メインメニューを開く

久野 忠治(くの ちゅうじ、1910年2月27日1998年10月25日)は、日本政治家郵政大臣正三位勲一等旭日大綬章。衆議院議員を14期務めた[1]。元衆議院議員久野統一郎は長男。愛称はクノチュー

久野 忠治
くの ちゅうじ
生年月日 1910年2月27日
出生地 愛知県知多郡知多町(現・知多市
没年月日 (1998-10-25) 1998年10月25日(88歳没)
出身校 東海中学校(現・東海高等学校
所属政党民主党→)
自由党→)
自由民主党
親族 子・久野統一郎(衆議院議員)

日本の旗 第32代 郵政大臣
内閣 第2次田中角栄内閣
在任期間 1972年12月22日 - 1973年11月25日

選挙区 旧愛知2区
当選回数 14回
在任期間 1949年1月23日 - 1983年11月28日
1986年7月6日 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

愛知県知多郡知多町(現・知多市)に、石材商・久野金之助の二男として生まれる。1929年に東海中学校(現・東海高等学校)を卒業後、家業に従事する。後に父親が設立した土建業「久野組」を引き継ぎ社長に就任。

1947年の第23回衆議院議員総選挙旧愛知2区から民主党公認で立候補するも、次点で落選。

1949年第24回衆議院議員総選挙に再び民主党公認で立候補し初当選を果たす(当選同期に池田勇人前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。

以後当選14回。翌1950年、民主党が第3次吉田内閣への対応を巡って連立派と野党派に分裂すると民主自由党に入党し、吉田茂佐藤栄作に師事する。保守合同後は衆院内閣、文教、議会運営各委員長、自由民主党総務会筆頭副会長等を歴任。1972年の佐藤派分裂では田中角栄派に加わる。以後、田中の盟友となり、田中派の有力幹部となった。

アジア諸地域、特に北朝鮮との関係改善に尽力し、1972年には初めて訪朝議員団長として北朝鮮入りし[2]平壌で日朝共同声明に調印した。同年第2次田中角栄内閣にて郵政大臣に就任。翌1973年、日中海底ケーブル建設の取極調印を行った。1983年の総選挙では落選を喫すが、1986年の総選挙で国政返り咲く。田中派分裂では二階堂進グループに加わる。1989年6月2日の1日に限り衆議院仮議長を務めたこともある。1990年に政界を引退。1991年の春の叙勲で勲一等旭日大綬章を受章。

1998年10月25日、脳梗塞により死去。88歳没。叙・正三位。

人物評編集

佐藤栄作は日記の中で「この人も落ちつかなくてはならない。スパイまがいな処がある。気をつけないと馬鹿を見ると思ふ」と辛辣な評価を下している[3]

脚注編集

  1. ^ 久野忠治 | 衆議院議員 | 国会議員白書
  2. ^ 久野忠治 (くの ちゅうじ)”. コトバンク. 2018年12月12日閲覧。
  3. ^ 佐藤栄作 (1997). 佐藤栄作日記〈第4巻〉. 朝日新聞社. p. 414.