メインメニューを開く

京谷和幸

日本のサッカー選手

京谷 和幸(きょうや かずゆき、1971年8月13日 - )は、北海道室蘭市出身の元プロサッカー選手ミッドフィールダー)、元車いすバスケットボール選手。

京谷 和幸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キョウヤ カズユキ
ラテン文字 KYOYA Kazuyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-08-13) 1971年8月13日(48歳)
出身地 北海道室蘭市
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

小学校2年の時にサッカーを始め[1]室蘭大谷高校サッカー部時代には3年連続で全国高校サッカー選手権大会に出場[1]。2年時からユース代表、3年時からバルセロナ五輪代表候補に選ばれる。

高校卒業後の1990年4月に古河電工に入社し、1991年5月に東日本JR古河サッカークラブ(現ジェフユナイテッド市原・千葉)とプロ契約。

Jリーグ開幕から半年後の1993年10月1日ヤマザキナビスコ杯第5節ガンバ大阪戦で公式戦初出場を果たしたが、11月28日午前4時40分、車を運転中に脇から急に出てきた車を避けようとして電柱と正面衝突し脊髄を損傷。下半身不随となって車いす生活を送ることとなり引退を余儀なくされた。同期入社の女性との結婚式を2ヶ月後に控えており、事故に遭った日は衣装合わせをする予定だった。結婚式は延期されたが、1994年10月23日に結婚式を挙げた。

1994年身体障害者手帳の交付を受けるため訪れた浦安市役所の福祉課で受付をしていた車いすバスケットボールの元日本代表ヘッドコーチ小滝修と出会い、後日誘われたのがきっかけで車いすバスケットボールを始めた。車椅子バスケットボールチーム千葉ホークスの中心選手として活躍し、2000年のシドニー2004年のアテネ2008年の北京2012年のロンドンと、4大会連続でパラリンピックに日本代表として出場[1]。北京パラリンピックでは日本選手団の主将を務めた[1]

ロンドンパラリンピックを最後に現役を引退[2]。現在は事故で奪われたサッカーを取り戻すため、指導者としてピッチへ戻るという夢を追いかけ勉強中。その傍ら、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、車いすバスケットボールの若手育成にも力を注いでいる。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 古河 26 JSL1部 1 0 1 0
1991-92 JR古河 22 10 0 0 0
1992 市原 - J - 0 0
1993 - 0 0 1 0
通算 日本 J 0 0 1 0
日本 JSL1部 11 0 1 0
総通算

現在の活動編集

  • 講演会講師
  • 城西国際大学サッカー部 外部コーチ(2013年4月~)
  • ㈱インテリジェンス障害者リクルーティングアドバイザー
  • 千葉県教育委員会教育委員(2011年7月~)
  • 一般社団法人運動の和 理事
  • 室蘭市ふるさと大使

関連情報編集

執筆書籍編集

関連書籍編集

映画・ドラマ(原案協力)編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 車椅子バスケの伝道師 (1/4) CHALLENGERS.TV (2010年5月7日)
  2. ^ バスケットマンからサッカー指導者へ (1/4) CHALLENGERS.TV (2013年5月9日)

外部リンク編集