メインメニューを開く

中村 行成(なかむら ゆきまさ、1972年8月28日 - )は、日本柔道選手。元世界チャンピオン。身長172cm。得意技は内股掬投小外刈。兄佳央、弟兼三とともに中村三兄弟と呼ばれた。

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
オリンピック
1996 アトランタ 65kg級
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 65kg級
1995 千葉 65kg級
アジア大会
1994 広島 65kg級
1998 バンコク 66kg級
アジア柔道選手権
2000 東京 66kg級

来歴編集

福岡県福岡市出身。小学校1年の時に柔道を始める[1]東海大学卒業後、旭化成に入社。1993年世界選手権で優勝。1996年アトランタオリンピック柔道男子65kg級で銀メダルを獲得した。引退後は2002年より旭化成柔道部コーチとして指導にあたる。また2003年からは全日本コーチ、2005年からは全日本シニア専任コーチも務める。

アトランタ五輪での不運編集

アトランタ五輪では予選プールでロシアのマツィエフと対戦した。試合は一方的に中村がポイントを稼いだまま試合終了間際、両者もつれて「待て」がかかった。「待て」がかかった状態であったにもかかわらず、マツィエフは中村を畳に叩き落として(プロレスで言うところの「パワーボム」)中村を負傷させた。中村は試合場でうずくまったまま動けない状態となり、会場中から大ブーイングが起こった。マツィエフは試合途中であったにもかかわらず礼もしないで自ら畳を下りた。負傷した中村は決勝では本来の動きが出せず、銀メダルに終わった[2]

戦歴編集

脚注編集

  1. ^ 「CLOSE-UP 中村3兄弟」近代柔道 ベースボールマガジン社、1993年5月号、28-31頁
  2. ^ 「大特集 第26回オリンピック・アトランタ大会柔道競技」近代柔道 ベースボールマガジン社、1996年9月号、68頁

外部リンク編集