メインメニューを開く

丸毛 兼利(まるも かねとし)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将

 
丸毛兼利
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 正保4年1月28日1647年3月4日
改名 兼利→道和(法名)
別名 三郎兵衛、親吉、安職、兼頼、長隆、姓:丸茂
主君 斎藤道三織田信長豊臣秀吉前田利常
加賀藩
氏族 丸毛氏
父母 父:丸毛長照
兄弟 兼利利勝
稲葉一鉄娘(寛政重修諸家譜)

略歴編集

当初は父と共に斎藤道三に仕え、後に織田信長に転仕。永禄12年(1569年)の大河内城攻め、元亀元年(1570年)の小谷城攻め、天正元年(1573年)の槇島城攻め、天正2年(1574年)の長島攻めなどの諸戦に信長の馬廻として参加した。本能寺の変で信長が死去した後は、豊臣秀吉の家臣となった。小牧・長久手の戦い九州平定小田原征伐と歴戦し、天正17年(1589年)に美濃国福束城主となり、2万石を拝領した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いにおいて西軍に属し、8月16日の前哨戦で、東軍の市橋長勝徳永寿昌と戦い、敗れて居城の福束城を放棄して大垣城に逃亡する。戦後、前田利常に仕え2,000石を領した。弟・利勝(五郎兵衛)の系統は800石の旗本として存続している。

正保4年(1647年)に死去。享年は不明だが、永禄12年(1569年)時点で既に信長に仕えて戦場に赴いている記録(信長公記)があるため、非常に長命であった事は事実である。