この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 恐竜形類[1]
  • 恐竜型類[2]

恐竜形類[1](きょうりゅうけいるい、Dinosauriformes)は、恐竜と彼らに最も近縁な動物を含む、主竜類爬虫類系統群。全ての恐竜形類は、部分的あるいは完全に貫通した寛骨臼や短縮した前肢など、複数の特徴で区別される。既知の範囲内で最古の恐竜形類は約2億4500万年前の中期三畳紀アニシアン期に生息した、シレサウルス科アジリサウルスである[3]

恐竜形類
Lagosuchus talampayensisの復元骨格
マラスクスの復元骨格
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
階級なし : 真正爬虫類 Eureptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
階級なし : 主竜類 Archosaurs
鳥頸類 Ornithodira
恐竜様類 Dinosauromorpha
恐竜形類 Dinosauriformes
学名
Dinosauriformes
Novas, 1992
下位分類群

定義編集

1992年にF・E・ノヴァスが用語を作成した恐竜形類は、鳥盤類竜盤類のような真の恐竜と考えられていなかったラゴスクスシュードラゴスクス英語版およびヘレラサウルス科英語版を内包した[4]。Novasとは対照的に1992年以降のほとんどの古生物学者はヘレラサウルス科を真の恐竜と見なしているが、他の多くの恐竜に似た基盤的爬虫類は、依然として彼の恐竜形類の定義に含まれている。恐竜形類よりも僅かに広い範囲にあたる系統群として恐竜様類があり、これは翼竜よりも恐竜に近い全ての爬虫類を内包する[5]

Novas (1992) は、ラゴスクスと恐竜類(鳥類を含む)の最も近い共通祖先とその全ての子孫を含むノードによる系統群として恐竜形類を定義し[4]、Nesbitt (2011) はマラスクスイエスズメを使用して同等の定義をした。彼の分析では、恐竜形類は恐竜とシレサウルス科およびマラスクスを内包するが、より基盤的な恐竜様類と考えられているラゲルペトン科は含まれない[5]

系統発生編集

Nesbitt et al. (2010) を簡略化したクラドグラム。用語は Cau (2018) のものを使用している[6]

恐竜形類 Dinosauriformes

ラゴスクス / マラスクス 

竜団類 Dracohors

シレサウルス科 

恐竜類 Dinosauria

鳥盤類 

竜盤類

竜脚形類 

獣脚類 

ソース編集

  1. ^ a b マーク・A・ノレル 著、田中康平、久保美代子 訳 『アメリカ自然史博物館 恐竜大図鑑』化学同人、2020年12月10日、23頁。ISBN 978-4-7598-2051-5 
  2. ^ 松田眞由美 『語源が分かる 恐竜学名辞典』小林快次藤原慎一(監修)、北隆館、2017年1月20日、454頁。ISBN 978-4-8326-0734-7 
  3. ^ Nesbitt, S.J.; Sidor, C.A.; Irmis, R.B.; Angielczyk, K.D.; Smith, R.M.H.; Tsuji, L.M.A. (2010). “Ecologically distinct dinosaurian sister group shows early diversification of Ornithodira”. Nature 464 (7285): 95–98. doi:10.1038/nature08718. PMID 20203608. 
  4. ^ a b Novas, Fernando E. (January 1992). “Phylogenetic relationships of basal dinosaurs, the Herrerasauridae”. Palaeontology 35 (1): 51–62. https://www.palass.org/publications/palaeontology-journal/archive/35/1/article_pp51-62. 
  5. ^ a b Nesbitt, S.J. (2011). “The early evolution of archosaurs: relationships and the origin of major clades”. Bulletin of the American Museum of Natural History 352: 1–292. doi:10.1206/352.1. https://hdl.handle.net/2246/6112. 
  6. ^ Andrea Cau (2018). “The assembly of the avian body plan: a 160-million-year long process”. Bollettino della Società Paleontologica Italiana 57 (1): 1–25. doi:10.4435/BSPI.2018.01. http://paleoitalia.org/media/u/archives/01_Cau_2018_BSPI_571.pdf.