メインメニューを開く
二足歩行するダチョウ
二足歩行するロボット(アシモ

二足歩行(にそくほこう、Bipedal Locomotion)とは、一部の動物にみられる2本のでその体を支え、重心を前に移動させて前進する歩行様式。

ヒトのほか、かつての恐竜さらに現生動物としては鳥類に二足歩行はみられる[1]。特にヒトの歩き方は、体軸が垂直に立っている、下肢が直線状に伸びている、など他の動物と異なっているので、直立二足歩行と呼んで区別することがある。

ロコモーション編集

四足でのロコモーションは、四肢の動きによりギャロップ、トロット、ペース、ウォーク、ハーフバウンド、プロンクなどに分類されるが、二足の場合はより単純化され、ホッピング、ランニング、ウォーキング、スキップに分けられる[1]。ホッピングは左右の脚を(ほぼ)同時に前に出す様式である[1]。ウォーキングとランニングは左右の脚を交互に前に出す様式である[1]

鳥類の場合は分類群によって好んで選択されるロコモーションが異なる[1]。例えばスズメ目キツツキ目ではホッピングが基本となっている[1]。ヒトの二足ロコモーションはウォーキングとランニングが主でホッピングは基本的に行なわない[1]。左右の脚を交互に前に出す様式のうち、両足が地面から離れる時間があるのがランニングでヒトの場合は比較的区別しやすい[1]。一方、鳥類はヒトとは基本的姿勢が大きく異なるため一歩の長さと速度、足の動かし方などからランニングを行なっているとみられる場合でも両足が地面から離れる時間がない場合がある[1]

なお、スキップは極めて特殊な様式でありヒトにしかみられない[1]

各動物の二足歩行編集

恐竜・鳥類編集

二足歩行は、三畳紀の原初的な恐竜類に始まる。大型化した恐竜類の中には四足歩行に戻った者もいるが、中生代を通じて獣脚亜目に属する肉食性の恐竜はいずれも二足歩行となり、鳥脚亜目のイグアノドンハドロサウルス類も二足歩行である。ジュラ紀には既に鳥類も出現しており、恐竜絶滅後の新生代にはディアトリマフォルスラコスなどの走行性の大型肉食鳥類が出現し、二本足で地上を疾駆しながら獲物を捕らえる生活様式に適応した。新生代末にはディノルニスエピオルニスのような植物食の大型種、その他クイナの仲間などの小型の走行鳥がいる。地上走行性の鳥類の二足歩行の理由については、進化の不可逆性で説明できる。すなわち、一度変化や退化で失われた器官は再び現われないという事で、クジラ類が水中生活に戻ったにもかかわらずは再生せず、呼吸をしなければならない例がよく知られるが、鳥類の場合も、いったん翼に変わった前肢が、地上性に戻っても歩行に適した形に戻る事がなく、二足歩行に適応せざるを得なかったと考えられる。

哺乳類編集

新生代に入って大発展を遂げた哺乳類では、人類の他にはカンガルーの仲間が移動に際して二本足で跳躍するなどのわずかの例外を除いて二足歩行はなく、これまで発見された化石でも確認されていない。

ヒトの直立二足歩行編集

鳥類を見ると体幹と大腿部はほぼ水平で膝を屈曲させた姿勢で膝関節より遠位の節を大きく動かして歩行している[1]。これに対してヒトの歩行では足の上に重心が常に乗っているわけではなく、股関節より遠位の節を大きく動かし、動的に安定して歩行している[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 藤田祐樹. “鳥とヒトの二足歩行”. 化石研究会会誌38号. 2019年11月20日閲覧。

関連項目編集