メインメニューを開く

久米 勇紀(くめ ゆうき、1985年9月10日 - )は、日本の野球選手投手)。栃木県足利市出身。

久米 勇紀
Giants kume 39.jpg
巨人時代(2012年、ジャイアンツ球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県足利市
生年月日 (1985-09-10) 1985年9月10日(33歳)
身長
体重
179 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト3巡目
初出場 2008年3月20日
最終出場 2010年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

栃木県足利市出身。桐生第一高等学校時代は、主将・二塁手として2003年第85回全国高等学校野球選手権大会に出場し、ベスト4に貢献。高校時代は俊足と堅実な守りや球捌きのよさをセールスポイントとした内野手だった。

明治大学入学後投手に転向。1年次の春季リーグ戦で東京六大学野球リーグ戦優勝を経験した(この時久米は試合には出場していない)。

同年秋の開幕戦(対東京大学)に救援で初登板を果たし好投するが、松家卓弘に完封負けを喫した苦い試合だった。4年次(2007年)には古川祐樹巨人)、水田裕(東邦ガス)、白石守(三菱重工名古屋)と合わせて「明大カルテット」または「M4」と呼ばれた強力投手陣を形成した。また北京オリンピックプレ大会の代表に選出されている。

同年11月19日、大学・社会人ドラフトにおいて福岡ソフトバンクホークスの3巡目指名を受け、11月29日、ソフトバンクと仮契約を結んだ。

ソフトバンク時代編集

 
ソフトバンク時代(2010年4月29日)

ルーキーイヤーの2008年開幕を1軍で迎えると、3月20日の開幕戦(対楽天戦、ヤフーD)で8回途中から救援登板。チームがサヨナラ勝ちしたためプロ初勝利を挙げた。新人選手が開幕戦でプロ初登板初勝利を記録するのは、2000年3月31日木塚敦志横浜)以来8年ぶり。パ・リーグでは1959年足立光宏阪急)以来49年ぶり、5人目の記録。

開幕戦の勢いのままシーズン前半を防御率0点台で終えるなど、馬原孝浩不在(右炎症で長期離脱)で手薄な救援陣の救世主となり、40試合に登板し防御率3.25、チーム最多の19ホールドポイントを記録。しかし連投の疲れからか中盤以降は打たれる場面が目立つようになり、二軍落ちも経験した。

2009年は6月の練習中に右手首を骨折したため、18試合の登板に終わった。

巨人時代編集

2012年6月13日にレビ・ロメロ福元淳史との交換トレードで、立岡宗一郎とともに読売ジャイアンツへの移籍が決定した。背番号はソフトバンク時代と同じ「39」。しかし、一軍登板はなく、2012年10月2日に読売ジャイアンツから戦力外通告を受け、退団した。

社会人野球時代編集

2013年に社会人野球の日立製作所硬式野球部に入団。背番号は「18」となったが[1][2]、同年限りで退部した[3]

社会人野球退部後編集

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[4]

人物編集

  • 座右の銘は「野球は戦争」としていた[5]
  • 趣味は音楽鑑賞(ザ50回転ズ)。他にはサッカースノーボード
  • 愛称は「久米ちゃん」「くめっち」。
  • とにかくビールが大好きでビール党だったが、プロに入り焼酎を好むようになった。
  • 好きな女性のタイプは長谷川京子とのこと。
  • 私服は古着を愛好している。
  • 還暦を迎えた後に古書店のオヤジになることが将来の夢。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2008 ソフトバンク 40 0 0 0 0 4 1 3 15 .800 172 36.0 48 2 12 2 4 20 3 1 15 13 3.25 1.67
2009 18 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 78 19.0 14 2 9 0 0 13 0 0 7 5 2.37 1.21
2010 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 3.0 4 0 7 0 0 1 0 0 6 6 18.00 3.67
通算:3年 62 0 0 0 0 5 1 3 15 .833 270 58.0 66 4 28 2 4 34 3 1 28 24 3.72 1.62

記録編集

背番号編集

  • 39 (2008年 - 2012年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人を自由契約の右腕 社会人の日立製作所入りへ”. スポニチアネックス (2012年12月28日). 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ 2013年新人選手紹介”. 日立製作所硬式野球部. 2013年5月5日閲覧。
  3. ^ 2013年退部者”. 日立製作所硬式野球部. 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。
  5. ^ 月刊ホークス 2008年2月号10P

関連項目編集

外部リンク編集