総務庁長官、建設大臣、国土庁長官を歴任させて頂きました。」という[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、5頁。
  2. ^ a b c d e 南日本新聞社『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)220頁
  3. ^ a b c d e 『政治家人名事典』387頁
  4. ^ a b c d e f 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下ナ一七三
  5. ^ a b c d e f g h 中山家の歩み[リンク切れ]
  6. ^ a b 『第七高等学校造士館一覧 明治44年9月至45年8月』175頁
  7. ^ 長崎女性偉人伝 > 中山マサ
  8. ^ 『人事興信録. 第11版』下(昭和12年)や『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』によれば中山正暉は「四男ではなく五男」である。

参考文献編集

  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)387頁
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)452頁