メインメニューを開く

京阪膳所駅

日本の滋賀県大津市にある京阪電気鉄道の駅

京阪膳所駅(けいはんぜぜえき)は、滋賀県大津市馬場二丁目にある、京阪電気鉄道石山坂本線駅番号OT09

京阪膳所駅
駅舎正面(駅入口看板更新前)
駅舎正面(駅入口看板更新前)
けいはんぜぜ
Keihan-zeze
OT08 (0.5km)
(0.8km) 石場 OT10
所在地 滋賀県大津市馬場二丁目11-6
駅番号 OT  09
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 石山坂本線
キロ程 4.7km(石山寺起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,575人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
7,430人/日
-2017年-
開業年月日 1913年大正2年)3月1日
乗換 JR東海道本線琵琶湖線) - 膳所駅
備考 * 改称経歴
- 1937年 馬場駅→膳所駅前駅
- 1953年 膳所駅前駅→京阪膳所駅
テンプレートを表示

目次

接続する鉄道路線編集

歴史編集

開業時は車庫と電車用変電所が併設されていた。車庫は錦織車庫完成時に移設、現在のホームより東に約200mの位置にあったとされる[1]。変電所も1991年までは存在したが2000年には廃止された事が確認された事から、大津線の1500V昇圧時に廃止されたと推定される[2]

  • 1913年大正2年)3月1日 - 大津電車軌道大津(現・浜大津) - 膳所(現・膳所本町)間開通と同時に、馬場駅として開業(開業当時は馬場駅構内馬場駅前という二つの停留場があった)。
  • 当時のパンフレットによると国鉄の馬場駅(現・膳所)が大津駅(2代目)を称していた頃、「大津駅前」駅と称していた時期がある(その後、国鉄の駅が「馬場駅」に戻ったのに伴い、大津電軌も「馬場駅」に戻った)。1916年(大正5年)に大津電車軌道が発行した「大津電車遊覧案内」にも「大津駅前(大津駅)」の名前を見る事ができる。
     
    「大津電車遊覧案内」(うら)
  • 1927年昭和2年)1月21日 - 会社合併により琵琶湖鉄道汽船の駅となる。
  • 1929年(昭和4年)4月11日 - 会社合併により京阪電気鉄道石山坂本線の駅となる。
  • 1937年(昭和12年)8月20日 - 膳所駅前駅に改称。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)の駅となる。
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 会社分離により、改めて京阪電気鉄道の駅となる。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 京阪膳所駅に改称。
  • 2008年平成20年)3月 - 下りホームに車イス用スロープを設置。
  • 2017年(平成29年)7月 - 駅入口看板などのサインシステムを京阪線と同一のものに更新。
  • 2018年(平成30年)3月末 - ホームの位置を移設、自動改札機3機新設、足下灯の設置などの駅の改良工事が竣工[3]

駅構造編集

相対式2面2線ホームをもつ地上駅。駅舎は坂本方面行ホームの石山寺寄りにあり、反対側の石山寺方面行ホームへは構内踏切で連絡している。ホームはカーブ上にあるので乗降時には足元への注意が必要だったが、2018年3月にホームの位置を移動してカーブを緩やかに改良され、スロープの勾配も緩やかになり、PiTaPaICOCA)対応の自動改札機が設置された[4]

早朝と深夜は無人となる[5]

のりば編集

ホーム 路線 方向 行先 備考
駅舎側 石山坂本線 下り びわ湖浜大津京阪大津京坂本比叡山口方面
京津線  地下鉄東西線 三条京阪)方面
京津線はびわ湖浜大津駅で乗換
反対側 石山坂本線 上り 京阪石山石山寺方面  

ホーム有効長は2両。のりば番号は設定されていない。

駅周辺編集

隣の駅編集

京阪電気鉄道
石山坂本線
錦駅 (OT08) - 京阪膳所駅 (OT09) - 石場駅 (OT10)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 参考文献・1998年の大津市制百周年企画展「大津の鉄道百科展」のパンフレットより
  2. ^ 参考文献・鉄道ピクトリアル1991年12月増刊京阪電鉄特集号、鉄道ピクトリアル2000年12月増刊京阪電鉄特集号
  3. ^ 出典・駅置き沿線情報誌『K PRESS』2018年5月号16頁掲載「くらしのなかの京阪」より
  4. ^ 京阪膳所駅構内図2018年4月28日閲覧
  5. ^ keihan-o2.com 駅係員配置時間

関連項目編集

外部リンク編集