福田公子

福田 公子(ふくだ きみこ、1932年11月22日 - )は、日本女優。本名は新井公子(旧姓:福田)。兵庫県神戸市出身。旧芸名:尾上さくら(2代)、富士環。特技は日本舞踊バレエ。血液型 は AB型。

目次

来歴・人物編集

神戸市立第二高等女学校(現・神戸市立須磨高等学校)卒業。

1949年宝塚歌劇団に入団。宝塚歌劇団36期生。同期生に有馬稲子南風洋子上月左知子らがいる。宝塚入団時の成績は63人中4位[1]星組[1]に配属される。尾上さくら(2代)の芸名で娘役[1]として活動。宝塚歌劇団在団中から外部作品・映画にも出演した。1957年に宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は星組公演『私のアンジェラ/刀を抜いて』[1]

同年松竹に入社する。富士環の芸名で活動したが、その後、本名であった福田公子に改める。1969年劇団欅(のちに劇団昴)に入団、テレビドラマでも活躍する。

主な出演編集

映画編集

  • 嵐の中の抱擁 おもかげは遙かなり(1957年、松竹
  • 淑女夜河を渡る(1957年、松竹)
  • 伝七捕物帳 銀蛇呪文(1957年、松竹)
  • 赤城の子守唄(1957年、松竹)
  • 伝七捕物帳 髑髏狂女(1958年、松竹)
  • 七人の女掏摸(1958年、松竹)
  • 江戸群盗伝(1958年、松竹)
  • 清水の佐太郎(1958年、松竹)
  • 夜の波紋(1958年、松竹)
  • 浮世風呂(1958年、松竹)
  • 七人若衆誕生(1958年、松竹)
  • 落花剣光録(1958年、松竹)
  • 橋(1959年、松竹)
  • 弥次喜多民謡道中記 奥州街道の巻(1959年、松竹)
  • 恋愛裁判(1959年、松竹)
  • 流転(1960年、松竹)
  • 黒部谷の大剣客(1960年、東映
  • 遠い一つの道(1960年、東宝
  • 筑豊のこどもたち(1960年、東宝)
  • あばれ駕籠(1960年、東映)
  • 嫉妬(1962年、大映
  • 破れ傘長庵(1963年、大映)
  • イチかバチか(1963年、東宝)
  • ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば(1964年、東宝)
  • 砂の上の植物群(1964年、日活
  • 終りなき生命を(1967年、日活)
  • 西のペテン師 東のサギ師(1971年、東宝)
  • 父ちゃんのポーが聞える(1971年、東宝)
  • 人間革命(1973年、東宝)
  • 扉はひらかれた(1975年、新星映画社)

テレビドラマ編集

舞台編集

  • 裸足で公園を
  • 三月ウサギ
  • アメリカの日々
  • 医師クノック
  • 昔噺舌切雀
  • 花へんろ
  • からさわぎ
  • ニューヨーク幻想曲
  • ラヴ・パレード
  • 花粉熱
  • ザ・パッション

吹き替え編集

ゲーム編集

その他のテレビ番組編集

主な受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)P.45-46。ISBN 9784484146010

外部リンク編集